(10/7) 平日の日中、不自然に付き纏う無職の若い男たち


今日、平日の日中午後、一階に行くと、若い男が、ただ、エレベータの方を見て、立っていた。

見た感じでは、20歳代から30歳代だと思われる。

カルト信者特有の全身、黒ずくめの服装だ。

そして、俺が、エレベータを降りて、顔をしっかり見ようとすると、不自然に、まわり込んでみたりしてくるのだった。

変な男だった。

おそらく、こいつは、カルト信者の見張りだと思われる。

連絡を受けて、1階で、待ち伏せ&見張りをしていたものと思われる。

俺が、エレベータを降りても、乗るわけでもなく、俺が、ロビーを出ると、外に出て行ったようだった。

では、何の目的で、エレベータの前にいたのか、おそらく、見張っていたものと思われる。


だいたい、こんな若い男が、平日の日中午後、いること自体が不自然である。

仕事をしていないか、働いていない男で、いわゆる無職の男だと思われる。

当然、見張り役のカルト宗教団体の信者なら、工作員として行動しているので、無職なのは当然かもしれない。

無職なら、いつでも、俺を待ち伏せしたり、俺に遭遇する工作をすることは、可能である。

ただし、この男だけではない。

帰りにも、若い男が、降りてきたのだった。

この男もカルト特有の全身、黒ずくめの服装で、30歳代に見えた。

この男は、俺を見ると、玄関から、外に出て行った。

たぶん、今度は、外で、見張りをするつもりらしい。

1階に下りた俺が、外に行かないで、部屋に戻るかを見張っているものと思われる。

このマンションは、無職の若い男たちが、ずいぶんと多いものだ。

いったい、誰が家賃を払っているのだろう?

当然、カルト団体が、払っているのだろう!

このカルト団体の年間予算は、6兆円と言われているので、ここの家賃なんて、とるに足らない金額だろう!

まあ、普通に考えれば、不自然である。

こういう、本来、少数派であるはずの、無職の男たちと、行きも帰りも遭遇するとは、かなり、確率的に低いことが、起きていることになる。ほとんどの人は勤め人のはずであるから。

自然に、考えれば、彼らが、カルト団の信者工作員なら、納得できる。

彼らなら、俺の部屋の両隣や向かいなどの見張り部屋のカルト信者が、別の階にいる信者に連絡して、一人は、1階で、待ち伏せし、もう一人は、俺が、1階にいて、戻ろうとする前に、下りてきて、また、遭遇するという工作をしているのは、明らかである。

でなければ、わざわざ、俺が、日中、たった1回だけ降りて行ったタイミングで、行きも帰りも無職の男と、遭遇することは、普通の確率ではあり得ないことである。

では、なぜ、俺の部屋への戻り時にも、遭遇する工作をしてくるのか?


おそらく、俺が、部屋に戻るのを確実に確認するためだと思われる。


今日も、何度か、壁や天井をつつく音がしていた。

日中でも、無職の男がいて、嫌がらせをしているのかもしれない。

もう、何年もこのマンションにいるが、過去に、こう何度も、壁や天井をつつくような音がしたことがないので、普通の生活音ではなく、わざと、やっているものと思われる。


また、今日も、不思議と、俺が、玄関へ行くと、サイレンがなって、緊急車両が前を通過するということが、2度あった。

偶然にしては、タイミングが良過ぎる気がする。

まあ、気が狂ったカルト団体の信者たちなので、俺たち、普通の人間の理解を超えたことをしてくるのは、彼らの特徴でもある。

つまり、カルトがストーカー行為の為に、救急車やパトカーや道路管理車を動員してくることは、過去のブログの通り、事実である。

このように、日本最大、世界最大のカルト宗教団体は、このマンションに、多数の、カルト系のスパイを送り込んでいるのだ。

この団体は、宗教団体ではない、オウムなどと同等のカルト団体である。

自分たちは、信教の自由を盾にしているくせに、他人の信教の自由は、許さないという狂った思想の団体である。

しかし、なぜか、日本では、宗教法人格を取得できてしまっているのだ。

また、何を血迷って、こんなカルト団体に、学校法人格まで、与えてしまっているのか?

オウムと同等のカルト団体Sに宗教法人格を与えるべきではないことは、常識である。

海外では、紛れもないカルトだ。

反社会的な不法行為をするカルト団体である。

このカルト団体は、フランス・ドイツ・オーストリア・ベルギー・チリなどでは、セクト(カルト)指定されていて、反社会的な勢力であるとして、監視対象になっているのだ。

おまけに、政党まで、許可して、しまっていて、政教分離に違反なのは、明らかである。

明らかに憲法違反である。



また、テレビを見ていても、ゴールデンタイムの番組を見ていると、このカルト団体系の新聞社のコマーシャルが流れ、

それはそれは、犯罪者組織がスポンサーをしているようで、相当に、気分が悪くなってしまう。

TV番組へのこのカルト団体のスポンサーを止めさせてほしい。

見ていると、本当に気分が悪くなる。

こういう不法行為のデパートみたいなカルト団体がTV番組のスポンサーをするのを許しているなんて、日本人の良識は、どこへ行ってしまったのだ?

金をくれれば、犯罪者でもいいのか?

信じられん!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR