カルト団体の信者が公職に就けてしまう異常な日本



ニュースでもやっていたが、公安調査庁の職員が、オウムの分派に、査察日時の情報を漏らしていたことがわかった。



このことからも、わかる通り、こいつがカルト信者かどうかは、わからないが、

同様に考えると、カルト団体の信者が侵入している可能性も十分に有り得るということだ。

そう考えると、公平・公正な捜査が、阻害されている可能性も十分にあると考えた方が正しいかもしれないということだ。

さらに、問題は、情報漏えいをしたのに、たった1ヶ月の減給処分で済んでしまうことだ。
公安調査庁にとって、情報を漏洩しないことは、死活問題であり、必須用件・基本用件であるはずである。
本来なら、その必須用件・基本用件を満たさない人間であるならば、解雇すべきである。
公安調査庁にとって、求められる条件は、一般人より、極めて高い倫理感が求められるのは、当然であり、それが、守れないなら、この職に就くべきではない。他の職に就くべきである。
そんなことは、当然のことである。
従って、決して、一般人と同じ処分で、済む話ではない。



この日本最大のカルト団体である自称新興宗教団体は、


全ての企業・団体・機関(政府機関・司法機関・官公庁・公務員・鉄道・企業・団体・TV局・新聞社・病院、他)に、潜入していて、最低でも、その比率は、5%以上はあるのだ。


もし、司法機関に侵入していれば、法の執行が歪められる可能性が高い。

実際に、このカルト団体の信者かどうかは、わからないが、

検察庁の検察官が、情報を改ざん・捏造していたことが発覚している。


従って、そのように、法を歪められる可能性は、十分にあるということだ。

つまり、そう考えて、彼らカルトにミスリードされないように、十分に、警戒・注意する必要があるということだ。



また、日本医師会や日本歯科医師会の医師たちにも、カルト信者がいることは、間違いない。

まず、俺が手術を受けた件でも、ウソの指示をされて、術後の回復が長引いてしまったということがあった。
それで、俺が体調を崩してしまったからだ。
この場合も、カルト系の医師に故意にウソをつかれた可能性が高い。

俺が、この近所の病院「F」へ行くと、からず、私服の地域カルト信者と思われる年配の男が、不自然に、病院の玄関前の歩道に来て、見張りをしている風な行動をしていて、完全に、俺に対する付き纏いストーカー行為をしていたことがわかっている。

また、歯科医師もそうだ。二回目に行くと、態度が急変していることが、頻繁にあった。
おそらく、カルト団体の信者系歯科医師会から、デマ情報を流されて、ミスリードされた可能性が高い。

同様に、群馬大学や千葉ガンセンターで医療ミスをしていた医師がいることが報道されているが、この医師たちが、カルト団体の信者かどうかは、わからないが、もし、カルト団体の信者医師だったら、特定の人間に故意にやる可能性は捨てきれない。

つまり、医師などに、カルト信者がいると、故意による命の選別をされてしまう可能性があるのだ。

非常に、危険である。

だから、カルト団体に所属する人間は、医師として許可しないことが必要である。

それは、やはり、法的に規制する必要があるということだ。





例えば、世田谷一家殺人事件でも、捜査妨害をした警官がいたことは、報道されている通りだ。

この団体の信者かどうかわからないが、

もし、この団体の信者が、警官になって侵入していれば、同様に、捜査妨害ができてしまう可能性が高いということだ。


つまり、警察に1割も潜入していれば、

法の執行も十分、歪められてしまう可能性があるということだ。


だから、9割の正しい警官たちは、カルトにミスリードされないように余程、警戒・注意していなければならないということがわかる。

俺のプロファイリングによると、
犯人は、近所のお兄さんで、血液型は、A型、小心者で、頭脳犯だと思われる。
捜査妨害をした警官は、顔見知りか、同じ新興宗教団体に所属している仲間の可能性もある。
事件後、近所から、引っ越した可能性もある。
その場合は、事件後、近所から、引っ越した人間なので、すぐ、わかると思う。

遺留品が多量にあったのも、捜査をかく乱する目的だったとすると、かなりの頭脳犯である。
何かあったとしても、殺害するのは、かなりの小心者で、冷酷で、倫理観の欠如した人間である。
しばらく、居座り、確実に死んだかどうかの確認をしているふしがあり、かなり、冷酷な人間である。

おそらく、近所の無職か未成年の引きこもりか、働いていても、不良仲間と深夜徘徊する人間。
ネットをよくやっていて、倫理観が低く、冷酷だが、頭はいい。
一方的に、逆恨みをしてしまうような身勝手な思考の持ち主。




不自然な点がある。
多量の遺留品を残して、捜査をかく乱する計画性と頭脳があったり、確実に死亡を確認する為に、しばらく、居座るなどの行為をしている冷静さを持っているのに、簡単に近所の人間に目撃されていることだ。

これほどの頭脳犯が、そう簡単に近所の人に目撃されるとは、考えにくい。

どうも、これらのことは、矛盾している。

もし、これらの目撃情報も、捜査をかく乱する為の作り話だった場合は、やはり、完全に、プロの殺し屋だ。
まさしく、依頼殺人だ。殺人実行者は、誰でもよく、例えば、闇の仕事人とか韓国マフイアとかでもよいことになる。
その場合は、実行犯と被害者は、面識はないことになる。
ただし、殺害依頼者は、被害者と何らかの接点を持っていたことになる。






海外では、カルト団体の信者は、公職に就けないように法律で規制されている。

しかし、日本では、野放しである。

これは、国家的な大問題である。


例えば、警視庁なら、1割でも、4000人もカルト信者がいることになり、この規模があれば、十分、クーデターが可能である。

彼らカルト団体の信者たちが、問題なのは、業務命令より、自分たちの団体の教義を優先して、組織的な違法な活動を平気でしてしまうことにある。

つまり、例えば、警察なら、警察の命令を無視し、あるいは、逆らっても、自分たちの団体の指令を実行してしまう危険性があるのだ。

つまり、オウムと同じだと考えてまず、間違いない。

とても、危険な思想の団体なのだ。


だから、フランスなどのヨーロッパの多数の国々では、この団体を、カルト(セクト)として、警戒し、監視しているのだ。


日本も考え方を改める必要があるのだ。

日本も考え方を改める時期に来ているのではないだろうか?

さもなけはれば、オウムの二の舞になりかねないことを、認識すべきだ。




参考になる動画を発見しました。

是非、見てください。

『政教分離を求める会』の参考動画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR