(8/11) カルト系駅員、待ち伏せカルト信者、カルト系警備員、駅出口待伏せカルト男、カルト郵便配達員

まず、地下鉄S駅で電車を降り、改札を出ると、改札には、通常の改札担当駅員ともう一人、たまたま、通りかかったようなカルト臭い駅員が、改札に寄りかかっていた。

普通は、改札担当の駅員しか、いないのに、また、不自然に、斜に構えて寄りかかったようなカルト系臭い駅員がいた。

このカルト臭い駅員は、正式な改札担当ではないのに、外に立って、改札を見張るような行動をしていた。

正式な改札担当駅員は、きちんといたので、この男は、カルト系の駅員の可能性が高い。

そもそも、通常、一箇所の改札に駅員が二人いることはない。

そのカルト系臭い駅員は、ただ、通りかかっただけに、見えた。

この鉄道の社員の5%以上は、カルト団体の信者である。

よって、連絡を受けて、本来の目的を偽っていて、故意に、見せる見張りをしていた可能性が高い。


池袋で、降りた。


JRの改札の前に行くと、カルト系の高校生の団体らしき生徒たちが、多数いて、そのまま、改札へ向かうと、コリジョンキャンペーンをやられて、妨害されることが十分予想できた。

俺が、まっすぐ、改札の前に行くと、案の定、その待伏せしていたカルト系高校生の団体が、俺の前を横切った。

やっぱりね。コリジョンをやってくるだろうと思ったら、案の定、やってきた。

こういう、細かい妨害工作をしてくるのも、カルトの工作の特徴である。

俺は、その工作を予想して、すぐに、反対側にまわり、その団体に囲まれるのを回避した。

そのまま、まっすぐ、改札へ向かっていれば、間違いなく、カルト系高校生の団体に囲まれて妨害されていたはずである。

そもそも、遠くから、改札内の改札前に、不自然に集団がいたので、かなり、不自然だった。

だいたい、そこにいれば、相当邪魔になるからだ。

普通は、そんなとこに、団体がいることは有得ない。

それに、そのカルト系の生徒たちの動きを見ていたら、俺が、来るのを、待っていて、タイミングをあわせて、集団で、移動し始めたのもわかった。

カルト団体の高校生によるマスゲームだったのか?






地下鉄、有楽町線に乗るために、JRの改札を出ると、丁度、正面に、カルト系の待伏せ要員と思われる人間が立っていて見張りのようなことをしていた。

それから、有楽町線の改札に行くと、なんと、ここにも、通りかかったようなカルト系駅員が立っていて、見張りのようなことをしていた。

もちろん、正式な改札担当駅員がちゃんとが別にいるのにだ。

おそらく、鉄道会社同士内でのカルト組織内で、横の連絡により、目的を偽って、故意に、先回りして、立っていたものと思われる。

さらに、その改札を入ったところにも、不自然に、カルトの見張りのような人間が立って見張りをしていた。

東池袋で、降りて、改札にいくと、また、ここにも、カルトの見張りのような男が、改札を出ないで、俺を待っていたような不自然な行動をとってきた。

つまり、改札内の前で、待っていたのに、俺が行くと、急に歩きだして、わざと、俺の前になって先に改札を出た。

なんとも、カルト系100%の男の行動だ。

見張り役カルト系工作員だと思われる。

なにせ、巨大なカルト団体なので、人員なら、いくらでも、配置できる。

このように、被害者の向かう正面にいるのは、カルト系の特徴である。

つまり、お前の行動は、全て、監視・見張りをしていて、把握しているということを、見せ、恐怖心を抱かせるのが、目的だと思われる。
また、当然、通過したことを、連絡する連絡要員も兼ねている。

案の定、しばらく、行くと、俺の前から、はずれ、曲がっていった。

おそらく、影に行ってから、連絡したものと思われる。



そけから、地下道を歩いて、サンシャインへ向かったが、不自然に、ずっと、俺の前を歩く、女もいた。

交代したのかもしれない。

カルトたちは、尾行をしていると、よく、途中で、交代することは、わかっている。


そして、サンシャインのエリアに入ると、やはり、カルト系の警備員が、付きまとってきた。

これも、毎度のことである。



そして、用事を済ませ、エスカレータで、降りると、変なカルト臭い女が、待伏せしていた。


それから、もちろん、帰りも、カルト系の警備員が付きまとってきた。





あとは、地下鉄に乗り、改札を出ると、正面で、カルト系の女たちが3人くらい、待伏せしていて、俺がその前を、通過すると、俺を確認して、全く同じ、タイミングで、俺の後に続いて移動し始めた。

このように、改札前で待伏せしているカルト信者の集団なども多い。

俺を見たタイミングで、動きだしたので、間違いない。

こいつらは、俺が、改札を出て、どこに行くかを、見張っていて、報告する役割だと思われる。





あと、地下鉄に乗り換え、ih駅で、降り、西北出口を出る手前の階段を上がっていくと、

なんと、最初、出口の外から、もろ、見張りをしながら、携帯で、実況していたが、俺を見ると、出口の中に入り、今度は、携帯で、撮影してきた。
2015-8-11 10-34-51 出口で待伏せと見張りをするカルト男h
このカルト男は、最初は、出口の外にいて、俺を発見すると、出口の中に入ったのだ。
その出口の中へ移動するという行動が、後ろのカルト郵便への合図になっていたものと思われる。

平日の日中なので、この男も、普通に働いている男ではない可能性が高い。
まあ、お金でももらって集団ストーカーという仕事をしているのかもしれないが。

完全に、カルトの待伏せ・見張り・連絡員である。

そして、俺が、そいつを見ながら、出口を出ようとする、まさに、そのタイミングで、地下通路へ入っていった。

こういうぴったりのタイミングで、行動するのは、100%カルト工作員の特徴である。


そして、俺が、出口を出ると、そいつの合図を受けて、外で、待伏せしていたらしい、赤いバイクの郵便配達員が、わざと、俺の前を横切って、さらに、前に行って、また、出てきて、付きまとうように、付きまといをしてきた。
2015-8-11 10-34-51 出口を出るとコリジョンしてきたカルト郵便員h

さらに、俺が、マンションの裏口に行くと、また、そこにも、慌てて、そのカルト系の郵便配達員が、赤いバイクで、やってきた。

完全に、タイミングを合わせて、付きまとっている。

こいつは、100%カルト信者系工作員である。


このように、カルト系の郵便配達員による付き纏いは、他の被害者のブログでも、たくさん、報告されている。

事実上、カルト団体に、追い込まれて、殺されたに等しい女性タレントの清水ゆきこさんも、

録音された音声で、そう言っていた。

そのことは、検索してもらえば、事実であることがわかると思う。






P.S.

中国やロシアなら、わかるが、日本でさえ、TVや新聞に全ての真実が出ているわけではない。

カルト団体の信者が、TVや新聞社内部に入り込んでいるからだ。

一方、。ネットでは言いたい放題である。

しかし、だから、逆に、ネットでは、デマも本当の真実もあるのだ。

情報を取捨選択できる人間なら、本当の真実は、ネットにしかないと言っても過言ではない。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR