(1/9) カルトたちのカルト行為



エレベータを降りると、

中年女性の管理人が丁度、玄関から入ってきた。

この丁度、入ってくるというタイミングがカルト臭い。






勤務先の駅に着くと、相変わらず、変なカルトの見張りのような人間たちがいた。

そして、東側の歩道を歩いて行くと、また、陸橋の陰から、ぴったりのタイミングで、カルト系の防犯員のような紺色のお揃いの制服で、年配の男女が出てきて、陸橋に上がっていった。

完全に、つきまといだ。こんなタイミングは、偶然では、有り得ない。

俺が、ここを通る時間は、バラバラだ。相当ばらついているはずだ。

ところが、俺が、陸橋の横を通ると、必ず、制服を着た、防犯員や清掃員のような老人たちが出てくるのだ。

当然、偶然では、そんなことは、起こり得ないことは、明らかだ。

ということは、このカルト系の制服老人たちが、陸橋の陰で、俺を、待ち伏せしていて、出て来ているのは、明らかだ。

つまり、完全に、待ち伏せ&付き纏いストーカー犯罪行為だ。

こういう防犯員のような制服を着た人間が、実際は、こういう犯罪者なのである。それが現実だ。

それは、なぜか?というと、防犯組織のほとんどは、カルト宗教に乗っ取られてしまっているからだ。

もはや、カルト宗教団体の下部組織なのだ。

だから、防犯関係者なら、カルト宗教の信者で、集団ストーカーの加害者と考えてもいいくらいなのだ。

よって、今回の紺色の制服もタイミングといい、同様であるのは、間違いない。

しかし、いい歳をした老人が、間もなく、天国に行くというのに、わざわざ、悪事を晩年して、地獄に往きたいのか?

本来こういう歳のひとたちは、全ての年下の人たちの見本やお手本になる行動をすべきなのだが、情けない限りだ。

可哀想でさえある。






帰り

更衣室に向うと、俺を見て例のカルト女三人組の内、2人が、さーと、喫煙室に入っていった。

完全に、カルトなのがわかる。

俺は、このカルト女たちとは、一切面識がない。

先日、このカルト女たちのことを書いた。

だから、このカルト女たちが、俺のブログを呼んでいれば、そういう行動をとることもあり得る。

普通の女は、俺のカルトブログなんて、読むやつはいない。

なのに、こいつらは、読んでいる可能性が高い。

よって、この女たちは、カルトである可能性が極めて高いことがわかる。

やはり、これで、帰り、このカルト女たちが待ち伏せをしていたことがはっきりした。





駅に到着すると、相変わらず、改札前には、カルト系の見張りのようなやつらがいた。子供もいた。

また、改札の内側にも、カルトの見張り女と見張り男がいた。

改札の横にいるのだから、普通の人間ではない。

普通、改札の内側で、改札を見ながら、ずっと立っている人間はいない。

カルトの見張りである可能性が極めて高い。








そして、ホームに行くと、ずっと、俺の方を見ながら、携帯をしている中年のカルト系の見張り男がいた。

俺が、故意に近づいていくと、顔をそらした。

間違いない。この男は、カルトだ。

おそらく、この男が、乗る電車を通報していたと思われる。

そのせいで、後で、俺が電車に乗ると、丁度そこに、大声を出す、知的障害者のフリをしている中年男が座っていたのだ。

完全に、乗る電車と乗る位置も通報されたようだ。





電車に乗ると、電車の中に、カルト信者かカルト信者からの依頼で、変な知的障害者のフリをして、大声をを出している中年男がいた。

完全に、俺を狙ったカルト系の工作であることは間違いない。

「今に、見ていろ!」と言っていた。

何かしてくる可能性がある。

完全に、カルト宗教団体の「強迫」に当たる。









途中、電車のドアが開くと、JK数名が、手を振っていた。

完全に、カルトのアンカリングだ。

もちろん、別な仲間に振っているフリはしている。

しかし、俺が乗っているドアの前でやれば、立派なカルト行為だ。

俺が乗っている位置は、カルトたちによって、常に通報されて、共有されていることは、分かっている。

そうすると、こんなこともできるのだ。







自宅駅のi駅の北西出口を出ると、出口前には、カルト系の痩せた中年男が、待ち伏せしていた。




また、その後、セブンイレブンに入って、お弁当を買おうとすると、変なカルト臭い女が、俺が買うのを、不自然に、覗き込んできた。






マンションに着いて、ポストを見てから、宅配BOXへ行こうとすると、

上の階から、カルト女たちが下りてきた。

宅配BOXの前で操作していると、出てきた。

1人は、犬を抱いて、玄関を出ていった。

この女は、100%カルトに間違いない。

もう一人は、ゴミ室へ入っていった。

これもカルト臭い。

最初から、手分けしている。

俺が、どこに退避しようと、遭遇することを狙っているものと思われる。

2人とも、20歳台から30歳台に思えた。

実際は、わからない。


この2人、俺が、玄関に帰ってくると、見張りの通報を受けて、わざと、タイミングを合わせて、出てきたのは、明らか。

通常、こういうことはない。

俺が、帰ったからといって、普通、必ず、人が降りてくることはない。

まして、8時頃なんて、普通は、夕ごはんを食べて、休んでいる時間だ。

ぞろぞろ人が出て来る時間ではない。

この2人は、カルト宗教の信者であることは100%間違いない。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR