(2/26) カルトたちの待伏せと付き纏いと監視行為

まず、1階に行くと、

隣の部屋か向いの部屋の見張りからの通報がなされたのは明らかで、

すでに、判明しているカルト系の佐川配達員のおじいさんが、
2015-2-26 16-49-20 玄関で待伏せしていた佐川カルトじいさん

玄関で、待伏せしていた。

さらに、裏から、出ると、カルト系のヤマト車が、ぴったりのタイミングで、俺の前に走ってきた。
2015-2-26 16-49-20 裏から出ると来たカルト系ヤマト車

そして、外に行って、用事を済ませて、戻ろうとすると、

T字路の正面をカルト系の白い軽の郵便車が通過した。
2015-2-26 16-49-20 T字路の正面を通過するカルト車

さらに、マンションの玄関に近づくと、また、カルト系の白い郵便車が入ってきた。
2015-2-26 16-49-20 マンション玄関前に来たカルト系郵便車

玄関内を見ると、カルト系のヤマト配達員が、玄関内で、待伏せしていた。



俺の出入りに、これだけ、配達車が集中することは、通常、有り得ない。

完全に、連絡を受けた各社のカルト信者配達員たちが、見張りなどの目的のために、故意に集結したと考えた方が自然である。


通常、信教の自由の範囲内であれば、仕事以外の時間に、個別にやるので、何ら問題はない。

しかし、このカルト団体のように、各社にカルト信者がいて、業務時間内に、業務命令違反をしてまで、

業務より、自分たちのカルト団体の教義と指令を優先するので、明らかに業務命令違反である。

さらに、悪質なのは、個別ではなく、別々の会社なのに、カルト団体として、連携して、

ストーカー行為をすることである。

こうなると、もはや、信教の自由の範囲内ではなく、明らかに、逸脱していて、犯罪行為であり、

人権テロであると言える。

ストーカー犯罪である。

おそらく、郵便、ヤマト、佐川、自然分布でも、各社の社員のほぼ、5%は、カルト団体の信者である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR