(10/10) カルト女子高生、カルトお巡り、カルトパトカー、自転車カルト女

集団ストーカー犯罪告発に関する「街宣」や「デモ」などの情報は、右側のリンクの中にあります。





集団ストーカーに反対する全ての団体・個人の活動を心から応援し、支持します!

集団ストーカーに反対、もしくは、告発する活動をする人は、個人・団体問わず、全ての人を、リスペクトしています。

カルト=日本に実在する反社会的で危険な狂気の新興宗教団体

日本の全ての企業・団体・行政機関などの人員の5%以上は、このカルト教団の信者である。
当然、警察や消防などの人員の約1割以上は、カルト教団の会員信者である。これは、100%事実である。

勧誘を事前に察知し、退避して回避したら、ターゲットにされてしまったようだ。

現在、このカルト宗教団体から組織的に、24時間、365日、監視・見張り・待ち伏せ・つきまとい・嫌がらせなどを受けている。

私は、特定の宗教団体や政治団体の人間ではありません。

私は、補導歴も犯罪歴もありません。

私は、断じて、痴漢やストーカーや万引き犯や犯罪者などではありません。それは、私の命に代えて保証します。

ただし、カルト組織によって、そのようなデマを流布されています。

また、私がそう見えるような工作が、カルトたちによって、組織的に実行されています。

もし、私が犯罪者なら、逆に、これだけカルト系の警察などにつきまとわれているのであるから、捕まえる気になれば、普通の人より、むしろ、簡単に捕まえることができるはずであり、今現在、全く捕まっていないのも、私が、デマで流されているような犯罪者ではないことの証明にもなっていると思います。

もちろん、私は、そのような犯罪者ではありません。

私は、どこにでもいる普通の国民です。

もし、私が、事故・病気・自殺等で、死んだら、100%このカルト教団に、直接か間接的に、殺されたと思って捜査してほしい。

今後、いくら勧誘されても、例え、死んでも、絶対に、カルト団体に入会することはない。

そんな悪魔に魂を売り渡すような行為は、俺にはできない。

しかし、だからって、一方的に、犯罪を含む人生・生活妨害をするのは、止めてもらいたい。





画像は後で



今日は、動員が多く、工作も多かったし、それだけ、確実に工作していきた。

つまり、かなり、今日は、力を入れてきたのが、わかる。





途中の乗換えS駅では、また、乗換え通路の途中に、カルト系の女子高生の見張り工作員が通学もせず立っていた。

また、エスカレータの出口前にも、カルト系の女子高生たちが、通学もせず、見張りのように、複数で、立っていた。

補導すべきだ。
こいつらがやっている行為は、待ち伏せ&付き纏いストーカー行為であり、犯罪である。




バスを降りて、交差点に行くと、

また、カルト系のお巡りが、ここの交差点だけ、不必要な交通整理をしていた。

ここの交差点は、ちゃんと、信号がついていて、通常は、それで、問題なく流れている。

もう、完全に、俺が朝、通るのを狙って、待ち伏せ・付き纏いなどのストーカー行為をする為だけに、いるとしか、思えない。
いても、いなくても、なにも変わらない。

このカルト教団の信者警官の工作員は、みると、信号に合わせて、ただ、笛を吹いているだけだ。

どうして、こんな無駄な交通整理をしているのか?

カルト信者工作員の警官だから、遭遇目的だけで、やっているとしか、思えない。

このお巡りだけがカルト信者工作員なのではない。

その横には、なんと、東側から、右折しようとするカルト系のパトカーまでもが、待ち伏せしていて、付き纏ってきた。
2014-9-25 8-18-32 朝付き纏うカルトパトカー

この右折車線に止まっていたのは、長く交差点に留まって、俺に確実に遭遇させるためなのは、明らかだ。

また、この右折するというルートは、タイミングが、ずれた場合、俺が乗ったバスが止まるバス停を通るように、計画したもので、付き纏い・遭遇行為を確実にする為であることは、明らかである。

俺がこの交差点に来ると、必ず、カルト系のパトカーがいるのだから、自然や偶然では絶対に有り得ないことである。

まず、バス停で、カルトが俺がバスに乗ったことをLINEに書き、共有。

さらに、途中から乗ったカルトが、今どこかを、スマホで、LINEへ書き込み、情報を共有する。

そして、終点のバス停付近にいるカルトの見張りが、バスを降りたことを書き、通報。

すると、近くで、待機していたカルトパトカーが、交差点へ進入する。

その場合は、交差点にいるカルトお巡りが合図をしたか、ハンズフリーのイヤホンマイクで、カルトパトカーに連絡する。

そうして、カルト教団の信者たち複数による連携プレイで、確実に、カルトパトカーを、遭遇させる。

こういう風に、警察から民間から周辺住民まで、カルト信者たちで、連携してストーカー行為をしているのだから、

本当に信じられない。

こんなことが、事実として、あってもよいだろうか

これは、一種のカルト団体によるテロである。

人権テロである!

犯罪である。

日本は、人権テロリストが、警官の中にもいるのだ。

公安部殿、公安調査庁殿、こんなことが、いつまでも、まかり通ったり、放置されていて、よいのだろうか?

絶対に、あってはならないことだと思う!

監察官殿、カルト宗教団体の会員警官が、人権テロをしているのだ。

カルトパトカーの付き纏いストーカー行為は、帰りもやられたのだ。

朝も、帰りも、社内カルトや周辺のカルト信者たちによる監視と通報との連携プレイにより、ストーカー行為をしてくるのだ。

もちろん、100%偶然なんかではないことは明らかだ。




日中、社内でも、カルトの見張りがきつかった。

それまでは、ほとんど、いなかったのに、俺が西側の端の3階のトイレに行くと、急に、カルトたちが、殺到するという現象が何度も発生していた。

さらに、俺が出てくるまで、西側の階段部で、スマホをしているフリをして、待ち伏せしていたのだ。

その証拠に、俺が、出てきて、階段を下りていくと、そのカルト男は、すぐ戻っていったのだ。

そんなぴったりのタイミングなんて絶対にない。

階段にいた男は、俺が、トイレから出て、戻るのを待ち伏せして、見張りをしていたのは、明らかだ。

とにかく、カルト信者たちは、トイレまで、見張りに来るのだ。

当然、中で見張っているやつもいるのは、わかっている。

こいつは、俺が出たことを連絡する役だ。

「今、出て行ったよ!」とLINEに書いて、みんなに知らせていると思われる。

そのせいか、出た後、不自然に、付き纏ってくるやつらがいることもわかっている。

例えば、こういうこともある。

俺が席をばすしていて、部屋に戻ろうとすると、2Fの西側の廊下で、黒っぽい服を着たカルト信者の女が2人で、待ち伏せしていた。

だいたい廊下に留まっているやつは、ほぼ、100%カルト信者である。

そう考えて、ほぽ、間違いない。

当然、俺が、席に戻った後、すぐ、見に行くと、いなくなっていた。

つまり、俺が、戻ってくるのを、待ち伏せ&監視をしていたのだ。

全く、社内の業務に関係のない行為をカルト信者たちは、行っているのだ。

これは、明らかに、業務命令違反であり、犯罪行為だ。

人権テロであり、集団ストーカーは犯罪行為だ。

彼らカルト信者たちは、自分が何の社会的な組織にいるかなんて、関係ないのだ。
その全ての社会的な組織を横断的に連携して、ストーカーや人権テロをしているのだ。

それは、まるで、戦前の秘密警察のようであり、人権テロやストーカー犯罪を行う「悪の集団」である。





帰り

玄関に向かうと、やはり、反対側の休憩所付近から、カルト臭い女が出てきた。

もう、帰宅ラッシュは、一段落しているのに、なぜか、俺が、玄関へ向かうと、必ず、出てくるのだ。

そして、付きまとってくるのだ。

この女は、結局、斜め道路内まで、付き纏ってきた。

前回と同じだ。

相当にしつこい社内カルト信者工作員である。

とにかく、途中まで、後をつけて、カルト仲間に報告しているものと思われる。

途中からは、他のやつに、バトンタッチしているものと思われる。


おそらく、1Fの休憩所で、待ち伏せしていて、カルト仲間からの連絡か合図により、玄関へ出てくるのだと思われる。

普通は、人それぞれ、事情が異なるので、そうタイミングが合うことは、考えずらい。

故意に、付き纏っていなければ、そうそう、一緒になるものではない。

玄関は、後をつけていない風に見せる為に、先に出るのだが、
門を出ると、わざと、ゆっくりになって、抜かせるのだ。

そうして、後ろから、その行動を見ながら、合図やスマホを使って、連絡しているものと思われる。

先になって、交差点に来ると、交差点の南西の角に、信号が、変わっても、渡らないカルト信者と思われる自転車に乗った女がスマホで、話しながら、連絡していた。

この信号に関係なく交差点にいて止まっている自転車や人は、100%カルト信者工作員の見張り&連絡員である。

その女を発見した直後だ。交差点の東側から、カルト系のパトカーが走ってきたのは。
2014-9-25 8-18-32 朝付き纏うカルトパトカー

完全に、俺に遭遇させる為に、カルト自転車女などを配置して、見張らせていたのは、明らかである。

その連絡を受けて、待機していたカルト教団の信者会員の警官が乗ったパトカーが、俺がいる交差点に進入してくるという手はずである。

信号が青になり、丁度、俺が、渡っている時に、カルトパトカーが走ってきたので、カルト組織としては、この遭遇工作は、成功だと思う。

さすがは、巨大なカルト団体である。

人員を何人でも、好きなだけ動員して配置できるのだから、成功しないわけはない。

途中、陸橋付近から、カルト男女や複数のカルト女たちが、出てきて、完全に、付き纏ってきた。

暗い公園を通ると、その横のカルトピルから、カルト男たち2人が出てきたり、前から歩いてきたり、と、付き纏ってきた。

そして、駅に着くと、やっぱり、途中で、出会ったカルト男女たちがいて、付き纏ってきた。

ホームに行くと、下りホームの床にしゃがんで、エレベータの入口方向を向けて、一眼レフを向けている頭が狂ったカルトと思われる若い男が、俺の写真を撮ったらしく、レンズをしまい込んでいた。

こんなとこで、カメラを床に置いて、しゃがんでまで、全く何の関係もない他人を撮るとは、とても、正常な人間とは、思えない。

先日のホームで、電車を撮るフリをして俺を撮っていたやつと同一人物かどうかはわからなかった。

いずれにしても、カルト組織に頼まれたのか、こいつ自身がカルト信者工作員かのどちらかだと思われる。




そして、電車に乗ると、最後尾の車両は、カルトだらけの不審な雰囲気だった。

やたら、こっちをガン見するカルト臭いおばさんがいたり、携帯をしていて、不自然に、レンズを向けるカルト臭い女がいたのだ。

だから、次の車両に移動して、イスに座っていると、次の駅では、俺がいる付近に、狙って、子供を連れた女が来て、子供を騒がせていきた。

だから、また、移動しようと、電車の中を移動していると、わざと、足を出して、つまづかせようとしたバカカルト男がいた。

こいつ、わざと、足を出しやがった。

俺がつまづきそうになって、振り返ると、こいつ、カルト丸出しの顔して、笑っていた。

顔は、知的障害者か、イカレたやつに見えた。

30台か40台の男だったが、2人組だった。

また、その向い側の席を見ると、カルト系の男女高校生たちが複数いて、こいつらも、笑っていた。

おそらく、こいつら、全員、カルトの仲間だったのだろう!

このように、集団で、人が倒れるように、足をかけるなんて行為は、明らかに犯罪である。

まさに、全員、集団ストーカーである。



その後も、今日は、電車の中もカルトが多いことがわかったので、全ての乗る電車を1本ずらさざるを得なかった。

カルトは、常に複数の見張りを立てているので、乗った電車には、カルトが多いのである。

そのように動員しているからだ。


そうして、何とか自宅駅に到着すると、やはり、西口改札の前には、カルト女が、携帯で、連絡をしながら、見張りをしていた。

そして、出口を出ると、不自然に、女子高生を含む、カルト臭い男女などが、前を通過していった。

おそらく、俺が、セブンに入ると予想して、動員したカルトたちだろうと思った。


そして、裏から入り、一旦、部屋に帰った。





しかし、カルトたちの工作は、それだけではなかった。

その後も、やられた。

というのは、部屋に戻ってから、荷物が来ていたのが、わかり、部屋を出て、エレベータに行くと、


案の定、通報されていたようで、夜の10時前なのに、丁度、俺の階で、もろ、カルト女の2人組が、降りてきた。

こんな、人の出入りが少ない時間に、ぴったりと、遭遇することは、有り得ない。


当然、俺の部屋を監視している向いの部屋や隣の部屋などのカルトたちにより、通報されていたようだ。

以前、俺が玄関に行っただけで、出てこようとドアをあけてきたので、道路側の北隣のカルト部屋からコンクリートマイクか、とう聴しているものと思われる。この北隣の部屋からの通報である場合が、一番理にかなっている。

向い側では、出ないとわからない。

また、南側では、浴室などの別のエリアがあるので、とう聴しにくい。

もちろん、南側隣も向かい側もカルト部屋だとは思われる。

また、今回降りてきたカルト女たちは、真ん中より、エレベータに近い北側の部屋のカルト住人たちである。


このことから見ても、カルト団体は、組織的に、完全に、100%、24H監視しているのは、間違いない。

それだけではない、俺が、1Fで、荷物を取って、戻ろうとすると、また、丁度、カルト男が、ゴミ出しに降りてきた。

例えば、こいつが、60分の中の1分を選んだとしたら、60回は、あるので、本来分散するはずである。

それをわざわざ、1/60に、タイミングが合うなんていう偶然は、絶対にないことがわかる。

こいつが、カルトで、わざと、タイミングを合わせたのでなければ、確率的に起こりずらい現象である。

まあ、普通に、考えると、こいつが、カルト信者で、カルト組織からの連絡を受けて、わざと、降りてきたのは、間違いないと思われる。







今日の動員は、相当多かった。

行きも帰りもカルト系のパトカーとカルト女の待ち伏せ&付き纏い。それに不必要なお巡り。

それから、歩行時のカルトの待ち伏せ&付き纏い。

また、電車内での大人数での付き纏い&嫌がらせ行為。

かなりの動員数だったと思われる。





このようなカルト信者たちやカルト系自転車お巡りやカルト系パトカー・カルト系救急車・カルト消防車、カルト系警察車両、カルト系白バイなどの緊急車両によるストーカー行為は、カルトに事実上、殺されたに等しい、自殺に追い込まれた、女性タレントの清水由貴子さんが、生前、インタビューに答えていたことと、一緒だ。


(AGSAS)さんのサイト「An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)」よりの抜粋です。

その音声は、下記のリンクにあります、聞いてみて下さい。

「清水由貴子さんが訴えていた真実」(WMVファイル)

また、文章化したものは、下記のリンクにあります。見てみて下さい。

「清水由貴子さん音声反訳」(PDF版)

彼女の死を無駄にしないで下さい。

俺も全く同じ人権テロ行為を受け続けています。

彼女を死に追いやったカルト宗教団体の責任は重大であり、重罪にあたる。

それは、今でも、俺を含む他の多数の人に行われている。

厳罰に処する必要があると思う。




また、同じような異常なまでの緊急車両のつきまといを受けていた方のブログもある。

「ある日突然、集団ストーカーの被害者に」より抜粋。

警察関係のつきまといは、下記のリンクから見てみて下さい。

警察の付きまとい 大津いじめ問題と集団ストーカーなど

集団ストーカー(ガスライティング)に加担する消防と警察





日本は、法治国家として、このカルト宗教団体に、それ相応の償いをさせなければならない。

このように、現実に、起きている「事実」である。

このように、実際に行われている「犯罪」である。

それは、フランスなど海外でもカルトに指定されている日本の危険で反社会的な新興宗教団体である。

こういう狂った団体には、破防法を適用するしか方法がないと思う。

被害者は、1000人以上はいると考えられる。

これは、現実の日本で、行われている悍ましい裏社会の現実である。

また、地域の住民組織や防犯組織なども、すでに、カルト団体に乗っ取られていると言われている。

まずは、この遭遇工作&つきまとい&見張り&監視&嫌がらせ&妨害など、ストーカー犯罪をしているカルト教団の信者たちやカルト系女生徒たちやカルト系自転車お巡りやカルト系パトカー・カルト系救急車・カルト系消防車・カルト系警察車両カルト系白バイなどのカルト系緊急車両の人たちを、逮捕すべきである!




公安調査庁殿

組織犯罪対策部殿

公安部殿

警務部殿

警察庁殿

検察庁殿

監察官殿


日本版FBIの創設が必要である。

カルトが公職につくのを法律で禁止すべきである。これ、海外では、常識!




やはり、こういう大規模なカルト団体を相手にするには、やはり、

1000近い人数の被害者たちが、被疑者不詳で、集団訴訟するしかないと思う。





「ストップ・ザ・カルト」






拉致と同様に、国際的に訴えた方が効果があると思われる。

国連人権高等弁務官事務所や国連人権理事会に訴えよう!

日本では、このような人権侵害が組織的に行われていると。

拉致と同様のレベルまで、持っていくべきだと考えられる




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR