(5/8) 帰り、社内カルト信者、カルト系の(ミニパト、警察車両、TVスタッフ、警備員)

集団ストーカー犯罪告発に関する「街宣」や「デモ」などの情報は、右側のリンクの中にあります。



カルト=実在する反社会的で危険な狂気の新興宗教団体



勧誘を事前に察知し、退避して回避したら、ターゲットにされてしまったようだ。



現在、このカルト団体から組織的に、24時間、365日、監視・見張り・待ち伏せ・つきまとい・いやがらせなどを受けている。




今日も、帰りにやってくれたね!

狂ったカルト野郎たちよ!







画像は後で







朝、

自宅駅に行くと、駅の入口前には、

カルト団体信者の路上喫煙防止員が2人いた。

ここは、4カ所出口があるが、カルトだから、俺が通る出口のみに、

待伏せしている。

もう、明らかに、カルト教団信者の見張りスパイである。

別名、カルト工作員とも言う。

カルト教団は、このように、地域の役職を進んで、引き受けるように、指示されているようで、地域の役職は、そのほとんどが、カルト教団の信者で占められているということは、100%事実である。

従って、路上喫煙防止員や地域の防犯員なども、全て、カルト団体が占めているのだ。

そもそも、普通の住民は、やりたがらないので、やりたい放題なのだ。

地域の活動が全て、カルト団体の下部組織と化しているのだから、非常に、問題である。

日本社会としては、こういう歪んだ地域活動をカルト団体から取戻し、正常な状態に戻す必要があると思う。

本来、地域活動は、宗教団体のものではなく、一般市民のものである。






勤務先に着いて、いつものように、歩道に出ると、なにやら、

カルト系のテレビスタッフが、待伏せしていた。

そして、横道を曲がると、山ほど、機材を積んで、俺が通る路肩を通れないように、わざと、妨害していた。

それで、反対側へ行くと、今度は、猛スピードのカルト系の自転車が、歩道に入ってきて、

ひき殺されそうになったが、危うく、回避できた。

仕方なく、また、カルト系の業者の機材が塞いでいる側の歩道を歩いていった。


そして、畑の南側の道路に行くと、ここにも、カルト団体の工作車と思われる大きなキャピングカーのような車が止まっていて、やはり、道路の片側の路肩を塞いで、妨害していた。

その車の前には、カルトの男女が立っていて、俺が、行くと、なにやら、動き出した。

完全にカルトの待ち伏せ・見張り・監視要員である。


こんな裏側まで、工作車を配置してまで、たった俺一人に、工作をするとは、やはり、オウム以上に、狂気の団体である。

TV局が、わざわざ、俺が降りる駅で、待伏せしているとは、TV局も、かなり、カルトの支配下にある証拠である。

TV局でも、自然分布でも、5%は、カルト狂団の信者社員である。

しかし、カルト団体は、警察などと同様に、優先配置をしているので、実際には、

TV局の人員の約1割以上は、カルト狂団の信者である。

だから、TV番組を使ったいやがらせや仄めかしができるのである。

今回、この駅近辺に来ていたTV関係者のほとんどは、カルト信者であると考えられる。










帰り

玄関へ向かうと、やっぱり、カルト女たちが、中央階段周辺で、待伏せしていて、

守衛の入口前にいるカルトデブ女が、連絡しているのがわかった。

すると、案の定、玄関を出ると、カルト系のミニパトや警察車両が走ってきた。

やっぱり、来たよ。



そりゃーそうだ!


玄関で、待伏せしていて、俺が出て行くのを、もろ、連絡しているのだから、


カルト系の信者警官たちが、近くで、ミニパトや警察車両で、待機していて、連絡を受けて、タイミングを合わせて、

走ってきたのは、100%間違いない。

これは、俺の命を懸けてもかまわない。


もし、俺が、このカルト女が玄関にいたので、出るのを一旦止めていれば、遭遇はしていない。


明らかに、俺が玄関を出るのを通報して、タイミングに合わせたからできたのは、間違いない。








また、畑の南側に行くと、カルトの車が何台も止まっていて、完全に待伏せしていた。

人も、6,7人くらいは、待伏せしていたと思う。


そして、俺は、おそらく、横を通れば、工作してくるだろうと思ったので、別な道を通った。


すると、回避されたと思ったのか、その道の出口で、やられた。

不必要な、車の移動をしてきて、完全に、通行妨害をしてきたのだ。


こいつらは、100%カルト狂団の信者たちだったのだ。


そういう工作をする為に、朝から、帰りまで、待伏せしているとは、

オウム以上のキチガイ集団である。



こういうキチガイ集団なのに、大学や高校まで、持っていて、政党さえ持って政権の一翼を担っているのだから、あきれる他はない。

政教分離の憲法違反である。

日本人たちは、どうしてしまったのだ。

悪魔に魂でも、売ってしまったのか?




その車の不必要な移動による攻撃をかわして、駅に向かった。

そして、駅前の歩道に行くと、

そのカルト系のTVスタッフが、まだ、仕事をしているらしく、道路には、

カルト系の警官のような制服を着た警備員が2人立っていた。

被害者が遭遇する警備員は、そのほとんどが、カルト系の警備員である。

なぜなら、カルト団体が、そのように配置するからである。

しかし、こんなカルト組織が、朝から、帰りまで、工作しているとは、オウム以上に執拗で危険な狂気の団体である。



本当に取り締まる必要があると思う。


しかし、その取り締まる警察も1割以上は、信者になってしまっているから、どうしようもない。



一体、誰が、ここまで、放置したのだろう!



正に、韓国と同じである。

カルト団体と公共機関の癒着である。

韓国の情報局の局長がカルト団体の信者であったらしい。



全く、日本の現状も韓国と同じである。


これは、なんとか、せにゃーあかんでしょ!









というわけで、今日は、かなりの人数のカルト団体の工作に遭った。

それも、またもや、警察などの公権力内部の信者たちの工作にもあった。









このような緊急車両を使った集団ストーカー行為は、カルトに事実上、殺されたに等しい、自殺に追い込まれた、女性タレントの清水由貴子さんが、生前、インタビューに答えていたことと、一緒だ。


(AGSAS)さんのサイト「An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)」よりの抜粋です。

その音声は、下記のリンクにあります、聞いてみて下さい。

「清水由貴子さんが訴えていた真実」(WMVファイル)

また、文章化したものは、下記のリンクにあります。見てみて下さい。

「清水由貴子さん音声反訳」(PDF版)

彼女の死を無駄にしないで下さい。

俺も全く同じ人権テロ行為を受け続けています。

彼女を死に追いやったカルト宗教団体の責任は重大であり、重罪にあたる。

それは、今でも、俺を含む他の多数の人に行われている。

厳罰に処する必要があると思う。

日本は、法治国家として、このカルト宗教団体に、それ相応の償いをさせなければならない。





また、同じような異常なまでの緊急車両のつきまといを受けていた方のブログもある。

「ある日突然、集団ストーカーの被害者に」より抜粋。

警察関係のつきまといは、下記のリンクから見てみて下さい。

警察の付きまとい 大津いじめ問題と集団ストーカーなど

集団ストーカー(ガスライティング)に加担する消防と警察


このように、現実に、起きている「事実」である。

このように、実際に行われている「犯罪」である。


それは、フランスなど海外でもカルトに指定されている日本の危険で反社会的な新興宗教団体である。



こういう狂った団体には、破防法を適用するしか方法がないと思う。


被害者は、1000人以上はいると考えられる。


これは、現実の日本で、行われている悍ましい裏社会の現実である。

すでに、日本の消防署員や警察官の約1割以上は、このカルト信者になってしまったと言われている。

なぜなら、カルト団体が優先して、潜入を図っているからである。

また、地域の住民組織や防犯組織なども、すでに、カルト団体に乗っ取られていると言われている。

まずは、この遭遇工作&つきまといストーカー犯罪をしているカルト系の消防署員と警察官を、逮捕すべきである!




公安調査庁殿


組織犯罪対策部殿


公安部殿


警察庁殿


検察庁殿






今回の緊急車両の動員も、明らかに税金の無駄遣いである。

市民オンブズマンのみなさん!

これだけ、頻繁に、無駄な出動と税金の無駄遣いをしていることを是非追及してほしい!














拉致と同様に、国際的に訴えた方が効果があると思われる。

国連人権高等弁務官事務所や国連人権理事会に訴えよう!

日本では、このような人権侵害が組織的に行われていると。

拉致と同様のレベルまで、持っていくべきだと考えられる





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR