カルト宗教団体「S」による緊急車両の私物化を止められない消防と警察


121223 集団ストーカー 東京新宿デモ行進



もう、これ以上、カルト宗教団体「S」による日本の支配を、許してはならない!



・カルト宗教団体「S」が救急車などの緊急車両を私物化している証拠

(他の被害者の方々が街宣を始めるとカルト宗教団体が緊急車両を多数動員してきた動画)
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!

(他の被害者の方の動画)(動画の後半に登場します)(執拗に動員される緊急車両)
引っ越しても終わる事の無い、集団ストーカー犯罪(ガスライティング)

実際に、自殺に追い込まれた女性タレントの清水由貴子さんも、生前のインタビューでも、警察のパトカーやヘリに付きまとわれていたことを話しています。それは、今も、ネット上にアップされていますので、検索してみて下さい。


参考のために、一応、載せておきます。

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)さんのサイト内にあります。

清水由貴子さんが訴えていた真実(WMVファイル)

「清水由貴子さん音声反訳」(PDF版)











朝、カーテンを開けるまでは、実に静かだった。

それまでは、サイレンの音を、一回も聞いていなかった。

しかし、カーテンを開けると、

やっぱり、来た!

緊急車両が!

たぶん、ここの交差点を通過するサイレン音を鳴らした最初の緊急車両である。

最初の緊急車両が、俺の行動をトリガーにしたストーカー行為目的の出動とは?

時間的には、カーテンを開けたのを、検知してから、カルト宗教団体の信者工作員が、デマ通報をし、丁度、それから、緊急車両が、出動して来た感じの時間である。

部屋のまわりのカルト監視チーム → 盗撮・盗聴・透過監視 → トリガー発生 → デマ通報 → 緊急車両出動 → サイレン音鳴動 → 緊急走行

というルーティンになっている。









また、キチガイカルト団体「S」がやってくれた!

立ったら、また、サイレンが鳴って、緊急車両を動員してきた!

部屋のまわりのカルト監視チーム → 盗撮・盗聴・透過監視 → トリガー発生 → 通報 → 緊急車両(事前に近くで待機) → サイレン音鳴動 → 緊急走行

というルーティンになっている。

本当に、狂ったカルト系新興宗教団体「S」である。

会員が何百万人いようと、狂っているのは、狂っている!





夕方、カーテンを閉めたら、案の定、また、やりやがった、キチガイカルトたちが!

カーテンを閉めたら、その瞬間にサイレンが鳴った。すでに、近くで待っていたものと思われる。

本当に、こんなキチガイ集団が、日本に数百万人もいるというだから、日本は、異常である。

部屋のまわりのカルト監視チーム → 盗撮・盗聴・透過監視 → トリガー発生 → 通報 → 緊急車両(事前に近くで待機) → サイレン音鳴動 → 緊急走行

というルーティンになっている。

そもそも、この世界一のカルト団体は、正式な宗教団体から、破門されていて、何ら、宗教団体としての根拠はない。

しかし、単に、課税逃れの為だけに、宗教を装っているに過ぎず、その実態は、単なる、金集めの邪教カルトだ。

こんな犯罪者集団に、宗教法人格や学校法人格を与え、政党まで、許可している日本の気が知れない。

海外では、この団体を、気が狂ったテロ集団としかみていない。

日本におけるこの犯罪者カルト集団の扱いは、極めて、とんでもない間違いである。

即刻、宗教法人格をはく奪し、まして、こんな人権テロ集団に学校法人格などを、許可すべきではない。

さらに、政教分離に違反しているこのカルト団体の政党を認めるべきではない。

明らかに、憲法違反である。







また、来た!
上の記事を書いて更新すると、反撃するように、さらに、緊急車両を動員してきた。
カルト「S」による緊急車両の私物化は、ひどく激しいことがわかる!
救急車やパトカーや消防車は、まるで、このカルト団体「SOK」の道具のように使われている。




また、来た!
パソコンでの東京新宿デモ行進の動画の再生が終わった瞬間に、首都高下り線を、救急系緊急車両が、サイレンを鳴らして、タイミングよく、通過した。
1BOX型白色車体で(病院救急車/臓器搬送車/血液搬送車/ドクターカー)のどれかと思われる。
カルト「S」の支配が、様々な組織・団体に及んでいることがわかる。





その後も、盗撮監視の結果による行動をトリガーとした緊急車両の動員を繰り返している。
目を開けた時、体を起こした時など、行動をトリガーにしたストーカー行為を続けている。
本当にキチガイ集団だ!こいつら、本当に狂っている!
カルト組織が、緊急車両をストーカーの道具に悪用している。
警察・消防・その他の組織などは、カルトによる緊急車両の悪用を止められないでいる。
末端信者の多くは、このように、教団が犯罪をしているという情報を隠蔽されていて、知らされていない。
オウム真理教の時の上祐氏と、同じ状態にされている。
しかし、実際には、オウムによる大量殺人などの犯罪は、起こっていた。
それと同じ状態になっている。
早く、このカルト団体「S」に破防法を適用しないと、たいへんなことになるぞ!







※ カルト「S」による緊急車両動員のトリガー

    NET ON,OFF,wifi ON,OFF,立った時、窓際に行った時、玄関方向へ向かった時、照明のON,OFF、寝た時、起きた時、横になった時の姿勢変化、タブレット・PC・スマホの電源ON,OFF、ブログの更新、部屋を出た時









・カルト宗教団体「S」の支配を止められない消防と警察と首都高速道路(株)

※ 約7割もいる非信者たちが、たった約3割しかいない信者たちの組織的な支配を止められない消防と警察

※ カルト宗教団体は、消防も警察も、自分たちのカルト宗教団体の下部組織としか思っていない。

※ カルト宗教団体は、消防と警察の緊急車両を私物化している。

※ 消防も警察も、確実に、その人員の約一割以上は、カルト宗教団体の信者になってしまっている。
   警察は、約3割であるとの意見あり。
   警察には、信者が、3000人潜入しているとの、元信者の証言あり。

※ 有り得ないタイミングで、黄パト(道路パトロールカー)のサイレンを使ったアンカリングを繰り返す首都高速道路(株)内部のカルトたち。

※ 外国10ヵ国以上から、カルト指定されている危険なカルト宗教団体を、全く捜査も警戒もしない公安調査庁と警察の組織犯罪対策部と公安部、内部にカルト信者が侵入している証拠か?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR