(6/23) カルトの監視、いやがらせ、妨害工作

集団ストーカー犯罪告発に関する「街宣」や「デモ」などの情報は、右側のリンクの中にあります。

集団ストーカーに反対する全ての団体・個人の活動を心から応援し、支持します!

集団ストーカーに反対、もしくは、告発する活動をする人は、個人・団体問わず、全ての人を、リスペクトしています。

カルト=日本に実在する反社会的で危険な狂気の新興宗教団体

日本の全ての企業・団体・行政機関などの人員の5%以上は、このカルト教団の信者である。

勧誘を事前に察知し、退避して回避したら、ターゲットにされてしまったようだ。

現在、このカルト団体から組織的に、24時間、365日、監視・見張り・待ち伏せ・つきまとい・いやがらせなどを受けている。

私は、特定の宗教団体や政治団体には、所属していません。

私は、補導歴も犯罪歴もありません。

私は、普通の一般市民です。



画像は後で



工作が、だんだん、微妙になってきているので、

書くのが、だんだん、面倒くさくなってきた。

今まで、書いてきたことだって、どれだけ、自分の自由時間を無駄に使ってきたことか、わからない。

もし、集団訴訟になったら、こんなことに、使ってきた時間を、返してもらいたい。

慰謝料をたんまり、請求したいものだ。






今日の朝は、




K線下りからi線下りへの乗り換えでM駅で、降りて、改札前を通ったら、改札の北側にあるトイレの前に、カルト臭い女子高生が立って見張っている風で、通るヒトをいちいち見ていた。

もちろん、乗る電車へ向かう様子はなく、通学しようとする様子もなかった。

何が、目的で、こんなトイレの出口横に立って、見張っているような行動をしているのか?

また、その下には、地面に腰を下ろしている青いシャツの男子高校生がいた。

おいおい、ここは駅の構内だぞ!

こいつ、通学どころじゃなく、もう、チンピラじゃないのか?

これから、学校へ行くという雰囲気ではなかったぞ!

一体、どこの高校だ。

一体、地面に座って、何をしているんだ?

こりゃー、補導しないと、ダメでしょ!

しかし、高校生のくせに、ガキみたいなことしてんじゃーねぇーよ!

地面に座るなんて、ガキのすることだ。

どこの高校で、どういう教育をしているんだ?

まして、親が見たら、悲しむぞ!


i線の下りホームの壁際に立っているヒトの中に、カルト信者の工作員が、いるのは、わかっている。



勤務先の駅の改札を出ると、やはり、改札前の壁際には、改札の方を見張っているかのようなヒトが何人か立っていたが、

たぶん、この中に、カルト信者の見張り役がいると思われる。



また、駅を出ると、歩道には、不自然に、後ろを向いて、看板を見ている風のヒトがいた。



また、建物側には、待ち伏せをしている風のヒトたちが立っていた。


また、車イスと付き添い人がまた、こっちを向いていた。

俺を見張っているようにも見えるし、バスを待っている風にも見えるし。

ただ、どうも、タイミング的に、嫌な感じがする。







そして、左へ曲がった。



畑の南側と西側と北側を歩いていると、犬を連れたおばさんがやってくる。

これとて、カルト系ではないという保障はない。

実際には、カルト臭い。



それに、南側と北側を歩いている時に、黄色Tシャツを着た地域の防犯員のようなおじさんが歩いていた。

防犯員なら、カルト系だと思われる。


ファミリーマートの横の道に行くと、歩道に乗り上げた車が数台あった。

その中に、その横のマンションの住人らしき家族がいて、不自然な動きをしていた。


それは、車を止めて、歩道に乗り上げていて、その脇に家族が立っていたが、なぜか、止まっていたのに、俺が行くと、急に、動きだして、車に乗り込んだりする行動をするという不審な行為をしてきた。

以前にも、似たようなタイミングの動きがあったので、どうも、偶然とは、思えない。

ひょっとすると、こいつらは、全員カルト信者工作員で、待ち伏せ・監視・通報・見張り・嫌がらせなどをしている可能性も捨て切れない。





帰り

ファミリーマートの十字路で、また、カルト系のトラックが、妨害工作をしてきた。

昨日と同じで、ここを俺が横断しようとすると、ファミリーマートの駐車場で待ち伏せしていたカルト車が出てきて、右折するという妨害工作だ。

これだと、どこを通っても妨害されてしまう。

さすがは、カルトだ。

待ち伏せしていて、わざわざ、横から出て、右折して、妨害工作をしてくる。

金曜は、救急車のような形の白い車が同じ妨害工作をしてきた。

とにかく、俺が、渡ろうとする、そのタイミングの時だけ、そういう妨害工作が発生する。


当然、俺が、渡ってしまうと、そこでの混み合いは、解消されて、しばらく、車はいなくなるのだ。

完全に、俺が渡るタイミングに、合わせている。


まず、俺が、勤務先の横道を歩いていると、その横道にカルト車が何台か入ってきて、

その車も、カルトナンバーであることが多かった。

次に、連携して、ファミリーマートの交差点を俺が渡るのに、タイミングを合わせ、工作を集中させ、連携して、混雑させて、横断を妨害するという工作をしているのだ。



また、畑の南側の細い道に入ると、必ず、軽自動車が入ってきて、歩くのを妨害される。

とにかく、俺がこの狭い道に入ると、必ず、来るので、おそらく、周辺のカルト信者が連絡しているのだと思う。


今日は、出口まで、もう少しのところで、入って来られてしまったので、思わず、走ってしまった。

これだって、結果、走らされてしまっているので、立派な妨害工作だ。








勤務先の駅から電車に乗ると、

必ず、子連れのカルト臭いおばさんや、カルト臭い老夫婦やカルト臭い女子高生たちや男子高校生の集団がいる。

もちろん、以前は、こんなに、必ずいるというほどではなかった。


M駅で電車を乗り換えようと、K線の上りホームに行くと、カルト系のような女子高生が電車の方ではなく、歩いている俺の方を見て立っているのだ。

それも、丁度、走っていくと、乗るような位置に2,3人で、固まって立っているのだ。

どう考えても、不自然だ。


たぶん、こいつらは、カルト信者の見張り役であると思われる。

そして、電車に乗ると、以前は、いなかったのに、

異様に、うるさい若い女の集団や男子高校生の集団や女子高生2,3人の集団が多い。

以前は、こんなに、目立つほど、はっきりとは、いなかった。


カルトの可能性もあり、不気味なので、次の電車に乗り換えてみる。

そうしても、同じだ。

状況は、変わらない。

電車の中を移動すると、座っている女子高生たちが、妙に、俺を見て、仄めかしっぽいことを言っているし。

普通のヒトなら、前を通っても、それほど、反応しない。

だから、この女子高生たちは、俺を知っている可能性がある。

もし、知っているとすれば、こいつらは、カルトだと言うことになる。




そういう状態を何度も通過したり、車両を変えたりしてみた。


結構、面倒だ。






自宅駅で降りて、北西出口を出ると、出口の前には、サラリーマン風の男たちが、数人いて、まるで、待ち伏せしているような状態だった。



それから、マンションに入り、エレベータに乗ろうとすると、

やっぱり、ぴったりのタイミングで、降りてくるカルトの女がいた。

こんなに、俺が帰ると、必ず、女が降りて来るなんていうことは、確率的に言っても、絶対に有り得ない。


カルトが、連絡を取り合ってやっている工作であれば、その可能性の方が高い。








拉致と同様に、国際的に訴えた方が効果があると思われる。

国連人権高等弁務官事務所や国連人権理事会に訴えよう!

日本では、このような人権侵害が組織的に行われていると。

拉致と同様のレベルまで、持っていくべきだと考えられる


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR