活動紹介/今日の緊急車両


・活動紹介

[集団ストーカーに関する活動を一つだけ紹介するコーナー]

2016/9/21(水)集団ストーカー・テクノロジー犯罪周知撲滅!札幌ゲリラ街宣ー③






・今日の緊急車両

AM

0912 SP 「ウーウー」音、サイレン音

0933 SP 「ウーウー」音、サイレン音、パトカー、国道17号線、下り車線、北上

0952 SA 「ピーポ、ピーポ」音、サイレン音、救急車

1101 SP 「ウーウー」音、サイレン音、黄パト、首都高速5号池袋線、上り車線、南下

1156 SA 「ピーポ、ピーポ」音、サイレン音、救急車

PM

1244 SP 「ウー」音、サイレン音、白バイ、首都高速5号池袋線、下り車線、北上

0119 SA 「ピーポ、ピーポ」音、サイレン音、救急車

0119 SP 「ウーウー」音、サイレン音、1BOX型白黒警察車両、首都高速5号池袋線、下り車線、北上

0220 SP 「ウー」音、サイレン音

0237 SA 「ピーポ、ピーポ」音、サイレン音、救急車

0657 SA 「ピーポ、ピーポ」音、サイレン音、救急車、国道17号線、下り車線、北上

0934~ NU4+2+1+1+1+1+2+ ドンドンと

0938 SP 「ウー」音、サイレン音

1007 SP 「ウー」音、サイレン音

1023 SA 「ピーポ、ピーポ」音、サイレン音、救急車

1055 SP 「ウーウー」音、サイレン音

(10/12)

0053 SPM 「ウーウー」音、サイレン音、マイクアナウンス音




※ 異音(上階)=XY0Z、X+Y=EVEN、Z=ODD、南側、道路側、13>XY>10、Z>8


※ 緊急車両動員のトリガー

    NET ON,OFF,wifi ON,OFF,立った時、窓際に行った時、玄関方向へ向かった時、照明のON,OFF、寝た時、起きた時、横になった時の姿勢変化、タブレット・PC・スマホの電源ON,OFF、ブログの更新


・緊急車両データの見方

※ 先頭の数字(1238=12:38)=時刻、S=サイレン、A=消防署の救急車か病院救急車、P=警察のパトカー(警察車両)・白バイ・消防車(赤バイ含む)・首都高管理車(黄色パト・黄バイ)・(東京ガス・東京電力)、M=マイクアナウンス、G=暴走族、C=爆音車、B=爆音バイク、数字=台数・回数、?=予測(台数等)、N=異音、U=上階(異音)、T=隣(異音)

※ 警察のパトカー・白バイと首都高管理車(黄パト・黄バイ)と消防車・赤バイ・(東京ガス・東京電力)等の判別はつかないので、全て、SPとする。

※ 消防署の救急車か病院の救急車か判別はつかないので、全て、SAとする。




・まとめ



※ 消防署員と警察官の約1割以上は、カルト宗教集団の信者である。警察は3割という意見もある。

※ すでに警察には、カルト宗教集団の信者が約3000人侵入している「元信者の証言(youtube)より」

※ 日本の警察と消防や官庁やマスコミは、カルト宗教集団に乗っ取られようとしている。

※ 救急車などの緊急車両の不適切な出動要請の約9割が、このカルト集団による組織的な工作による自作自演と言われている。

※ 不適切な出動要請を、早く、有料化すべきである。

※ カルトとは、かつてのオウム真理教と同じく、国家としての法の支配を無視して、行動し、自分たちの教祖の指示のみを絶対の命令として、組織的に、反社会的で、危険な活動をする、宗教集団を隠れ蓑にした、様々な組織犯罪を実行する集団のことを言う。

※ このカルト宗教集団は、スペイン、イギリス、ドイツ、ベルギー、フランス、スイス、チリ、スウェーデン、オーストリア、アメリカ下院の10ヵ国でカルト(セクト)(有害カルト=狂言的で異常な宗教集団)に指定されています。

※ このカルト集団は、フランスなど、海外では、オウムなどと同じく、危険で、反社会的な活動をする「カルト」(セクト)として、監視対象に指定されている。野放しなのは、日本くらいであり、極めて、稀である。日本は、このカルト集団を宗教法人として認可し、学校法人としてまで、許可し、政党まで、許可している。このカルト集団に対する日本の対応は、誤りであり、違法で、異常であり、絶対にあってはならないことである。カルト宗教集団が政治に関与するのは、政教分離違反であり、憲法違反である。

※ このカルト集団は、日本では、宗教法人としての認可を受けているが、実際は、正式な宗教団体からは、破門されていて、実質的な宗教団体としての根拠は何もない。ただ、自分たちが、犯罪隠蔽と課税を逃れる為だけに、宗教団体を、ただ、名乗っているだけで、宗教を隠れ蓑にした単なるカルト系邪教団体である。組織は、教祖「浅原」の指示を絶対命令としたカルト団体であるオウムと全く同じ構造である。ただし、こちらのカルト団体の教祖は、すでに死亡していると言われている。元信者もある年からは、全く見ていないと言っている。その為、実際は、内部分裂状態にあると言われている。かなりの幹部もぞくぞくやめていると言われている。また、特殊工作部門を持っているのもオウムと同一である。つまり、海外での指定の通り、オウムと何も変わらないテロ犯罪集団である。

※ どうして、こんなカルト系犯罪団体が、宗教法人格や学校法人(大学・高校)や政党まで、認可・許可されてしまっているのかというと、その認可機関や許可機関へ自分たちカルト団体の信者を多数送り込んで、実質、内部から、乗っ取り、無理やり、認可・許可させてしまっているのである。つまり、許可機関や認可機関を自分たちの信者で、内部から乗っ取り、好き勝手にできる状態にしているのである。

※ このカルト新興宗教集団がやっていることは、人権テロであり、組織犯罪であり、破防法を適用すべきなのは、明らかである。

※ かつて、誤ってオウムを宗教法人として認可してしまったために、その後の大量殺人テロを抑止できなかったという苦いミスがあるにもかかわらず、また、同じ、間違いを繰り返そうとしているのだ。日本は、今、また、非常に危機的な状況にあるのだ。

※ このカルト宗教集団の目的は、日本の機構を内部から乗っ取り、支配することである。それは明白である。彼ら自らが標榜している。それが、絶対的な教祖の指示・命令である。

※ カルトは、放置すると、必ず、ハイテク武装化する=定説(オウム事件で証明)

※ 日本は、カルト宗教集団天国である。

※ 日本は、他国に比較し、カルト宗教集団に甘すぎる。

※ 日本人とは、懲りない人たちのことですか?

※ 日本人とは、学習効果がない人たちのことですか?

※ 日本人とは、悪事を止められない人たちのことですか?

※ 日本人と日本社会には、自浄能力というものがないんでしょうか?

※ 集団ストーカーは、組織犯罪であり、人権テロです。

※ ストーカー規制法には、決定的な欠陥があり、カルト系政党が支持母体であるカルト宗教集団がしている犯罪が取り締まられないように、恣意的に男女間に限定する事項を入れてしまったのだ。そのために、集団ストーカーが取り締まれなくなってしまっているのだ。そこで、男女間限定を削除すれば、すべてのストーカー行為が取り締まり対象になるので、日本国民は、是非とも、その事情を理解し、法改正への支持・協力をいただきたいものである。

※ 日本国民なら、誰一人、この集団ストーカー犯罪と関わらないということは、事実上、100%不可能です。というのは、加害団体であるカルト宗教団体の信者は、学校、教育委員会、PTA、、町内会、自治会、マンション管理会社、マンション管理人、役所、病院、日本医師会、歯科医院、日本歯科医師会、整骨院、接骨院、薬局、薬剤師、裁判所、年金事務所、ハローワーク、警察署、消防署、防犯組織、防犯協力企業、全ての大企業・中小企業、商店街、宅配業者、宅配員、警備会社、警備員、政党、議員、TV局、新聞社、鉄道会社、鉄道員、バス会社、バス運転手等全てに自然分布の最低でも5%以上はいるので、関わらないということは、生きている限り、事実上、100%不可能です。それは、保証します。絶対にかかわらないということは、100%不可能です。どこかで、関わっているのに、あなたが、ただ、気づいていないだけなのです。このカルト団体の思想は、全ての面で、信者だけを優遇し、信者でないものには、不利益を与えるというが、基本的な考え方である。だから、あなたが、信者でなければ、必ず、人生のどこかの場面で、気づかない間に、不利益を被っているはずなのである。この犯罪では、気づくか、気づかないか、の差だけなのです。

※ 日本には、見かけ上とは違い、実質的な報道の自由がなく、警察や消防の一部のカルト信者がストーカー犯罪を行っていることが、一切報道されない。それは、報道業界にもカルト信者がいて、目に見えない隠ぺいをしているからだ。

※ その証拠に、カルト集団のCMやカルト団体系新聞のCMが、TV等で許可されてしまっていることでもわかる。普通なら、オウムなどと同じテロ組織であるこのカルト系犯罪者集団のCMを許可すべきではないことが、明白であるにもかかわらず、実際には、それらのCMがTVで流されていることが、海外から見れば異常なことである。報道業界にも実質的な正義が存在しないことがはっきりと読み取れる。

※ また、その証拠に、ニュースや番組やCMを見ていると、偶然では、有得ない高確率で、映し出された車のナンバーがゾロ目などの特徴的な、いわゆるカルトナンバーであることが異常に多いことである。被害者(ターゲット)への「脅迫」・「仄めかし」を裏目的として、故意、または、恣意的に組織的に行っている可能性が高い。

※ 従って、それらのことから、マスコミ業界は、秘密裡に、事実上、カルト集団のコントロール下にあると言っても、過言ではない状態である。

※ 一部の国民は、このカルト集団がオウムなどと同じ、非常に悪質な犯罪団体であることに、気づいていて、右側のリンク先を見てもらえばわかる通り、日本全国で、この集団に対する取り締まりとストーカー規制法の改正を求めて、デモや街宣を行っているのが、現状である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR