(4/18) 緊急車両、救急車、パトカー

集団ストーカー犯罪告発に関する「街宣」や「デモ」などの情報は、右側のリンクの中にあります。






画像は、時間が取れたら貼ります。




いやー、やってくれたな!
カルト野郎!

金曜日と月曜は、工作が多くなる傾向があるが、やはり、そのようだ。

カルト系の緊急車両のオンパレード遭遇工作

カルト系の緊急車両の待ち伏せ・付き纏い。

不明緊急車両、救急車、パトカー










まず、朝


相変わらず、勤務先の改札前には、カルト臭いヒトたちが、あちこちに、立っていた。



そのせいか?


駅を出て、小学校の手前を曲がろうとすると、

なにやら、小学校の前に、赤色回転灯が見えた。

それが、パトカーだったのか?救急車だったのかは、不明!


いずれにしても、カルト教団組織が小学校の門の前あたりに、緊急車両の待伏せを工作したのは、明らかだ!


俺が、ちゃんと、通る道を選んで、その前方に当たる場所に、緊急車両を配置して、遭遇させようと画策したものと思われる。


そして、住宅街へ入っていって、歩いていると、


向い側から、男の子連れのカルトや女の子連れカルトたちが、道にいて、こっちに向ってきた。


それを見ていたら、丁度、正面の方向の道路を、西から東方向へ、


赤色回転灯を回しながら、救急車が、通過していった。


いやいや、こんな横道を歩いてある俺に、ぴったりとタイミングを合わせて、遭遇させてきた。

当然、カルトの工作以外では、絶対に、こんな一瞬に合うことは、不可能である。

よって、カルトによる緊急車両を使った付き纏いであることは、明らかだ。


それにしても、こんな裏の横道を歩いている俺の見ている前方の一瞬に合わせてくるのだから、たいしたカルトの組織力だ。



それから、公園へ向かったら、公園の中は、子連れのカルトたちだらけで、不気味だったので、回避することにした。

ベンチにも、カルトが座っているし。

このローソン裏の公園は、カルト教団信者たちの巣窟と化していた。










帰り


玄関に向うと、休憩所の前には、中央階段側にカルト系の男が、待ち伏せしていて、

その向いに、女のカルトがいて、話しをしているフリをしながら、見張りをしているのは、明らかだった。

普通の人間は、こういうところに、長時間いることは、まずない。


もし、長時間いるとしたら、100%カルトの見張り以外ではありえない。

つまり、この2人は、100%カルトの見張り工作員だ。




以前にも、玄関の真ん中の壁付近に、電話をしているカルト男がいて、完全に、見張りをしていた。

そして、俺が、セキュリティーゲートを出ると、このカルト男も、わざと、付き纏っているのを暗示させる為に、出てきた。

この男は、100%カルト信者である。

不自然な行動をしているので、見ていると、こいつが、普通の人間かカルトかは、十分見分けがつく。

こいつは、100%カルト信者である。


この男と、今日、中央階段と休憩所の間で、待ち伏せしている風の行動をしていた男は、同じ男である可能性もある。


この時、俺が、玄関に向うと、やはり、合わせて出てきたのも、また、カルト臭い女だった。


こういうやつらのせいかも知れないが、門を出た後、パトカーが待っていて、遭遇工作をしてきたのも頷ける。



というわけで、その社内カルト男女の見張りがいたので、通報されたのは、確かだ。

また、カルト臭い女が、出ていったが、全く、俺と同じような移動をしていたので、


この女が合図をすれば、タイミングは、合うかもしれない。


つまり、この女が勝手口の門を出ると、丁度、俺も正門を出るタイミングになっていた。

前回も、カルト女にタイミングを合わせられてしまったが、今回もやられた。


そして、俺が、正門を出て、会社の横道へ向かうと、丁度、その向かった先の斜め道路に、パトカーが、赤色回転灯を回しながら、信号で、待ち伏せしていた。


完全に、俺を、カルト系のパトカーが待ち伏せしていたのだ。

ほんの少しタイミングずれただけで、遭遇しないばすなので、

こういう風にぴったりとタイミングがあっているということは、通常、絶対に有り得ない。

社内カルトの連絡などの連携で、タイミングを図って、遭遇させたのは、確実である。

そういう遭遇工作を、カルト宗教団が組織的にやっているのは、事実である。

フランスでは、危険なカルト団体と指定されて、監視対象になっているくらいだ。

それは、そうだ。

国家権力の一部を乗っ取って、組織的なストーカー犯罪行為をしているのだ。

警察信者もいるし、消防信者もいるこんな狂ったカルト団体は、他にない。

オウム真理教や暴力団以上の危険団体である。









このような緊急車両を使った集団ストーカー行為は、カルトに事実上、殺されたに等しい、自殺に追い込まれた、女性タレントの清水由貴子さんが、生前、インタビューに答えていたことと、一緒だ。


(AGSAS)さんのサイト「An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)」よりの抜粋です。

その音声は、下記のリンクにあります、聞いてみて下さい。

「清水由貴子さんが訴えていた真実」(WMVファイル)

また、文章化したものは、下記のリンクにあります。見てみて下さい。

「清水由貴子さん音声反訳」(PDF版)

彼女の死を無駄にしないで下さい。

俺も全く同じ人権テロ行為を受け続けています。

彼女を死に追いやったカルト宗教団体の責任は重大であり、重罪にあたる。

それは、今でも、俺を含む他の多数の人に行われている。

厳罰に処する必要があると思う。

日本は、法治国家として、このカルト宗教団体に、それ相応の償いをさせなければならない。





また、同じような異常なまでの緊急車両のつきまといを受けていた方のブログもある。

「ある日突然、集団ストーカーの被害者に」より抜粋。

警察関係のつきまといは、下記のリンクから見てみて下さい。

警察の付きまとい 大津いじめ問題と集団ストーカーなど

集団ストーカー(ガスライティング)に加担する消防と警察


このように、現実に、起きている「事実」である。

このように、実際に行われている「犯罪」である。


それは、フランスなど海外でもカルトに指定されている日本の危険で反社会的な新興宗教団体である。



こういう狂った団体には、破防法を適用するしか方法がないと思う。


被害者は、1000人以上はいると考えられる。


これは、現実の日本で、行われている悍ましい裏社会の現実である。

すでに、日本の消防署員や警察官の約1割以上は、このカルト信者になってしまったと言われている。

なぜなら、カルト団体が優先して、潜入を図っているからである。

また、地域の住民組織や防犯組織なども、すでに、カルト団体に乗っ取られていると言われている。

まずは、この遭遇工作&つきまといストーカー犯罪をしているカルト系の消防署員と警察官を、逮捕すべきである!




公安調査庁殿


組織犯罪対策部殿


公安部殿


警察庁殿


検察庁殿




国際的に訴えた方が効果があるかもしれません。

国連人権高等弁務官事務所や国連人権理事会に訴えましょう!

日本では、このような人権侵害が組織的に行われていると。











帰り

会社の横の道を歩いていくと、後ろから、カルトナンバーの車が現れた。

「2266」こんな感じだった。

また、ファミリーマートの駐車場の十字路側の角に、カルトナンバー車が止まっていた。

「1818」こんな感じだったと思う。







勤務先の駅に着くと、やはり、改札の前には、不自然な、ヒトたちが、待ち伏せしていた。

その中のデブ女が、また、タイミングを合わせてきた。

また、改札の前で待っていたのに、俺が、改札を入ると、なぜか、合わせて、入るという不審な行動をしてきた。

やはり、この女は、カルト女である。









電車の中でも、カルト丸出しのKY子連れカルトババアが、わざと、俺のいるドアから乗ってきて、発車すると、始った。

早速、カルト特有の大声で、バカ丸出しなことを言ってきた。

次の駅で、別な車両へ移動したのは、言うまでももない。

こんなカルトと一緒の車両にいると頭が腐る。







自宅駅を出ると、出口には、カルト信者の見張り男がいた。


また、セブンイレブンの入口にも、また、カルトの見張り男女がいた。
2014-4-18 19-29-19 セブンイレブンの入口で見張りをしているカルト男女h

男の顔は、店内の方向を向いているのだった。

実は、カルトの見張りである。


話しをしているフリをしているのは、明らかだった。

とにかく、俺が、店から出るまで、入口で、待ち伏せをしていた。




また、セブンイレブンの中には、カルト女たちが、複数いて、

また、不自然な行動をしていた。

ただ、棚の前に立って、何も買わず、移動もせず、人が買うのを見ているカルト女がいた。
2014-4-18 19-29-19 セブン店内で、長時間、棚に向かって立っているだけのカルト見張り女h


さらに、2人連れの親子のような女2人も、俺が弁当を買おうとすると、しつこく、その場所から、離れなくなった。

こういう、居座りのような行動をとるのは、ほとんどの場合、カルト信者の工作である。


だから、俺は、こいつらカルトのしつこい付き纏いを回避して、他のものを買うことにした。






また、俺が、ポテト菓子を買っていると、左の棚の陰には、カルトの見張り女が立って、陰から、見ていたし、

一方、逆の俺の右側の背中側の棚の端にも、カルトの見張りのような男がいて俺の様子を見ていた。

つまり、俺を挟んで、右と左の両方の陰に、カルトの見張りのような男女がいたことになる。


どうみても、不自然な女と男だ。

もし、俺を、万引き犯とでも、思って陰から見ていたのなら、名誉棄損で、訴えてやる。

ふざけるな!といいたい!

俺は、生まれてからこのかた、万引きをしたことなんて、一度もない。

生徒時代だって、補導さえされたことはない。

こいつらの顔は、確保した。

それは、こいつらだ。

右側の棚の陰に隠れてみていた女が、この女だ。
2014-4-18 19-29-19 セブン店内で、なぜか、棚陰に立つ不審な女hb
この女、なぜか、手を胸に入れている。



一方、俺の後ろの棚に隠れて、見ていた男がこの男だ。
2014-4-18 19-29-19 セブン店内で、俺の左後ろの棚陰にいた不審な男h


まあ、両方とも、カルトの信者の見張りであると思われるが。


俺が、セブンイレブンに入ると、こういう不自然な女や男がいたりするので、カルト信者が相当いるのは、間違いない。



とにかく、それから、弁当コーナーに行っても、まだ、カルト女は、いた。


いったい、いつまで、眺めているんだ?


買わないなら、どけ!


しつこい、待ち伏せ・付き纏いカルト女だ。


このお弁当コーナーの付近には、やたら、カルト女たちが、たむろしていた。
2014-4-18 19-29-19 セブン店内で、不審なカルト臭い女たちhh

不自然なので、すぐにわかる。



買わないで、ただ、棚を向いて、立っているだけなのだ。
2014-4-18 19-29-19 セブン店内で、棚から動かない不審なカルト臭い女たちh

当然、そんなのは、普通の人間ではないのは、明らかだ。

別な目的を持っているから、買わなのに、ただ、棚の前に立っているのだ。

そんなのは、カルト以外には考えられない。




何度もフェイントをかけてから、セブンを出て、裏側に行くと、真っ暗な中、裏側にも、ガードレールに座って待ち伏せしているおっさんがいた。

携帯で、話しをしていた。

完全に、カルトの見張り通報者だ。


いやー、今日は、多かったな!

カルトの工作が。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR