(3/11) カルト警官とカルト信者の待伏せ

集団ストーカーに関する「街宣」や「デモ」などの情報は、右側のリンクの中にあります。







エレベータに乗ろうとすると、まるで、ラッシュのような状況になった。

二回ボタンを押したが、二回とも、上へ行ってしまった。

カルトがやっているだろうことは、想像に難くない。

俺が行く時間にのみ、みんなが集中することは、通常有り得ない。





勤務先の駅に着いて、改札を出ると、また、いた!

本当にしつこい!

また、おばさんカルト信者工作員が2人!
2014-3-11 8-24-3 改札前のカルト女二人組s
この左側が最も悪質で、俺をずっと監視している方だ。

さらに、その左横には、カルト系のお巡りもいた。

時間は、8:20~8:40の間だ。

いつも、カルトの見張りは、だいたいその時間にいる。

完全に、改札前が、カルト信者のオンパレード状態だった。

カルトおばさんが2人立っていて、お互いに向い合って、立っていて、改札の方は、2人とも見ていない。

左側のおばさんは、駅を出ていく、俺の方を向いているのだ。

つまり、誰かが駅から出てくるのを待っているわけではないのだ。

つまり、誰も待っていないのに、改札前で、毎朝、待ち伏せと付き纏いのストーカー行為をしているのだ。

このおばさんカルトたちは、年齢が、40歳台か50歳台から60歳台くらいだ。

この2人が、カルト教団の信者なのは、ほぼ間違いない。




今日は、カルト系のお巡りまで、動員したようだが。

所謂、「草加警察」だ。


カルト系のお巡りは、若かった。
たぶん、20歳台くらいだと思う。


俺が改札を出る時に、丁度、カルトおばさんたちの左側に並んでいて、正に、俺を、待ち伏せしていた風だった。

完全に、警官が、一個人を待ち伏せ&付き纏いをしているのだ。

これは、犯罪である。カルト系の警官は、平気で、ストーカー犯罪でもするのだ。

そして、俺が、駅を出て行くと、走って、このカルト系のお巡りも出て行った。

わざと、俺を脅かす為に、待ち伏せしていたものと思われる。

あるいは、カルトババアの2人組に頼まれたのだろう!

カルトを公職につかせるから、こんなことになるのだ。

海外では、法律で、カルトは、公職につけないようになっているのに。

日本は、本当にマヌケだ。




お昼前に、売店に行くと、廊下の中の西の端に、カルト系の色黒警備員がいて、俺が行く、振り向いていた。

まるで、見張っていた風だ。

しかし、中は、監視対象の場所ではない。

お前らの仕事場は、外だろう!

どうして、中にいるんだ?

流石は、カルト系の警備員だ。

彼らにとっては、業務命令違反でも、関係ないらしい。









帰り

俺が、更衣室へ行くと、また、例のカルトババア3人組が待ち伏せしていた。

時間は、18:05~18:20くらいだ。

とにかく、俺が帰るまでは、必ずいる。

年齢は、40歳台から50歳、60歳台くらいか。

年齢は、バラバラな感じだ。

一番背が高い細身のカルトババアが、こっちを、ガン見していた。

この背が高いカルトババアは、40歳台から50歳台くらいだ。

いつも、喫煙所の入口前、荷物用エレベータの横、の休憩所前に、たむろしているのだが。

別に、誰を待っているというわけでもない。

駅の改札前で、待ち伏せしているカルトババアたちと同じである。


とにかく、ただ、俺を、待ち伏せ&監視&通報&付き纏いストーカーをしているのだ。





門を出る時にも、おいおい、また、カルト系の色黒年配警備員か?

敷地の北西の角には、その角に立ってあちこち見て、いかにも、見張っている風の演出をしているカルト男がいた。

つまり、どこにいても、見張っているぞと、示しているのだろう!

わざとらしい。




また、畑の周りを歩いている時にも、変なおっさんが、歩いて来て、鉢合わせになった。

付き纏いストーカー風だった。

結局、近い距離のまま、駅についてしまった。






自宅に着いて、宅配物をBOXから取っていると、


ほらほら、また、タイミングよく、入ってきたよ!


先日と同じだ。


俺が、セブンイレブンに寄っても寄らなくても、俺が玄関にいると、タイミングよく入って来るんだから、不自然極まりない。

有り得ないことだ。

このカルト女は、身長が170cmくらい。

14階で降りたので、14階に住んでいるのか?


「14階の背高カルト女」と名付けよう!







P.S

最近、毒でも、盛られているかもしれない。

というのは、体がだんだん、動かなくなってきているのだ。

無理に動かすと痛い。

ひょっとすると、水道水や飲食物に、毒でも、入れられているかもしれない。

あるいは、上下左右の部屋から、放射線でも、あびせられているのかもしれない。



とにかく、この被害にあった当初は、足が痒くて、知らない間にかいてしまい。

気づくと、足が血だらけになっていたのだ。

この時は、マイクロ波でも、照射されたかもとも思った。

こんなことは、この被害者になるまでは、なったことがない。

過去には、そういうことはなかったので、彼らは、何らかの遠隔での攻撃もしてくる可能性も否定できないと思われた。

彼らカルト教団は、大学を持っているので、そういう研究も十分できる環境であることは確かだ。

とにかく、狂った団体なので、何をして来るか、わからない怖さがある。

正常な人間の集団ではないことは、明らかだ。



体が、段々、動かなくなってきているのが、
ちょっと、心配である。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR