(6/24)カルト宗教団体による組織的なしつこいカルト系パトカーの動員とサイレン

 これは、集団ストーカーをしているカルト団体によるストーカー目的の緊急車両の出動とサイレンを使ったストーカー犯罪を記録するために、近くの東西南北の幹線道路の立体交差点か上の首都高をサイレンを鳴らして、通過した緊急車両等のデータである。

※ 気づいた場合だけのデータなので、気づかなかった場合のデータは含まれていない。
※ サイレンを鳴らさないで通過した緊急車両のデータは含まない。
※ 交差点付近を通過した全ての緊急車両のデータを表しているわけではない。
※ 交差点付近を通過した緊急車両等の内のデータの一部である。

(AM)
0426 SP ← 立ったら

1007 SP ← 明らかに、NETをONにした瞬間に、サイレンが鳴った、近くにすでにいたものと思われる。

周辺の部屋の監視役カルト信者 → 通報 → 近くに待機していたカルト系パトカー → 即サイレンを鳴らす。

だいたいこんなルーチンになっているものと思われる。

1011 SP
1158 SA ← 横になったら
1159 SA

(PM)
0239 SP
0358 SP ← 立ったら(盗撮の結果と思われる)通常、盗撮していなれければ、他人の部屋の中の様子がわかるはずがない。

0449 SP ← NETをONすると、すぐにサイレンが鳴り、カルト系パトカーが来た

 周辺の部屋の監視役信者工作員がネットONを検知し、交差点を通過するような場所の信者に通報し、その信者が、自作自演の事件・事故などのトラブルか不審者がいる等のデマ通報をして、パトカーを故意に出動させる。この場合は、パトカーは、カルト系パトカーであっても、なくてもよい。住宅街を見ても、数軒に一軒は、このカルト団体の信者宅なので、毎回、通報する人を変えることができ、故意にやっていても、偶然と思わせることができる。
だいたい、そのようなルーチンになっているものと思われる。

0533 ネットをONにすると、大型ダンプ?が、前で、大きなクラクションを鳴らして行った。

これなども、検知 → 通報 → 工作のルーチンだと思われる。

0629 SPM ← 照明ON、また、前でわざと、マイクアナウンスした。これは、カルト系パトカーだ。
0744 SA
0747 SA
0757 SP ← 立ったら、すぐ、まただ!、本当にしつこい!、今回は、近くで待機していたものと思われる。
盗撮 → 検知 → 通報 → サイレン(事前に近くに待機)、のルーチンだと思われる。

0808 SP ← ブログに書いて更新すると、まただ。カルト系パトカーだ。本当にしつこい!
0832 SP ← NET ON、とにかく、しつこい!カルトパトカー!
0850 SP ← ブログ更新後、また来た。カルトパトカー、いつまで、やるつもりか?しつこいにも程がある!
0946 SP ← 立ったら、今日は、多いな、いつもより
1114 SP ← NET ON

ストーカー行為を止めろ!

(6/25)
0236 SP




※ TVに映ったカルトナンバー

 「1818」 (TV東京)

※ 緊急車両動員のトリガー

    NET ON,OFF,wifi ON,OFF,立った時、窓際に行った時、玄関方向へ向かった時、照明のON,OFF、寝た時、起きた時、横になった時の姿勢変化、タブレット・PC・スマホの電源ON,OFF、ブログの更新


※ 先頭の数字(1238=12:38)=時刻、S=サイレン、A=消防署の救急車か民間の救急車、P=警察のパトカー・白バイ・首都高管理車(黄色パト・黄バイ)・消防車、M=マイクアナウンス、G=暴走族、C=爆音車、B=爆音バイク、数字=台数・回数、?=予測(台数等)、N=異音、U=上階(異音)、T=隣(異音)
※ 警察のパトカー・白バイと首都高管理車(黄色パト・黄バイ)と消防車の判別はつかないので、全て、SPとする。
※ 消防署の救急車か民間の救急車か判別はつかないので、全て、SAとする。
※ 消防署員と警察官の約1割以上は、カルト宗教団体の信者である。
※ 日本の警察と消防や官庁やマスコミは、カルト宗教団体に乗っ取られようとしている。
※ 不適切な出動のほとんどは、このカルト団体による組織的な工作によるものと言われている。
※ 不適切な出動要請を、早く、有料化すべきである。
※ このカルト団体は、フランスなど、海外では、オウムなどと同じく、危険で、反社会的な活動をする「カルト」(セクト)として、監視対象に指定されている。野放しなのは、日本くらいであり、極めて、稀である。日本は、このカルト団体を宗教法人として認可し、学校法人としてまで、許可し、政党まで、許可している。このカルト団体に対する日本の対応は、誤りであり、違法で、異常であり、絶対にあってはならないことである。カルト宗教団体が政治に関与するのは、政教分離違反であり、憲法違反である。
※ かつて、誤ってオウムを宗教法人として認可してしまったために、その後の大量殺人テロを抑止できなかったという苦いミスがあるにもかかわらず、また、同じ、間違いを繰り返そうとしているのだ。日本は、今、また、非常に危機的な状況にあるのだ。
※ 日本人とは、懲りない人たちのことですか?
※ 日本人とは、学習効果がない人たちのことですか?
※ 日本人とは、悪事を止められない人たちのことですか?
※ 日本人と日本社会には、自浄能力がないですか?
※ ストーカー規制法には、決定的な欠陥があり、カルト系政党が支持母体であるカルト宗教団体がしている犯罪が取り締まられないように、恣意的に男女間に限定する事項を入れてしまったのだ。そのために、集団ストーカーが取り締まれなくなってしまっているのだ。そこで、男女間限定を削除すれば、すべてのストーカー行為が取り締まり対象になるので、日本国民は、是非とも、その事情を理解し、法改正への支持・協力をいただきたいものである。
※ 日本には、見かけ上とは違い、実質的な報道の自由がなく、警察や消防の一部のカルト信者がストーカー犯罪を行っていることが、一切報道されない。それは、報道業界にもカルト信者がいて、目に見えない隠ぺいをしているからだ。
※ その証拠に、カルト団体のCMやカルト団体系新聞のCMが、TV等で許可されてしまっていることでもわかる。普通なら、オウムなどと同じテロ組織であるこのカルト系犯罪者集団のCMを許可すべきではないことが、明白であるにもかかわらず、実際には、それらのCMがTVで流されていることが、海外から見れば異常なことである。報道業界にも実質的な正義が存在しないことがはっきりと読み取れる。
※ また、その証拠に、ニュースや番組やCMを見ていると、偶然では、有得ない高確率で、映し出された車のナンバーがゾロ目などの特徴的な、いわゆるカルトナンバーであることが異常に多いことである。被害者(ターゲット)への「脅迫」・「仄めかし」を裏目的として、故意、または、恣意的に組織的に行っている可能性が高い。
※ 従って、それらのことから、マスコミ業界は、秘密裡に、事実上、カルト団体のコントロール下にあると言っても、過言ではない状態である。
※ 一部の国民は、このカルト団体がオウムなどと同じ、非常に悪質な犯罪団体であることに、気づいていて、右側のリンク先を見てもらえばわかる通り、日本全国で、この団体に対する取り締まりとストーカー規制法の改正を求めて、デモや街宣を行っているのが、現状である。


おまけ

[他の被害者の方の活動・ブログ・映像などを一つだけ紹介するコーナー]

第4回集団ストーカー 東京新宿デモ行進


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR