(7/18) 居住場所への戻り経路、カルトヘリ、カルト駅員、カルト警備員

(出先)

8:58 家の真上を、カルトヘリコプターがわざと飛行した。

通常、このように、低い高度で、住宅の真上を飛ぶことはない。
こういう異常な飛び方は、金持ちカルトによるチャーターヘリを使ったいやがらせストーカー行為と思われる。

実は、以前、引っ越しで、足立区から、引き上げるときにも、マンションの真上で、ヘリがホバーリングしていて、車で移動すると、着いてきた。
車をヘリで、尾行したのだ。さすがは、お金持ちカルト。

さすがは、年間予算、6兆円の巨大なカルト団体である。

ヘリによる組織的な集団ストーカー行為、100%確認した。

ヘリによるストーカー行為なんてない?いや、あることが、100%間違いないことがわかった。

盗撮・盗聴により、被害者が長距離移動することがわかった場合は、ヘリを動員することがすでにわかっている。

以前も、長距離高速バスに乗る予定で、マンションの裏口を出ると、その出た瞬間、真上をヘリが通過した。

カルトは、盗撮・盗聴によって、被害者が長距離移動することがわかっている場合は、ヘリを事前にチャーターして、動員する=定説

11:10 GB

身内の車に駅まで送ってもらう間、いつもの通り、周りは、カルトナンバーだらけであり、自然分布の確率を明らかに超える異常さだった。

周りを見ると、カルトナンバー車が、何台も連なっていた。

偶然では、こういうことは、起こり得ない。

当然、24時間、見張っているので、車で、出ると、わかるので、動員するカルトナンバー車を異常に増やすようだ。




途中では、お約束のカルト系パトカーが対向してきて、遭遇工作をされた。



車を降りて、駅に入り、新幹線の改札を通過しようとした。

しかし、俺が、通常通り、改札で、スマホをかざして、新幹線の改札を通ろうとしたら、なぜか、改札が閉まった。

おかしいと思い、改札を見ている駅員に、言うと、券の受け取りをしていないんじゃないの?

と言ったので、確認すると、ちゃんと、受け取っている。

そして、確認している間に、その駅員は、いなくなった。

他の駅員が来たので、券は、受け取っているよ、と、スマホの画面を、見せると、

その駅員は、端末で、確認してくれた。

すると、「もう入場したことになっていますよ」と、言った。

「なんだ、じゃ入るよ」と言って、入った。

やられた!

前に改札にいた駅員、俺が、通るタイミングで、わざと、改札を閉めやがった。

あの駅員、カルト信者だったのか?

それなら、納得が行く。

そのあと、いなくなったのも、頷ける。

いやがらせ工作をしたから、その場から、消えたのだ。

やりやがったな!まさか、新幹線の改札で、やられるとは?


その証拠に、降りた東京のある駅の新幹線の改札では、問題なく通れた。

東京のある新幹線駅は改札はかなり多いので、なかなか、どこを通るか見ていて、改札を閉めるということは、不可能だったと思われる。

その変わり、カルト駅員とカルト警備員が、お出迎えしていたが。

よく、考えてみると、地方の新幹線の改札は、少ないので、横に立ってみているカルト駅員が、見ていれば、通る改札がわかるので、その改札を指定して、リモート操作で、閉じることは、可能だからだ。

やられた!

そのおかけで、改札に10分以上は、足止めされてしまったのだ。

指定なら、乗り遅れていただろう!ああー、自由席でよかった!何に乗ってもいいからよかった!

しかし、カルト信者とは言え、JRの駅員が、こんな犯罪行為にも等しいいやがらせ行為を、ばれないからと言ってやるとは、とても、信じられないことだ。

JRの職員の自然分布でも5%以上、多ければ、10%以上が、カルト信者である。

例えば、JR東日本の場合、 社員数, 58,550人のうち、最低でも、カルト宗教団体の信者は、2927人以上いる。

多い方で計算すると、5855人以上が、カルト宗教団体の信者である。この人数がいれば、なんだってできると思われる。

例えば、カルトお得意の自作自演の工作によって、電車を止めるなどのことも。

だから、危険だから、早く、破防法を、この団体に適用しろ!と言っているのだ。気づいている国民は!

日本では、新興宗教団体になっているが、フランスなど、海外では、危険なカルトに指定して、警戒しているのだ。

もっとも、警察や消防の信者でさえ、平気で、ストーカー犯罪をするのだから、やるか?

このように、駅員という立場でさえ、いやがらせ犯罪行為をするのだら、カルトは、社会にとっては、悪であるのは、間違いない。

カルトは、立場や身分に関係なく、いやがせをするのだ。

彼らは、手段を択ばないということであり、法も無視する悪質な犯罪者集団である。

やはり、オウムなき、今、この日本の世界最大のカルトSは、最も危険であり、破防法の適用に見合う悪質なカルト宗教団体である。

(東京)

東京のとある駅で新幹線を降りて、改札へ行くと、出口改札の正面で、カルト駅員とカルト警備員が、待ち伏せしていた。
普段、このように、出て来る人を、見張っているかのようにいることは、まずない。
こいつらは、間違いなくカルト信者工作員たちである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR