(3/7) カルトの見張り多数出現

集団ストーカーに関する「街宣」や「デモ」などの情報は、右側のリンクの中にあります。








部屋の玄関に行くと、サイレンが鳴った。

裏から出ると、駐車場には、タイミングよく、男がいた。







乗り換えのM駅の下り線ホームの東西二つの階段の内の東側の下り階段の入口両サイドに、中年カルト男女の見張りがいた。
右側の女の方は、50歳台から60歳台くらいだった。
左側の男の方も、同じくらいに見えた。

階段の両サイドの欄干に、2人共、同じように肘をついて、階段へ来る人を見張っていた。

階段の両サイドで、見張っているなんていう人は、当然、普通の人間ではないことは明らかだ。

こんな人間は、普通は、いないので、カルトの見張りであることは、明らかだ。






さらに、階段を下って、通路を歩くと、さっきまで、通路に止まって待ち伏せしていた風のカルト臭い女3人組がいた。

俺が、歩いていくと、俺を見て、動き出したようだった。

普通の人間は、乗り換え通路で、留まっている人はいないので、カルトだと思われる。

20歳台くらいの女3人組だった。

この人数もカルト臭い。





勤務先の駅で、降りて、改札を出ると、100%カルトだと判明しているおばさんの2人組がまた、見張りについていた。

左側には、東南アジア系の男女が複数名いて、なぜか、俺が、駅を出ると、合わせて、出て行った。

ひょっとすると、そのタイミングからすると、左側のカルト女たちが動員したのかも知れない。


あまりに、タイミングが合い過ぎている。




左側のカルトおばさんたちの年齢は、50歳台くらいである。

このおばさん2人組カルト信者は、改札の前に左側にいつもいる。

そして、いつも俺が、駅を出て行く最後まで、目で追っているのだ。

普通の人間は、俺を、出るまで、目で追う人間はいない。

その時は、改札の方ではなく、完全に、駅を出て行く俺の方を向いているのだ。

つまり、改札に対して、90°まで、体を回しているのだ。

これでは、改札から、出て来る人を、待っているのではないことが、明らかである。

よって、このおばさんたちは、100%カルト教団の信者の監視役であることは、明白である。




帰り

セブンに寄ってから、マンションの玄関へ入ったら、また、タイミングを合わせたカルト臭い女が先に入っていった。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR