(1/30) パトカー、救急車

集団ストーカーに関する「街宣」や「デモ」などの情報は、右側のリンクの中にあります。











駅に入って行くと、なぜか、また、女が前を、歩いていた。

どうも、うさん臭い。

カルトの工作臭い。



途中省略





勤務先の駅に着くと、改札の前には、カルトの見張りらしき人たちが。


東側の歩道を歩いて行くと、

俺が公園に近づくと、案の定、カルトの妨害車両が公園の横道から出てきた。


そして、陸橋の横の道の奥を見ると、不気味に、カルトの見張りらしき人たちが。

2人組のカルトが、2チームいた。

当然、道の奥から、こっちを見ていた。

さらに、ここを通り過ぎて、斜め道路に行くと、


今度は、例の黄色の清掃員にカモフラージュしたカルトの見張り要員が、
また、わざと、俺の前に出てきて、妨害清掃をするのだった。

このカルトじいさん、死んでも天国には、絶対に行けないね。
俺が保証してやるよ。
だって、いい歳して、他人への嫌がらせをしているんだもの。
人間としての修業が何の為にもなっていないことは明白。

このじいさんの地獄行は、確定だな!

一旦、地獄へ送り、魂も死んだら、また、人間の世界へ修業に出すだろう!




さらに、西側の歩道に渡り、俺が、立体交差点方向へ歩いて行くと、

絶妙なタイミングで、その立体交差点の側道沿いのマンションの住人が出てきた。

おそらく、カルト団体は、信者をこの俺の通勤途中にあるマンションに送り込んだようだ。

俺が、横を通ると、丁度出て来るなんてことが何度もあって、カルト信者の工作員である可能性が高い。




それから、勤務先の門を入ると、壁際に、カルト系と思われる工事業者の作業員が複数名いて、

俺が、来るのを待伏せしていたようで、俺が、玄関へ向かうのに、タイミングを合わせて、

自分たちも、玄関へ向かうという「つきまとい」ストーカー行為をしてきた。

もう、何度も、やられている。

工事業者の作業員の複数名が、カルト信者の工作員であることは、明らか。

今日も、俺が来るまで、待っていて、俺に合わせて、入っていった。


そして、俺は、そのつきまといを回避するために、逆方向へ曲がった。

それから、また、玄関前を通って、更衣室へ行こうとすると、

また、そのぴったりのタイミングで、別な作業員がまた、入ってきて、俺の前を歩いた。

完全に、俺に対して、「つきまとい」ストーカー行為をしている。




また、お昼、お弁当を買いに行くと、

品がない浮浪者か犯罪者のような顔の警備員が、西側の廊下の端のガラスの内側にいて、

俺を見張っていたようで、売店に行く俺に付きまとってきた。

この警備員は、50歳台から60歳台くらいである。

どうして、こんな犯罪者のような風貌の警備員を使っているのだ。

こいつの方が、不審者のようで、別の警備員を呼びたくなる。




最近、あまりに、タイミングが合うので、おかしいなと思っていたら、

完全に、待ち伏せしていて、付き纏っていることがわかった。

おそらく、この警備員は、カルト信者の工作員だと思われる。












帰り



また、5時半頃になると、吹抜けのエレベータの前あたりにカルト女たちが、角から、体を半分だけ出して、

廊下の見張りをしていた。

また、西側へ行くと、カルト女たち3人が、階段を上がってきた。

待ち伏せをしていたかもしれない。

どうもおかしい。

誰かが、通報していなければ、こんなに、ぴったりのタイミングで来るのもおかしい。




また、一階から、玄関へ向かおうとすると、売店と玄関ホールの間の廊下で、

社内カルトの男たちが、5,6人、たむろして、待ち伏せしていた。

完全に、集団ストーカーである。

時間をおいて、2回、トライしたが、全然、移動しないので、カルトと断定。


諦めて、2階に行くと、今度は、2階の廊下を、カルトの男たちが、5,6人で、

集団ストーカーをしてきた。


このように、18:00以降、廊下に多人数でいるのは、100%カルト信者たちであると考えて間違いはない。

今回は、男たちであったが、普段は、女3人組の2チームで待伏せしている。


さらに、更衣室へ行き、コートを着て、出てきて、玄関を出ると、出たところの右側に、

社内カルトの男たち2人が、立っていて、待伏せしていた。


さらに、門の方へ行くと、なんと、真っ暗な中、隣との敷地の堺の壁には、カルトの見張りと思われる人物が立っていた。

結構、不気味だった。

たった1人で、暗い中、立っているんだもの、そりゃー、不気味だよ!

普通、そんな壁に人は、いないからね。

当然、普通の人間ではない。

カルトの見張りである可能性が高い。





斜め道路に入ると、すかさず、カルト車が入ってきて、俺の後ろについてきた。


公園の中を通ると、案の定、ベンチ付近には、カルト男2人がいて、俺の歩きに合わせて、

近づいてきた。

また、裏を歩いて行くと、異常に、カルトのような連中が対向してきた。



駅に着くと、やはり、カルトの見張りのような人たちが改札前に立っていた。





途中省略






自宅駅に着いて、セブンに寄った。

そして、一旦、全てのレジ打ちを終えると、


俺が出て行くと思って、店内にいたカルトが、通報したらしく、


サイレンが鳴って、外を、パトカーが走った。



それから、追加の注文をして、清算を終えて、出て行くと、


今度は、サイレンが鳴って救急車が走ってきた。

100%カルト系の救急車である。

完全に、カルトの通報によるものだ。

まず、怪しいのは、後ろのレジに並んでいたBBAが携帯で話をしていた。

また、入口の左横にいたおばさんが、マスクをして、顔が見えなくなっていた。

このおばさんもカルト臭い。


また、ATMなどがある一番奥にいた男たちだ。

普通、買物をするのに、店内全体を見るような態度は、とらないものだ。

ところが、この男たちは、一番奥にいるのに、俺のいる出口方向を見ていたのだ。

とても、不自然だ。


それから、買物を先に終えたBBAが、入口の外の左側にいた。

このBBAもカルトの可能性がある。


とにかく、俺が、ここのセブンに寄ると、たぶん、店内の客の半分は、カルト信者たちであると思われる。

そして、出ようとすると、必ず、緊急車両が走って来る。


もちろん、カルトの見張りと通報者たちと救急車の連携プレイだ。



今日は、出入口方向へ向かった二回とも、サイレンがなって、緊急車両が走ってきた。

つまり、俺が、出口へ向かうと、来るのだ。

自然では、絶対にこんなことは、有り得ないので、100%カルトの工作であるのは、間違いない。




このような緊急車両を使った集団ストーカー行為は、カルトに事実上、殺されたに等しい、自殺に追い込まれた、女性タレントの清水由貴子さんが、生前、インタビューに答えていたことと、一緒だ。


(AGSAS)さんのサイト「An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)」よりの抜粋です。

その音声は、下記のリンクにあります、聞いてみて下さい。

「清水由貴子さんが訴えていた真実」(WMVファイル)

また、文章化したものは、下記のリンクにあります。見てみて下さい。

「清水由貴子さん音声反訳」(PDF版)

彼女の死を無駄にしないで下さい。

俺も全く同じ人権テロ行為を受け続けています。

彼女を死に追いやったカルト宗教団体の責任は重大であり、重罪にあたる。

それは、今でも、俺を含む他の多数の人に行われている。

厳罰に処する必要があると思う。

日本は、法治国家として、そのカルト宗教団体に、それ相応の償いをさせなければならない。





また、同じような異常なまでの緊急車両のつきまといを受けていた方のブログもある。

「ある日突然、集団ストーカーの被害者に」より抜粋。

警察関係のつきまといは、下記のリンクから見てみて下さい。

警察の付きまとい 大津いじめ問題と集団ストーカーなど

集団ストーカー(ガスライティング)に加担する消防と警察


このように、現実に、起きている事実だ。

このように、実際に行われている犯罪である。


それは、フランスなど海外でもカルトに指定されている日本の危険で反社会的な新興宗教団体である。



こういう狂った団体には、破防法でも適用する必要があると思う。


被害者は、1000人以上はいると考えられる。


これは、現実の日本で、行われている悍ましい裏社会の現実である。

すでに、日本の警察官や消防署員の約1割以上は、カルト信者になってしまったと言われている。

なぜなら、カルト団体が優先して、潜入を図っているからである。

また、地域の住民組織や防犯組織なども、すでに、カルト団体に乗っ取られていると言われている。

まずは、この遭遇工作&つきまといストーカー犯罪をしているカルト系の警察官と消防署員を、逮捕してほしい!




公安調査庁殿


組織犯罪対策部殿


公安部殿


警察庁殿


検察庁殿








よくも、やってくれたな!

この[せいべい」カルト団体!



オウム真理教より悪質なカルト団体


お前ら、600万人、全員、地獄に落ちろ!

呪ってやる!

警察と消防にいるカルト信者は、死ね!


特に、俺に対して、工作をしているやつらは、不幸に見舞われるだろう!






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR