(12/13) かなりの動員数のカルトたち




勤務先の駅に着くと、


やはり、改札前には、不審なカルトの監視のような人たちが立っていた。


それから、エレベータに乗ると、カルト臭いおばあさんが乗っていて、同じく、移動してきた。

以前は、こんな行動をする人間は全くいなかったので、


最近、突然、発生してきたのは、おそらく、カルト系の人間であると思われる。


おそらく、このおばあさんは、カルトで、通報を受けて、タイミングを合わせて、わざと、同じ行動をとってきたと思われる。

所謂、カルト特有の「付き纏い」をしてきたと思われる。







それから、東側の歩道を勤務先へ歩いて行くと、




途中、不自然に、公園横のカルトビルへ入って行く人が、どうも、最近多い気がする。

もちろん、通勤で、入って行くのだろうが、

そうそう俺が乗っていた電車と同じ電車に乗って、
ぴったり、同じタイミングで、このカルトピルに通勤する人が、
そんな多いことが、偶然として、有り得るだろうか?

だって、俺が、歩道を歩いて行くと、

突然、周りを歩いていた人間が、次々と、カルトビルに入って行くのだ。

どう考えても、不自然だ。

一体、何人、このカルトビルに通勤しているか、知らないが、そんなにみんなが、俺の通勤とタイミングが合うことがあり得るだろうか?

どうも、カルトとして、俺に関する情報を受け取っている可能性があるので、

俺だとわかって、わざと、付き纏っている可能性はないのだろうか?


俺は、それも、有り得るだろうと思う。







途中、公園の前まで、俺の前を歩いていた男が、

公園の入口になると、突然、立ち止まり、携帯で話しだした。

そして、通り過ぎた俺の方を、ずっと、見ながら、電話していた。

普通に考えれば、カルトの見張りだろう。








今回も、陸橋のあるところで、また、狙ったように、俺が通りかかったタイミングで、出て来る不自然な車があった。

これも、おかしなもので、俺が、近づくまでは、一切、車の出入りはなかっし、また、通り過ぎた後、出てくる車はない。

俺が、通った時だけ、出てくるのだ。

どう考えても、不自然だ。

普通に考えれば、カルトたちが、連絡を取り合って、わざと、妨害していると考えた方が自然だ。

これは、公園脇の道路にも、言えることだ。


今回の車をよく見ると、車イスのマークがあるマイクロバスだった。

そういう団体のバスのようだった。





それから、西側の歩道に行き、セブンのところで、横道に入って行くと、

有り得ないことに、俺を見て、同じく、曲がって行く男がいた。

こんな行動をするのは、俺くらいしかいないのに、ここで、わさわざ、曲がるやつなんて、いるわけはないので、この男、カルトの可能性が高い。

そして、この男、不自然に、ずっと、俺の前を歩いて行くのだった。

カルトの先導尾行と思われる。


案の定、途中で、わざと、ゆっくりになり、結局、俺に抜かせた。


普通は、その後、俺に見えなくなってから、カルト仲間に通報していると考えられる。


よって、この男もカルトであった可能性が高い。





まあ、今回は、この男がカルトだったとしても、警察車両と遭遇することはなかったが。









帰り






俺が、更衣室に向うと、休憩所の中の真っ暗な中から、こっちを見ているどうみても、社内カルト信者と思われるおばさんたちが4,5人いて、かなり、不気味だった。

女で、終業後、15分も20分も帰らず、集団で、暗い休憩所の中に立って、みんな揃って階段の方を見ていること自体、不気味で、有り得ないことで、不自然であり、カルト以外には、考えられない。

俺が、更衣室から出てきても、暗い休憩所の中から集団で立ってこっちを見ていて、相当、不気味だった。

絶体に、こいつらは、普通の社員関係の人間でないことは、明らかだ。

100%、社内に潜入しているカルト団体の信者女工作員たちである。


このように、毎日、帰り、待ち伏せと見張りと監視とつきまといをしているのだ。

まさしく、社内カルトたちは、集団ストーカーだ。


そういうカルトたちを横目に、玄関に向い、出て行った。







その後、斜め道路に入って行くと、

不自然に、建物の間から、出てくる男がいて、

すかさず、反対側へ移動すると、

その男も同じく、建物の間を通って、反対側に出てきた。


なんなんだ、この男


どうみても、俺に、付き纏っているだろう!

よって、この男、100%カルトの見張り・監視役と思われる。


あまりに、気持ち悪いので、また、反対側に移動すると、

また、カルト信者と思われる男が、携帯で、話をしながら、付き纏ってきたので、また、急遽、ルートを変更した。


なんなんだ!

最近、この斜め道路には、カルトたちが、頻繁に現れるようになってしまっているのだ。

時々、車なんかも止まっていて、待ち伏せしていたりもする。



それで、俺は、再度、反対側の歩道へ移動した。

そして、真っすぐ、歩道を行こうとすると、


なんと、さっきのカルト臭い携帯男が、前を歩いているではないか、



俺は、ルートを変えて、再び、斜め道路に入っていった。

すると、交差点で、自転車で、信号待ちをしているフリをして、完全に、歩道を塞いで、妨害している女がいた。

まるで、歩道を歩いていく、俺を、ブロックするような形になっていた。

この女も、おそらく、カルト信者だと思われる。



こういう風に、歩いて帰るだけで、カルト信者たちが、現れて、監視や妨害をしてくるのだ。





そして、その妨害自転車を避けて、道路を渡った。



それから、陸橋のところにいくと、

陸橋の横道から、男たちが集団で、10人くらいが出てきた。

それも、わざと、俺の前に入るのだった。

どう、見ても、カルトたちだった。


こういう風に、わざと、俺の前に入って来る集団は、ほぼ、100%カルトである場合がほとんどだ。



よって、不気味だったので、思いっきり、こいつらを、回避した。



俺が、公園の方に、道路を渡ろうとすると、なぜか、タイミングよく、妨害車両が出てきた。

ここへ来ると、必ず、妨害車両が出て来る。

それも、俺が、渡ろうとした時だけ出て来るのだから、カルトの工作以外では考えにくい。

今回は、その出てきた車の前を、渡った。

ライトで、照らしているので、カルトの見張りにもなっているのかもしれない。

それから、公園に入って行くと、また、暗い中、広場側のベンチには、カルトの見張りと思われるやつらが2人いて、不気味だった。





それから、エレベータに乗ると、また、タイミングを合わせて、カルト系と思われる老婆が2人、やってきたし、さらに、カルト臭いカップルまで、来る始末。

完全に、タイミングを合わされてしまった。

とにかく、カルト臭くて困った。


そして、陸橋の階段を降りて駅に入って行くと、当然のように、カルト臭いやつらが、改札の前や、階段の前に、立っているのだから、気持ち悪い。





そして、そういう見張りがいる中を、改札を入り、ホームに上がっていった。

すると、ホームには、またしても、不気味に、こっちを見ながら、携帯で、話をしているカルト臭い女がいた。

たぶん、カルトがわざと、やっているのだろうとは、思う。



おそらく、俺が考えているよりも、相当、大幅に上回る規模で、カルトたちを、動員している可能性が高い。


そりゃー、会員数から言って、いくらでも、動員できるだろうことは、容易に想像できる。





それから、電車に乗っても、相当、カルト臭いやつらがいた。



まず、i線上りに乗ってすぐ、

カルト親な指示された風のカルト系の子供が、俺が座っている近くをうろつきはじめ、次には、横のドアの開け閉めを繰り返した。

すると、車両の真ん中付近に座っていたカルト系のJKと思われる女たちが、俺の方を見ながら、笑っているのが、わかった。

ははー、こいつらもグルで、カルトの工作だなあ!

こっちも仕返しに、「カルト臭いぜ!」と鼻をつまんでやった!


いちいち、こんなカルト系のクソ餓鬼と関わるのも面倒なので、すぐに、席を移動した。


隣の車両に移動しても、カルト臭いやつらがいて、俺を見て、半笑いをするので、

車内には、カルトたちが、結構いるようだった。

しかし、カルトたちが少なそうな席に座った。

完全にいない車両というのは、なさそうなので、少なそうなところに、落ち着いた。



最近は、少し顔つきがおかしい独り言を言う精神障害者などが、周辺にいたり、来たりすることが多い感じがする。

もちろん、カルトたちがそういう工作をしている可能性も十分にある。




そういう車内カルトたちをなんとか回避しつつも、自宅駅に到着した。




そして、駅の北西出口を出ると、また、その出口前には、自転車のカルトばあさんが、待ち伏せしていた。

このばあさんカルト、過去にも、何回も、出口の前で、待ち伏せしている。

相当に、しつこい地域カルト信者だ。




それから、歩道を歩いて行くと、

セブンイレブンの前に行くと、入口の近辺ではなく、入口からは、遠い端の付近の歩道に、他のカルトおばさんがいて、こっちを見ながら、待ち伏せしていた。

丁度、建物の角あたりだ。

何か、工作でもやろうとしていたのかもしれない。



俺は、手前で、Pの方へ入っていった。



すると、なんと、タワーパーキングなのに、その入り口の前に、有り得ないことに、黒い車が、無人で、止まっていた。



そのナンバーを見ると、


これが、また、ふるっている。


「51-50」の連番カルトナンバーだから、笑える。


それも、わざと、置いてあるのだから、カルトの工作以外では、考えられない風景だ。






やはり、俺が、考えているよりも、多くのカルトが動員されていることがわかる。


おそらくは、俺一人に対しても、100人以上は動員しているものと思われる。

いや、そんなもんじゃなく、もっと、相当、多いかもしれない。


俺が、部屋に入った後、外では、サイレンがなっていた。


まあ、とにかく、金曜は、元々動員が多い傾向にあったので、仕方ない!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR