(5/27) 久々、カルト警備員、カルト防犯員、カルトたち

集団ストーカー犯罪告発に関する「街宣」や「デモ」などの情報は、右側のリンクの中にあります。



カルト=日本に実在する反社会的で危険な狂気の新興宗教団体






日本の全ての企業・団体・行政機関などの人員の5%以上は、このカルト教団の信者である。



勧誘を事前に察知し、退避して回避したら、ターゲットにされてしまったようだ。



現在、このカルト団体から組織的に、24時間、365日、監視・見張り・待ち伏せ・つきまとい・いやがらせなどを受けている。



画像は後で






まず、自宅駅に行くと、俺の方に、制服を着た路上喫煙防止員が、背中を向けて、歩道に立っていた。

そして、もう一人の路上喫煙防止員は、駅の陰になる場所の側道の方の歩道にいた。

でも、結局、この駅のこの出口だけ、路上喫煙防止員が2人いるのだ。

言っておくが、ここの駅は、他に出口が3カ所あるが、そっちにはいないのだ。

まだ、この駅の隣の駅にもいない。

そうこの駅のこの出口にしかいないのだ。

つまり、俺が使う駅の、俺が使う出口にしかいないのだ。

もう何度も書いているが、こうした地域ボランティアは、カルト教団の信者が独占してしまっているので、

待伏せストーカーなどに、動員しても、カモフラージュできるので、カルトの見張りなどにとっては、いい隠れ蓑のなるのだ。

こういうこうした地域ボランティアのほとんどをカルト教団は、下部組織化してしまっている。

地域防犯ボランティアなども、全く同じだ。

地域ボランティアを見たら、カルト教団の信者会員であると考えてほぼ間違いない。

こうした地域ボランティアは、ほぼ全て、カルト教団に乗っ取られてしまっていると考えて、間違いない。

でなければ、俺が使う駅の俺が使う出口にだけ2人もいて、他の駅や他の出口には、一切いないというのは、どう考えてもおかしい。

まともな組織なら、4つも出口があるのだから、少なくとも、4つの出口に1人ずつ配置するはずである。

でなければ、順番で、巡回するとか。

誰が考えても、俺が使う出口にのみ、2人いるなんていうことは、普通は、有り得ない。

つまり、この路上喫煙防止員が、まさに、カルト教団の下部組織で、カルトの見張り・待伏せ・嫌がらせ・付き纏い・通報などの役目だと考えられる。




乗換え駅で、エスカレータを降りると、左側のスロープの入口には、カルト系の男子高校生が待ち伏せしていた。

おそらく、カルトの見張りだと思われる。



勤務先の駅を出て、南北の幹線道路沿いの左側の歩道を北へ歩いて行くと、学校の門から、カルト系の警備員が出ていた。

ここの門にいる警備員は、100%カルト系の警備員であることがすでに判明している。


ところが、今回は、先に、俺の前を歩いていたおばあさんが、突然、振り返ってから、その警備員に大声で、挨拶し、そのカルト系の警備員も手を挙げて大声で、挨拶してきた。
2014-5-27 7-24-50 俺の前を歩いていたカルトババアが突然振り向いたところ
2014-5-27 7-24-50 俺の前で、わざと、カルトババアと挨拶するカルト警備員のじいさんたちのカルト行為

おいおい、この俺の前を歩いていたおばあさんも、カルト系だったのか?

気付かなかった。カルトババアか?

ここのカルト警備員のおじいさんは、以前から、俺が横を通ると、手を挙げて、大声で、挨拶をするというカルト行為をしてくるので、有名だった。

昨日もいなかったので、もう死んだかと思っていた。

今日、通ったら、いたので、驚いた、まだ、生きていたんだ?カルトじいさん!

まあ、そう長いことは、ないだろう!

せめて、死ぬ前くらい、正しく生きようとは、思わないのか?

見ず知らずの俺に、そういうカルト行為というか、嫌がらせというか、そういう悪質な行為をしていれば、天国へ行くことは、まずないだろうし、地獄行は、もう確定だろう!

また、生まれ変わったら、人間としての修業が足らないというので、また、人間の世界に戻されるだろうね!きっと!

人間の世界こそが、本当の地獄だからね!

何度でも、修業し直しな!

そういう悪さをするためだけで、生きていると、性格と一緒で、顔も歪んでくるよ!きっと!

そのカルトババアとカルトじいさんのカルト行為を受けて、その横を通り過ぎた。

俺の方は、とにかく、以前から、一方的にやられているだけなので、ただ、横を通り過ぎるしかできない。

完全に、待伏せ・付き纏い・見張り・合図・嫌がらせ・通報などの役目だと考えられる。

さらに、そのカルト老ペアを通り過ぎたと思ったら、今度は、前方から、以前から、同じく、カルト行為をしてくる制服を着たカルト系の地域防犯員の老ペアが歩道を歩いて向かってきた。
2014-5-27 7-24-50 待伏せしていて、わざと、タイミングを合わせて、俺に接近する老カルトペア防犯員


そして、いつものように、俺の横で、わざと、カルト警備員に大声で、挨拶をしてくるのだった。

そして、ギリギリ、すれすれに、わざと、俺の横を通って、後ろの警備員のところへ行くのだ。

しかし、死ぬ前くらい正しくいきられないものかね?

そういうカルト行為は、いつも一方的にやられるのだった。

前にも書いている通り、こういった地域防犯員などは、100%カルトの下部組織なので、防犯員という肩書は、ただの隠れ蓑で、やっていることは、実は、組織的なストーカー行為だ。
つまり、犯罪行為だ。
だって、俺に対して、完全に見張りをしながら、待伏せしていて、俺が来たら、カルト行為をして、嫌がらせをするのだ。

完全に、付きまといストーカーだ。

もちろん、犯罪である。迷惑防止条例違反である。

防犯員が犯罪をするのだ。

困ったものだ。

この組織は、解体しないとダメだ。

こんなカルト行為しかしない組織は、世の中に対して、デメリットしかない。

言っておくが、俺は、これらのカルト系の警備員やカルト系の防犯員とは、一切の面識も接点もないのだ。

何の関わりもないのに、一方的に、カルト行為をしてくるのだ。

俺にすれば、不思議でさえある。何の関係もないのに。

まあ、それが、カルト教団の組織の実態ということだ。









それから、ファミリーマートの横を通り勤務先へ向かった。

その際、ファミリーマートのある十字路を横断したら、その東側に止まっていた車を見たら、カルトナンバーだった。

結構これは多い。

カルト教団の組織が、組織的に、カルト車を俺が横断する道路に、大量に派遣しているからだ。

他の道を通っても、同じだ。どこを通っても、カルトナンバーが周囲に異常に多い状態に組織的に工作されてしまうのだった。

今回は、カルトナンバー「4499」のタクシーがいて、その仲間も、右側にいるという配置で、その俺の後ろからも、カルト系の緑と黄色の東京無線タクシーもやってきた。
2014-5-27 7-24-50 ファミリーマートの前の道路には、カルトナンバーのタクシーが

このカルト系のタクシーも多い。

商売、そっちのけで、カルト行為をしてくるのだから、呆れたタクシーたちだ。



自宅駅に着いて改札を出ようとすると、周りの人間で、歩いていかないカルト臭い人間が多数発生した。

俺は、確認の為に、一回りしてみた。

そしたら、改札の内側には、立ち止まっていて、改札を出ようとしない若いカルト男がいるのに気付いた。
2014-5-27 18-30-28 改札を出ようとしないで、立ち止まっているカルト臭い男

また、さらに、改札を出ると、改札前の壁に向かったまま、移動しないおばさんなどの不自然な人たちがいるのにも、気付いた。
2014-5-27 18-30-28 改札を出ても歩いていかないで、壁に向かうカルトおばさんたち

なんなんだろうね!

やはり、同じ電車に乗っていたカルトが多かったということか?

また、やはり、改札を出た後、壁の段差部に入って、移動しなくなったカルト臭い男もいた。
2014-5-27 18-30-28 改札を出た後、やはり、移動しないカルト男






拉致と同様に、国際的に訴えた方が効果があると思われる。

国連人権高等弁務官事務所や国連人権理事会に訴えよう!

日本では、このような人権侵害が組織的に行われていると。

拉致と同様のレベルまで、持っていくべきだと考えられる






画像などは、わざとぼかしたり、わざとはっきり写っていない画像を使ったりと、一応犯罪者のカルトに対しても、プライバシーや個人情報保護にも配慮しています。(最近警告文が表示されるので)

本当なら、悪質な犯罪行為をしているやつらなので、はっきりとした写真を載せてやりたいのだが。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR