(6/21) 同じ階のカルト信者、14階のカルト、4階のカルト臭い犬連れ女



15:00頃、部屋を出ようと玄関に行くと、まさに監視しているように、ぴったりのタイミングで、同じ階の他の部屋のやつ

が、玄関から、出てきた。

俺が、玄関に行っただけで、実際には、玄関ドアにも触れていなのに、出てきたので、もし、こいつが、カルト信者なら、監視

部屋からの連絡により、100%故意にタイミングを合わせて、出てきたということになる。

当然、カルトの工作を避けるために、別の時間に変更した。


そして、再度、行って、エレベータを待っていると、カルトがいる14階へ上がっていってから、降りてきた。


そして、来たエレベータに乗り、1階で、降りると、案の定、1階で、犬を連れたカルト女が待伏せしていた。

この女は、4階で、降りたようだった。


そして、一旦、戻って、2回目、エレベータのボタンを押そうとすると、また、一旦14階で誰かが乗り、次に4階で降りた。

そして、また、14階に向かった。そして、降りてきて、6階で誰かが乗り、1階で、降りた。

どうも、14階と4階の間は、カルトの付き纏いルートになっているようだ。

カルトが多いのも前から14階だ。

まず、このように、途中の階の部屋間の移動は、通常はない。

そういう移動をしていれば、おそらく、カルトたちの仲間が移動しているものと思われる。



その後、ようやく、エレベータが来たが、


いざ、乗り込もうとすると、また、同じ階のカルト信者と思われる女が、エレベータに向かってくるのがわかっった。

また、カルト女が付き纏ってきた。しつこいカルトたちだ。

しかし、今回は、若干早く、ドアを閉めることができたので、乗り込みは、阻止することができた。

俺が、部屋を出ようとすると、2回も、ぴったりのタイミングで、出てくるという偶然は、絶対に有り得ない。

どう考えても、カルト信者たちが、監視と連絡により、組織的にストーカー行為をしているのは、明らかである。

そして、俺が戻ろうとすると、この同じ階のカルト女が、1階へ向かって降りてきた。

とにかく、俺の行き帰りに、遭遇するように、指令を受け、工作しているようだ。

俺は、回避すべく、別ルートで、戻った。

なにせ、俺が部屋を出ると、出会うやつは、ほとんどが、住人として潜入しているカルト信者工作員たちである。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR