(12/16) 警察車両とカルトたち



エレベータに乗ると、カルト臭い男が乗ってきた。

そして、裏から、Pへ入ると、


後から走る音がしてきた。


そう、裏のカルトだ。

見ると、裏のカルト一家の男だ。

不気味に後から、走ってきて、抜いて行った。

こういうことを、俺が、丁度、通るのを、待ち伏せしていて、タイミングを狙ってやるのも、カルト特有の工作だ。



さらに、俺が、歩道へ、出ると、

カルト系のJKが2人が、バラバラに、間をわざと開けて、駅の入口を入って行った。

こう工作が多いと、何かやってくるつもりだと判断。

西口から入るのを止めて、東口から、入ることにした。


そして、横断歩道をギリギリで、走って渡ると、



その渡った先にも、カルト系のばあさんが、朝の監視役として、交差点にいるのだった。





途中省略





そして、勤務先の駅について、改札を出ると、


相変わらず、ここは、異常だ。



もう、改札の前にカルトの見張りが、朝、常駐しているとしか思えない。


左側のにカルト女が3人、その隣に、さらに、2人、その周辺に、バラバラに、3,4人、


さらに、何かの街宣をしているカルト系の男が一人。




まず、この改札を出たところの正面の左側にいつもいる女3人、

こいつらは、100%カルト信者だ、これは、断定して、保障できる。

それは、過去のブログを呼んでもらえば、わかるはずだ。

こいつらは、普通の人待ちをしている人間ではない。

朝の見張り・監視・待ち伏せストーカーをしているケダモノカルト信者たちだ。

人間の姿をしているが、心は、ケダモノ同然の悪魔である。


そうでなかったら、何の関係も、面識もない、他人にストーカー行為はできない。

さらに、今回は、待ち合わせを装ったカルトが、その隣に2人いた。

さらに、エレベータへ通路の入口付近にも、バラバラに、2人いた。


確か、おばさんと、おじさんだったと思う。





その横を通って、陸橋を渡り、東側の歩道に下りると、

なんと、街宣している男が、こっちを、凝視していた。

なんだぁー!


街宣は、カモフラージュだったのか?


本当は、カルト信者工作員で、待ち伏せして、見張り・監視をしていたのだね!


だいたい俺が降りる駅で街宣しているのなんて、全部、カルトに決まってる。


だいたい、どう考えても、ターミナルでもない急行も停まらない駅で、わざわざ、そんな駅を狙って、街宣するやつは普通いない。





この男、俺が、どういうルートを行ったかを監視していたものと思われる。

そして、当然、カルト仲間に連絡していたものと思われる。


と、行っても、LINEとかに書けば、みんなが見れるので、1回で、情報が共有できてしまうので、

こういうツールの登場も、カルトたちの活動をし易くしてしまっているのは、確かだ。





まあ、そして、歩道を歩いて行った。





そして、勤務先の敷地の横の通りを歩いていると、正面の東西の幹線道路を西から東方向へ、バス型の警察車両が、通過して行った。

この横道は、80mくらいなので、ほぼ、徒歩1分だ。


その1分に、確実に合わせてくる警察車両とはいったい何者なのだろう!

当然、カルト系の信者警官である。


そして、俺が、東西の幹線道路の歩道に出ても、動員されているカルト車たちが、右折車線を故意に渋滞にしている為、

カルト系の警察車両は、全く、進まない状態で、会社の前にずっと、停車したままだった。

ちなみにこのカルト系の警察車両のナンバーは、「2427」だったと思う。

とにかく、このバス型警察車両の警官は、カルト宗教団体の信者であると100%断定できるし、保障できる。

これでは、俺がどういうルートを通勤しても遭遇してしまうというカルト特有の工作になってしまっているのだ。


当然、尾行しているカルト仲間や地域の見張りカルト仲間とかとの連絡・連携の結果、できているのだと思う。
逆に、そうでなければ、絶対に、不可能である。

それ以外には、有り得ない。


俺が、何十年と生きてきて、その間に、緊急車両と遭遇した回数と、今、通勤で、遭遇する一か月の回数がほぼ同じくらいだ。

それが、いかに異常で、有り得ないことかわかるだろう!

つまり、カルト宗教団体が、信者警官を使って、緊急車両で、ストーカー行為をしなければ、有り得ない頻度である。

自然の頻度ではないことが明らかだ。





このような緊急車両を使った集団ストーカー行為は、カルトに事実上、殺されたに等しい、自殺に追い込まれた、女性タレントの清水由貴子さんが、生前、インタビューに答えていたことと、一緒だ。

その音声は、下記のリンクの先の中にありますので、探して確認してみて下さい。

もちろん、文章化したものもあるようです。

「An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)」

また、同じような異常なまでの緊急車両のつきまといを受けていた方のブログもある。

「ある日突然、集団ストーカーの被害者に」

このように、現実に、起きている事実だ。

このように、実際に行われている犯罪である。


それは、フランスなど海外でもカルトに指定されている日本の危険で反社会的な新興宗教団体である。



こういう狂った団体には、破防法でも適用する必要があると思う。


被害者は、1000人以上はいると考えられる。


これは、現実の日本で、行われている悍ましい裏社会の現実である。

すでに、日本の警察官や消防署員の約1割以上は、カルト信者になってしまったと言われている。

なぜなら、カルト団体が優先して、潜入を図っているからである。

また、地域の住民組織や防犯組織なども、すでに、カルト団体に乗っ取られていると言われている。

まずは、このつきまといストーカー犯罪をしているカルト警察官、カルト消防署員を、逮捕してほしい!




公安調査庁殿


組織犯罪対策部殿


公安部殿


警察庁殿











帰り


更衣室を出ると、いつの間にか、休憩所の前には、また、カルト女が2人か3人くらいが、見張り・監視についていた。

勤務先の中で、こういう風に、堂々と、カルトとしての活動である待ち伏せ・つきまといなどのストーカー行為をしてくるのだ。

更衣室に入るときには、いなかったので、最初は、安心させて、出て来る時を、狙ったものと思われる。


階段の前の休憩所の中にも1人いた。





そして、駅に行くと、相変わらず、改札の前には、いかにもカルトの見張りと思われるケダモノたちが、ウヨウヨいた。






途中省略






自宅駅について、マンションに入ると、



早速、ポストの外側で、ゴソゴソやっているカルト系のチラシ配りのフリをした男がいた。

そして、エレベータへ行くと、なんと、また、宅配便が、降りてきた。

当然、タイミングを見計らったカルト系の配達員である。


そして、この男を回避しょうとすると、次から次から、カルト系の住人が入ってきて、ラッシュ並みの騒ぎになってしまった。

なぜ、俺が、帰ってきた夜の八時に、こんなに集中するのか、不思議だ。

有り得ないことだ。

まあ、当然、カルトたちがわざと工作としてやっているのだ。


そして、とにかく、こいつらを、行かせると、


また、静かな、通常のマンションの状態に戻った。


いかに、俺が帰ってきた当初の混雑が、異常な有り得ないことであるかがわかる。


カルトによる工作でしか有り得ないことである。


こんなことは、自然や偶然では、有り得ないことなのだ。





P.S.


ここのブログに書いていることは、ほんの一部で、あったことを全部書いているわけではありません。

相当、抜粋して、書いています。


本当に全部、書いたら、寝る時間がなくなってしまいます。







だから、書いていないから、ないと言うわけではありません。





とにかく、時間がないので、書くのもたいへんなんです。




後、被害者団体の街宣やデモなどの情報は、右側のリンクの中にありますので、参考にして下さい。



集団ストーカー被害者たちによる街宣やデモを、当然、支持していますし、

心から、応援しています。


カルト団体に対して、集団訴訟する場合には、参加したいと思います。





とにかく、日本国内外で行われているこのカルト団体の悪事は、絶対に、許せない。


この団体がやっている集団ストーカー犯罪を無くすために、


国民全体で、告発・批判・糾弾していかなければならないと思う。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR