(3/31) カルト信者たちの待伏せと見張りと付き纏い、カルト系パトカー



まず、俺が、エレベータに乗ろうとすると、それまで、止まっていたのに、

俺がボタンを押すと、なぜか、すぐ上の階へ行ってしまった。

見ると、エレベータ内の端に隠れるように、髪の長いカルト女が乗っていた。

このカルト女が、上の階で降りると、今度は、14階へ行ってしまった。

そして、1階へ行った。やはり、カルトが付き纏ってきた。


この俺が乗るタイミングでは、必ず、カルト信者たちが、下と上から来て、挟み撃ちにして、確認しようとする行動をすることは、わかっている。

この場合、一旦、止めて、時間をおいて行くと、まず、いない。

よって、俺が乗るタイミングを故意にカルト信者が、狙って、上下に乗って来るのは、ほぼ、間違いない。

今回も、14階から、乗って、俺に付き纏いと見張りを兼ねて、降りてきたカルト信者を、先に行かせ、パスした。

次に、再度、乗ろうとすると、また、俺がいなかったのに、気づいたカルト信者が、また、下から乗って、確認のために、乗って、上の階へ行った。


そいつをパスしてから、1階に行って、ゴミ室の裏口ドアから出ると、なんと、そこには、

タイミングよく、ヤマトの車が止まっていた。完全に待伏せだ。
2015-3-31 11-23-1 裏で待伏せしていたカルト系のヤマト車hh

こんなにぴったりのタイミングはないので、おそらく、カルト信者系のヤマト配達員だったのだろう!

そのヤマト車を見ながら、Pへ行こうとすると、

タイミングよく、そのヤマト車の裏から、カルト信者おじさんが乗った自転車が出てきた。
2015-3-31 11-23-1 裏で、付き纏ってきたカルト系おっさんhh

こういうタイミングで、遭遇するのは、だいたいカルト信者である。

このおっさん、俺が、朝の通勤時に、裏に行くと、裏の端の家の方から、しつこく出てきた付き纏いカルト系のおっさんと同一人物だと思われる。




それから、裏からPへ行くと、なんと、このPにも、カルト信者の見張り役の男が車を止めて、待伏せと見張りをしていた。
2015-3-31 11-23-1 Pで、待伏せしていたカルト系お兄さんと車h
俺が行くと、荷物をいじっているフリをしていた。

普通、タワーパーキングの出入口前なので、そんなとこに止めていると、普通に考えると邪魔である。

なのに、止めていたというのは、こいつが、待ち伏せと見張りのために、故意に止めていたのは、明らかである。


駅の西北出入口を入ると、横から、カルト臭い女が、わざと、俺の前に入って行った。

まるで、俺が、この女に付き纏っているに見える工作をしてきた可能性もあると判断したため、

追い越して、先に行くことにした。

後で、ホームにいると、このカルト臭い女が、わざと、また、俺がいる方に来るのだった。

不気味だったので、当然、離れるように、俺の方が移動した。

たぶん、この女、カルト系の女と思われる。




改札の前に行くと、サラリーマン風の男が、券売機の前で、わざとらしく待伏せしていた。
2015-3-31 11-23-1 自宅駅の改札横で、待伏せしていたカルト信者たち

たぶん、こんなサラリーマン風の男が、切符を買うことは、まずないはずなので、すぐに、カルト信者なのは、わかった。
普通は、定期かSuicaかpasumoのばずである。
どう見ても、割高な切符を買うほど、バカには、見えない。
よって、切符を買っているフリをして、待ち伏せしているのは、いつものことである。

また、この男、俺が、改札を入ると、タイミングを合わせたように、自分も改札を入った。

横にいたマスクしたおじさんは、完全にカルト信者で、やたら、俺の方を見ていた。

普通、駅に入るなら、改札の方を見るはずである。

よって、この不審なおじさんは、カルト信者であると思われる。


改札を入ると、やはり、マスクをしたおばさんがいて、このおばさんも、カルト臭かった。







途中省略


途中、井の頭線に乗換えようとすると、まず、ホームにいた車イスの男が、俺が、エレベータに乗ろうとすると、先に乗って、妨害してきた。こいつ、カルト臭い。
それで、俺は、パスして、階段で、下りた。

そして、乗換え通路を歩いて行くと、不自然に、エレベータの前に、人がいる。

普通は、いない。

たぶん゜、おそらく、手前のエレベータの前にいたおばあさんも、奥の階段横のエレベータの前にいた夫婦風の2人も、かなり、カルト臭かった。

だって、普通、いないからだ。

カルトなら、待伏せと、見張りのために、わざと、いることは、有り得る。







勤務先の駅で、電車を降り、改札を出ると、相変わらず、改札前には、カルトの見張りらしき人物たちがいた。


勤務先へ歩いて行くと、立体交差点の手前付近の側道で、たまたま、横の車をみたら、なんと、
「2323」のカルトナンバーだった。
まあ、この側道にも、当然、カルト車が来ているだろうとは思っていたが。

さらに、交差点に近づくと、カルト系のパトカーが走ってきて、わざわざ、前をUターンしていった。

やってくれるね!

その俺が交差点に近づくぴったりのタイミングで、側道を走ってきて、わざわざ、俺の前でUターンをして、また、戻って行くというカルト特有の「付き纏い」行為をしてきた。




帰り


自宅駅の西北出口を出ると、その出口のすぐ、左端に、隠れるように、若い男のカルト信者の見張りが、スーツケースを持って、立っていて、携帯で、連絡をしていた。


その後、セブンイレブンに入ると、案の定、同じくらいの歳の若いカルト臭い男が、店内で、俺に、付き纏ってきた。

たぶん、こいつは連絡を受けたのだろう!

こいつらは、2人とも、高校を中退したような近所の不良みたいなやつらだった。

いい若者が、平日の午後、仕事にも行かないでいるというも、不自然極まりない。

たぶん、こいつらは、2人共、カルト信者だと思われる。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR