(3/17) 玄関でカギをカチャとすると、緊急車両が来るか実験してみた。



今日は、玄関に行って、カギをカチャと解除するかまたは、カギをかけると、

どれだけの確率で、マンションの前に緊急車両が来るか、実験してみた。


隣か向かいのカルトの見張り部屋のやつがどれだけ、通報しているのかもわかる。



まず、15分以上、間を空けて、20回以上、玄関に行って、カチャっとやってみた。


すると、そのほとんどの回で、5分以内には、殆どの場合、


カルト系の救急車かカルト系のパトカーなどのサイレンを鳴らす緊急車両が走ってきた。

そのように、俺が玄関のカギをカチャとやると、緊急車両が走って来るということは、

偶然とか自然では、絶対に有り得ないことだ。

100%隣や向いのカルトの見張りが連絡しているのは、明らかである。

逆にそうしなければ、こんなことは、物理的に不可能だからだ。







途中、鳴らす時間をランダムにしてみると、

対応しきれないと判断したのか、後半では、不自然な時間に、

時間が、X:00、とか、Y:15、とか、Z:30、とかW:45、

とかの15分おきの規則的な時間に来るようになった。

つまり、例えば、俺が、どんな時間に部屋を出ても、遭遇させれるように、15分おきに、カルト系の救急車やパトカーを出動させたものと思われる。


この場合は、俺がカチャとやらなくても、そういう定期便のような時間にサイレンを鳴らして、緊急車両が走ってきた。

通常、このように、定期便のように、救急車などが、走って来ることは、有り得ないので、

明らかに、人為的に、計画的に、運行していたのは、明らかであり、絶対に自然では、ありえないことだ。


東京の23区の北の方でサイレンが鳴ったら、俺が玄関に行ってカギをカチャとしたか、または、部屋を出たと思って、まず、間違いない。

あるいは、俺が部屋を出ると予測して、定期的に出動させているときかも知れない。


このように、カルト系のキチガイ新興宗教団体の会員信者たちが、消防や警察内部に潜入している仲間信者たちと、連携して、無駄な出動を繰り返していることは、明らかである。


特に、救急車の不必要な出動と、無駄な出動は、おそらく、その100%が、このカルト団体の組織によるものと考えて、ほぼ、間違いない。

















テレビを見ていて、気づいたことがある。

それは、以前、山形で、青年が救急車の出動要請をしたが、断られて、その後、その青年が死亡していたことが、わかったという事件である。

その出動しなかった山形の消防署の救急車のナンバーを見て、驚いた。

その救急車のナンバーは、「1111」というカルトナンバーだったのだ。

さらに、その隣に停まっていた消防車のナンバーを見たら、

そのナンバーが、「  1」だった。

どうして、山形消防署は、緊急車両をこのような特徴的なナンバーにあえてする必要性があるのか、不自然である。






また、警察24時の番組を見ていたら、写された警視庁のパトカーのナンバーが、

「4884」という左右対称のシンメトリー型カルトナンバーだった。




まさか、消防や警察にまで、これほど、カルトナンバーが蔓延しているとは、思ってもみなかった。







また、ある被害者の人の動画で、


「カルトナンバー6666を追いかけてみた」という動画を見た。

すると、その人は、出てきた「6666」のナンバーの車を追いかけて行った。

そして、話かけたのだ。

すると、カルト臭いマスクをした男が運転していて、

なんと、同乗していた母親のようなおばさんが、

息子は、警視庁だのと言ったのだ。

信じられん。

これが事実なら、カルトナンバー車は、カルト信者警官のマイカーである可能性が高いということになるのだ。

そうすると、被害者に付き纏っているカルトナンバー車は、非番のカルト信者警官である可能性があるということだ。


カルトナンバー車6666を追いかけてみた、とかと、検索してみれば、見れると思います。

見てみて下さい。


ひょっとすると、カルトナンバーで、被害者に付き纏っているのは、非番のカルト信者警官か?


と思えてしまうから!








しかし、これだけ、消防や警察に、カルト組織の信者が、侵入していて、非合法活動を組織的にしていることが、現実であることを、知って、日本は、相当にヤバイ状態になっていることを認識すべきである。

国民は、かなりの危機感をもつべきであると思う。

日本の機関である司法・立法・行政・官公庁なども、もっと、危機感をもつべきであると思う。


こういう現実を知り、公安調査庁は、早急に、大規模に、対処すべきである。

これは、オウムどころの話ではない。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR