7件、立ったら、ネットONなどが、トリガーに!


目次


本日のカルト系緊急車両のサイレンなどを使った集団ストーカー犯罪、他、被害状況

カルト宗教団体Sによる緊急車両動員のトリガー

集団ストーカー被害者の活動紹介

カルト宗教団体Sの支配を止められない消防と警察と首都高速道路(株)

特定のカルト宗教団体の支配が進む日本の消防と警察や職場

カルト宗教団体Sが救急車などの緊急車両を私物化している証拠

カルトナンバーについての解説

特定のカルト宗教団体の支配が進む日本のマスコミ

海外から悪質なカルト宗教団体とみられている新興宗教団体S

情報収集した購入商品などのCMをテレビで故意にタイムリーに流す工作をしている疑い

情報収集目的で、俺のゴミのみを持ち去るために、カルト宗教団体の影響力を使い、役所のゴミ回収時間を変更した疑い

彼らカルトが行う組織的な生活妨害犯罪について

言葉をピックアップのコーナー

コラム

本来、信頼されている職種の人の犯罪

このサイトを終了・閉鎖する条件













・本日のカルト系緊急車両のサイレンなどを使った集団ストーカー犯罪、他、被害状況

1. AM 9:07 ネットをONにした瞬間に → サイレン → カルト系緊急車両
カルトの監視チーム → 盗撮、盗聴、NET監視 → トリガー発生 → 通報 → カルト系緊急車両 → サイレン → 緊急走行
という組織犯罪になっている。人権テロである。
これは、タイミングからして、100%カルト宗教団体による組織的な犯罪である。

2. AM 9:21 トリガー → マイクアナウンス → カルト系緊急車両

首都高速5号池袋線、上り車線、混雑(渋滞)
カルトによる工作の可能性有
カルト系黄パトの動員を故意に増やす可能性有

3. AM 9:31 トリガー → サイレン → カルト系緊急車両

4. AM 10:22 トリガー → サイレン → カルト系緊急車両

5. AM 10:39 トリガー → サイレン → カルト系緊急車両

(PM)
6. PM 0.54 立ったら → 救急系サイレン → カルト系救急系緊急車両
カルトの監視チーム → 盗撮、盗聴、透過監視 → トリガー発生 → 通報 → カルト系緊急車両 → サイレン → 緊急走行
という組織犯罪になっている。人権テロである。
これは、タイミングからして、100%カルト宗教団体による組織的な犯罪である。

7. PM 1:24 トリガー → サイレン、マイクアナウンス → カルト系緊急車両
サイレンも近くで止まり、またマイクアナウンス音からも、近くに来た感じだ!

・ PM 6:52 日テレ、「every」内、TVにカルトナンバー車「55」登場

・静岡県警の警官が、取り締まり時に、女性の体を触ったとして、逮捕された。

・ PM 8:08 TV-TOKYO、「ウソのような本当の瞬間!~」内、カルトナンバー車「66」、放映






しつこい! キチガイ・サイコパスたち! 組織的なカルトストーカーたちだ!

カルトS会の工作員 = 活動内容、ほぼ一緒 = 北朝鮮の工作員、旧オウム真理教


※ 「黄パト」とは、「首都高速道路株式会社」の「首都高速」のみを走る「黄色回転灯搭載高速道路パトロールカー」のことで、「サイレン」とは、普通の「ウーウー」というサイレンのことで、主に、黄パト、パトカー、覆面パトカー、白バイ、消防車などで、「救急系サイレン」とは、「ピーポ、ピーポ」というサイレンの音で、主に、救急車、病院救急車、血液などの医療系搬送車などである。
※ その他にも、消防署の赤バイ、首都高管理車の黄バイ、ドクターカー、東京ガス、東京電力などの緊急車両がある。
※ 最も近い緊急車両は、ここの近くの立体交差点の北東の街角の裏に、1台、病院救急車らしき救急車がある。この救急車は、住んでいるマンションの非常階段から丁度、見える位置に置いてある。この救急車は、引っ越してきた当時には、無かったので、引っ越した後、置かれるようになったようだ。













※ カルト宗教団体Sによる緊急車両動員のトリガー

 玄関へ行った時、玄関ドアを開けた時、部屋を出た時、外に出た時、カーテンの開け閉め、立った時、部屋照明のON・OFF、部屋照明の照度を上げた時、DeskライトのON・OFF、キッチン照明のON・OFF、枕元照明のON・OFF、ブログの更新、fc2 logon、NET ON・OFF、wifi ON・OFF、寝た時、起きた時、横になった時、横になった時の姿勢変化、PC・スマホ・タブレットの電源ON・OFF、窓際に立った時、玄関方向へ向かった時、録画映像再生終了時














・集団ストーカー被害者の活動紹介

[日本全国で行われている集団ストーカーに関するデモや街宣などを紹介するコーナー]

【アイン】 '14 集団ストーカー犯罪撲滅デモ in 秋葉原 Stop gang stalking! Stop electronic harassment crime!

これは、日本国内に実在する組織的な人権テロ犯罪である。
日本で、唯一、取り締まられることがない組織テロ犯罪(集団ストーカー)である。
よって、別名、「脱法ストーカー」とも言われている。
こんなこと(集団ストーカー犯罪)が、世の中に、あってよいのだろうか?
 やはり、カルト宗教団体Sは、マスコミと警察を、内部から一部を乗っ取り、好き勝手にコントロール可能なため、国会前にでも、デモをしないと取り上げないかもしれません!
 特に、テレビのニュースや番組を見ていると、映した車のナンバーが、ほとんどカルトナンバーであることから、このカルト宗教団体S会が、すでに、テレビ局などへ大きな影響力を持っていることがわかる!
 国は、国会は、ストーカー規制法を改正して、この巨大なカルト宗教団体S会のやっている「集団ストーカー犯罪」を取り締れ!
 国は、公安調査庁は、この巨大なカルト宗教団体S会に破壊防止法「破防法」を適用しろ!
 国やマスコミや警察は、信条調査をして、この世界からカルト指定されている危険なカルト宗教団体S会の信者を採用するな!
 当然、外国では、カルトは、公務に採用できないように、法律で規制しているのだ。採用できるのは、日本くらいだ。
 ただし、本当は、日本も、「公務員は、全体の奉仕者で、一部の奉仕者であってはならない」という風に、憲法でも、禁止している。カルト宗教団体の信者は、一部の奉仕者であって、決して、全体の奉仕者ではない。よって、このカルト宗教団体の信者が官公庁や役所や教師や警察や消防や司法などの公務員になることは、本来、憲法で、禁止されている。しかし、実際は、就いているので、憲法違反なのである。
 なぜなら、カルト宗教団体S会のやっている犯罪は、信教の自由の範囲を明らかに逸脱しているからである。
 本当に、かつてのオウム真理教の二の舞にならない内に、世界からカルト指定されている危険で巨大なこのカルト宗教団体S会を壊滅し、政教分離違反で憲法違反であるそのかいらい政党であるK党を解体しよう!
カルト団体の信者を大臣に任命するなど、言語同断である。
 まして、カルト宗教団体に、大学の設置許可をし、学校法人格を与えるなど、もってのほかである。
日本は、頭が、おかしくなったのか?狂ったのか?

国会前へ、デモをしよう!

こんな国際組織人権テロ犯罪(集団ストーカー)を取り締まらないなら、日本死ね!













・カルト宗教団体Sの支配を止められない消防と警察と首都高速道路(株)

※ 約7割もいる非信者たちが、たった約3割しかいない信者たちの組織的な支配を止められない消防と警察

※ カルト宗教団体Sは、消防も警察も、自分たちのカルト宗教団体の下部組織としか思っていない。

※ カルト宗教団体Sは、消防と警察の緊急車両を私物化している。

※ 消防も警察も、確実に、その人員の約一割以上は、カルト宗教団体Sの信者になってしまっている。
   警察は、約3割であるとの意見あり。
   警察には、信者が、3000人潜入しているとの、元信者の証言あり。

※ 公務員は、全体の奉仕者でなければならず、教祖・教団・教義ファーストであるカルト宗教団体の信者は、一部の人々の奉仕者にしか当たらず、全体の奉仕者ではないので、憲法で、公務員に就くことを禁止している。よって、このカルト宗教団体の信者が公務員になっているのは、憲法違反である。

※ 有り得ないタイミングで、黄パト(道路パトロールカー)のサイレンを使ったアンカリングを繰り返す首都高速道路(株)内部のカルトたち。

※ このカルト宗教団体Sは、フランス、イギリス、ドイツ、スペイン、ベルギー、スイス、チリ、スウェーデン、オーストリア、アメリカ下院など外国10ヵ国以上から、カルト(セクト)に指定されている。オウムと同じく危険なカルトとみられていて、警戒・監視対象になっている。

※ 外国10ヵ国以上から、カルト指定されている危険なカルト宗教団体Sを、全く捜査も警戒もしない公安調査庁と警察の組織犯罪対策部と公安部、内部にカルト信者が侵入している証拠か?

※ このカルト宗教団体Sの下部組織である政党Kが国政に介入しています。それは、政教分離違反であり、憲法違反である。

※ 本来、宗教法人は、神社やお寺のように、市民が自由に出入りでき、その敷地で子供たちが遊ぶこともできる。だから、公共の福祉に資するとして、宗教法人に認定して、非課税にしているのだ。ところが、このカルト宗教団体S会の各地域にある支部と呼ばれる、オウム真理教で言う、サティアンにあたる建物は、固く門を閉ざし、一般市民が自由に出入りできることはなく、S会信者以外は、絶対に、入れない。また、このカルト宗教団体の組織自体も市民が本人の意思で自由に入会したり、退会したりできない。むしろ、勧誘を断ったり、退会した人には、死ぬまで、嫌がらせや人生妨害や生活妨害をされると言われている。また、一方的に、敵だと判断されると、仏敵に指定され、自殺強要ストーキングのターゲットにされてしまうと言われている。よって、このカルト宗教団体S会は、公共の福祉に資するとは、100%言えない。よって、自治体が、よく実態を調べもせずに、このカルト宗教団体を非課税である「宗教法人」に認定することは、背任に当たり、かつ、宗教法人法違反である。

※ この集団ストーカー犯罪は、加害者であるカルト宗教団体Sの信者が、マスコミに多数侵入し、また、CM等で、利権を握っている為に、報道されないように、ミスリードし、隠蔽しています。

※ この集団ストーカー犯罪は、本来、「ストーカー規制法」の対象にすべきものですが、このカルト宗教団体Sの政党Kが、この法律の対象を男女間の恋愛に限定する事項を入れて、自分たちが、やっている集団ストーカー犯罪が取り締まられないようにした為に、現在、ストーカー規制法では、取り締まれなくなってしまっています。

※ このカルト宗教団体Sの信者数は、数百万人に及び、消防、警察、公務員、官公庁、機関、病院、全ての企業、学校、司法、など、全ての分野に、侵入して、最低でも、5%以上いる為に、様々な分野で、暗躍し、司法・立法・行政を歪めています。日本が乗っ取られようとしています。本当に許せません!

※ どうか、力を貸して下さい!このオウム以上に悪質なカルト宗教団体Sの壊滅の為に、全国民の協力が必要です!

※ 日本は、仮にも法治国家である。例え、どんなに、巧妙に、隠蔽されているとしても、警察内部に、信者が多数いたとしても、このカルト宗教団体Sが行っている国際組織犯罪が、いつか、必ず、処罰されると確信している!












・特定のカルト宗教団体の支配が進む日本の消防と警察や職場

以前から、消防署の救急車や消防車による待ち伏せ、つきまといなどのストーカー行為が、被害者たちによって、報告されている。
消防署員における信者比率の自然分布である5%以上は、明らかに、カルト宗教団体の信者が入り込んでいるのは、確かである。
 その証拠に、以前、ニュースになったことがあるが、ある市で、消防署員の携帯の通話記録をチェックしょうとすると、約5%の人たちが拒否したらしい。
 これは、つまり、消防署で信者比率約5%いる信者消防署員たちが、カルト組織としてストーカー目的の連絡に使っていたからだと考えられるのだ。
これは、ニュースになっているので、過去のニュースを調べれば、載っているのは、間違いない。
 救急車や消防車やパトカーなどの緊急車両によるストーカー行為は、ひどく、以前だと、仕事を終わり、まず、帰ろうとすると、俺が帰るのを、待ち伏せするか、見張るように、勤務先内信者たち、3人~5人が、集団で、玄関や外で、待ち伏せしていて、どんなに、時間をずらしても、待ち伏せしていた。そして、玄関を出ると今度は、必ず、パトカーが来るというストーカー行為をやられ、もちろん、どんなに、時間を変更しても、社内信者たちと連絡連携しているので、必ず、走って来るのだった。また、それを無事に回避しても、今度は、帰る道をどう変えても、必ず、俺の前を消防車や救急車やパトカーなどの緊急車両を通過させるという異常なまでのしつこさで、付きまといストーカー行為をやられた。もちろん、帰るルートをどう変更しても、必ず来たし、帰る時間を、遅らせたり、早くしたりしても、必ず、来るのだった。また、その他でも、多数のカルトナンバー車も周囲に現れた。特に、渋滞している交差点を通過する時に、車のナンバーを見ると高い確率で、ほとんどが、カルトナンバー車だった。 本当に異常だった。
 また、最近でも、やられている。住居の下見に行った時も、駅を出ると、救急車が来て、近くで、携帯で、連絡しているカルト信者のおばさんがいるのも発見した。また、不動産に入ると、すぐ後から、親子を装ったカルト信者の男女が着て、俺が帰るまで、何時間でも、見張り・監視・付きまといをしてきた。そして、帰りは、俺がお店を出ると、もろ、合わせたように、出てきて、カルトの付きまといであるのを見せ付けた。また、不動産の車に乗車して、下見に行くと、その下見物件の手前の角を曲がると、なんと、そこには、カルト系警官たちが、先回りしていて、待ち伏せして、薄笑いを浮かべているという不気味さである。また、その物件の前には、カルトおばさんが3人で、井戸端会議を装って、待ち伏せ・監視していて、救急車を動員したらしく、下見に行ったマンションの2階の窓を、開けてみると、その時、外を見たら、その丁度、正面の視野に入るように、やはり、救急車が来ていた。本当にしつこい。
  しかし、その不動産に行くことも、どこに下見に行くかも、全部、不動産とメールでやり取りしていたので、他人には、絶対、わかるはずが、ないのだ。もちろん、誰にも、伝えてもいないのだ。つまり、彼らカルト宗教団体の組織は、ハッキングするなど、何らかの違法な方法で、俺のメールを傍受してその下見を知ったか、または、特殊な装置を使って、PC画面漏洩電波傍受(テンペスト)に、よって、知ったかのどちらかしか、有得ないのである。つまり、彼らは、そういう犯罪を組織的に行う犯罪集団であることが、わかる。単なる新興宗教団体ではないのだ。宗教とは、名ばかりの違法なカルト団体なのである。オウム真理教などと同じく、スパイ活動は言うに及ばず、暗殺さえやっているかも知れない暗黒組織なのである。
 また、実家へ帰るのに、バスを待っていると、変なカルト臭いおばさんが、こっちをチラチラ見ていたら、やはり、救急車が来た。
また、帰りも、ある駅で、バスを降りると、案の定、すでに、駅前に、事前に、救急車が来ていて停まっていて、待ち伏せしていた。
 また、マンションの部屋を出ただけで、サイレンが鳴って、救急車などの緊急車両が、必ず来るし、郵便物をポストに出しに行くと、必ず、サイレンが鳴って、国道へ出たタイミングに合わせ、救急車が走ってくるのだ。そのしつこさは、常軌を逸していると言わざるを得ない。
 また、盗撮や盗聴をしていて、自分の部屋の中にいても、行動の変化に合わせ、緊急車両を動員するというストーカー行為を、今でも、毎日、24時間やられている。
今日も、カーテンを開けたり、玄関へ行ったら、案の定、サイレンが鳴って、緊急車両が来た。これは、明らかに組織犯罪であり、組織犯罪処罰法違反である。

 では、なぜ、こんな付き纏いなどのストーカー行為を、24時間、365日、やられるようになったかというと、非常に単純なことだ。つまり、このカルト宗教団体の女性勧誘員からの勧誘を、拒否して、事実上、勧誘を断ったからだ。自分たちは、課税を逃れるために、宗教法人を隠れ蓑にし、信教の自由を盾に、警察の捜査や公安調査庁の査察を逃れているのに、勧誘を断るという他人の信教の自由は、認めないという非常に身勝手な思考のサイコパス集団で、国際手配されている悪質な世界最大のカルト宗教団体である。こんな悪質なカルト宗教団体が取り締まられないなんてことがあってよいのだろうか?

 つまり、カルト宗教団体の信者工作員が、24時間、365日、盗撮・盗聴するなどして被害者の部屋内を監視していて、部屋にいても、外に出ても、救急車などの緊急車両を、付きまといや待ち伏せなどのストーカー犯罪として、悪用しているのだから、呆れるし、非常に疲れる。まるで、風俗業のように、お金を取って、女の子の部屋を、見せる「覗き部屋」のような状態にされ、いつも、部屋の中を見られていて、また、そのことを暗示されるので、かなりのストレスと精神的なダメージがあり、また、その覗いたことを、他で、「仄めかし」などをされるので、中には、自殺に追い込まれる人も少なくない。もちろん、これらのことは、カルト宗教団体が、勧誘を断った被害者などに精神的なダメージを与え、自殺に追い込むことが目的でやっているのである。だから、別名、「自殺強要ストーキング」とも、呼ばれているのだ。

彼らは、公務員である。それに、周囲の部屋にいる見張り役のカルト連絡員と連携してやっているのは、明らかである。
よって、これは、共謀罪であり、テロ等準備罪であり、組織犯罪処罰法違反であり、どう見ても、破防法を適用すべき案件である。
こういうストーカー犯罪をする為に、彼らに税金から給与を支払っているのではないはずだ!市民もある意味被害者である。
税金をストーカー犯罪をするために使われているのだから。市民もこの事実を追求し、糾弾し、怒らなければならない!
また、他の被害者も、下の方のリンクを見てもらえば、分かる通り、街宣をしようとすると、救急車や緊急車両を何台も動員されたのがわかる。
 また、彼らカルト宗教団体の信者が公務員に就いていることは、「公務員は、一部の奉仕者ではなく、全体の奉仕者でなければならない」という憲法に違反している。信教の自由の範囲を大きく逸脱した違法な活動をしているカルト宗教団体S会の信者は、明らかに、教祖・教団・教義ファーストであり、国民ファーストではない。よって、警察や消防や役所や官公庁や都庁などの公務員になっているカルト宗教団体S会の信者は、明らかに一部の奉仕者であり、全体の奉仕者ではないので、憲法違反に当たる。だから、本来は、海外同様、カルト宗教団体S会の信者は、公務員になれないはずである。しかし、日本は、スパイ天国・カルト天国であるので、カルトに甘く、事実上黙認しているが、本当は、憲法違反なので、カルト宗教団体の信者は、公務員には、なれないのである。海外では、予防措置として、カルトが公務につけないように、専門法を整備している。日本も専門法を整備しないと、カルト宗教団体の信者が、公務員になるのを止められないと考えられる。もし、彼らカルト宗教団体の信者が公務員に就くのを止められなければ、益々、警察や消防など公務員のカルト支配が進むことになってしまうだろう!
 このブログの下の方を見てもらえば、わかる通り、彼ら、カルト宗教団体S会は、消防車や救急車やパトカーや黄パトなどの緊急車両を私物化し、いかに悪用しているか、その実態がわかってもらえると思う。
日本は、これだけ、明らかな犯罪なのに、全く取り締まらないとすれば、もはや法治国家ではない。
フランスなど、10ヶ国以上から、カルト指定されていて、国際組織犯罪集団として監視対象になっている世界最大のカルト宗教団体S会が国内で行っている組織犯罪(集団ストーカー犯罪)も、パレルモ条約違反(国際組織犯罪条約違反)である。












・カルト宗教団体Sが救急車などの緊急車両を私物化している証拠

(他の被害者の方々が街宣を始めるとカルト宗教団体が緊急車両を多数動員してきた動画)
【創価】集スト街宣すると緊急自動車オンパレードで妨害する!

(他の被害者の方の動画)(動画の後半に登場します)(執拗に動員される緊急車両)
引っ越しても終わる事の無い、集団ストーカー犯罪(ガスライティング)

 実際に、自殺とされている女性タレントの故・清水由貴子さんも、生前のインタビューでも、警察のパトカーやヘリに付きまとわれていたことを話しています。それは、今も、ネット上にアップされていますので、検索してみて下さい。


参考のために、一応、載せておきます。

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)さんのサイト内にあります。

清水由貴子さんが訴えていた真実(WMVファイル)

「清水由貴子さん音声反訳」(PDF版)

 病死とされた不審死した故・飯島愛さんも、「盗聴されている」と、言っていた。集団ストーカーの被害者だった可能性がある。
 飯島愛さんは、ネット上では、S会の信者だったとも書かれている。S会の内情を「暴露」しようとしたために、抹殺されたのではないかとも書かれている。また、芸能界を引退して、金銭的に、不自由していた彼女は、仕方なく、年末にする財務と呼ばれるお布施を断ったために抹殺された可能性もあると、書いているブログもある。いずれにしても、生前「盗聴されている」と言っていたのは、事実で、それは、カルトS会が、他人を敵とみなす「仏敵」に指定した場合の被害者の特徴である。従って、何らかの理由で、彼女は、「仏敵」に指定されてしまったのではないだろうか?そう考えると、「盗聴されている」と、言っていたこととの整合性がとれる。

 歌手のASUKAさんは、「盗聴されている」と、訴え、強制的に措置入院させられている。その後、盗聴に関する暴露本を出版しようとしたら、再逮捕されてしまった。はめられた可能性あり。ASUKAさんも、集団ストーカーの被害者だった可能性がある。

 伊丹十三監督もこのカルト宗教団体を映画にしようとしたら、このカルト宗教団体が、暴力団を使って、消したと言われている。
創価学会による拉致・殺害の実態

 また、女性市議も、このカルト宗教団体を追及していたら、このカルト宗教団体が暴力団を使って、消されたと言われている。
【高画質】「東村山事件」真相究明街宣!in立川【瀬戸弘幸】26/9/28・ノーカット












・カルトナンバーについての解説

 いわゆるカルトナンバーというのは、被害者が外出した場合、加害側のカルト宗教団体が、組織的に、周辺に、特徴的なナンバーの車を、集中させ、気づいた被害者の恐怖心を増幅する目的と、TVの番組内やCMで、故意に、特徴的なナンバーを登場させ、被害者のみにわかるように、精神的なダメージを与えんとする工作で使用する特徴的なナンバーのことである。
被害者が道路を横断する時に、道路に渋滞で、止まっている車のナンバーのほとんどが、カルトナンバー車であることも多い。
また、被害者が、住宅街を歩くと、各住宅に停まっている車のナンバーが、ほとんど、カルトナンバー車だったということも多い。
また、被害者が、車で、外出した場合、駐車場に止めると、周りの車のナンバーが、ほとんど、カルトナンバー車だったなどということも多い。

・ぞろ目
「66」「55」「77-88」「44-66」「44-22」「91-91」「33-11」「1616」「44」「2525」「1010」「8181」「50-50」「88-55」「7070」「1122」「3838」「1111」「777」「1212」「222」「2525」「6868」「33」「4848」「4545」「88-88」「77-88」「111」「11」「88」「888」「666」「7777」などの同じ数字が連続するナンバー
特に、「8888」が異常にしつこく登場することが多い。
悪魔の印と言われる「666」を含むナンバーも多い。
また、被害者の方の中には、一文字違っている、「4544」「8885」なども、カルトナンバーと呼んでいる場合もある。

・連番
「15-16」「91-92」「5859」「4050」「10-11」「12-34」「50-51」「10-20」「45-67」「456」「789」などの番号が増加して行く数字で構成されるナンバー、また、逆連番と言って、「58-57」「1514」「32-31」「321」など、下がっていく数字の場合もある。

・シンメトリー
「979」「797」「5665」「6116」「2552」「282」「8008」「1881」「202」「616」「323」「8008」「1881」「595」「5665」「35-53」「21-12」「212」「787」など、左右が対象な数字になっているナンバー

・切り番
「3000」「600」「1000」「10」「2000」などの切りのよい数字で構成されるナンバー

・1桁
「8」「1」「6」「7」などの1桁ナンバー

※ 被害者によっては、前を通過する車のナンバーを見てると、全て違う車種の別の車なのに、ナンバーだけは、同じという車が、次々と前に、登場する工作の場合もある。











・特定のカルト宗教団体の支配が進む日本のマスコミ

 最近、テレビを見ていると、いろいろな番組・ニュース・CMで、車を写すことがよくあるが、その車のナンバーが、「1122」「8888」などのいわゆる「カルトナンバー」であることが、異常に多い。その頻度が、偶然である確率の範囲を明らかに超えていて、意図的に、写していることがわかる。いかに、マスコミ関係にも、このカルト宗教団体の支配が進んでいるかがわかる。
例えば、5/3に、ニュースに出てきたヤマト運輸の配達車のナンバーが、「8080」というカルトナンバーだった。わざとやっているのだろう!
 また、ここで、ゾロ目のカルトナンバーについて、書いている為か、最近は、「212」「959」などのいわゆるシンメトリー、つまり、左右対称のカルトナンバー車が多くなって来ていて、より、わかりにくくなってきている。
 また、同じく、テレビを見ていると、様々な番組やCMに出てくるタレントが、カルト宗教団体の信者である場合が、異常に多い。おそらく、恣意的に、カルト宗教団体系のタレントを多く使用していると考えられる。やはり、日本のマスコミがいかに、特定のカルト宗教団体の支配の状態にあるかがわかる。
 また、故意に、番組に登場するレポーターの名前が、被害者の出身地を表す固有名詞であったり、あるいは、被害者と同じ苗字の名前の人物を、異常な頻度で、全てのチャンネルで登場させるなどのカルト行為を行っている。また、被害者の出身地に関連する地域の番組を異常な頻度で、故意に、報道するなどのカルト行為も目立つ。これらの行為は、明らかに、基本的人権を、踏みにじる行為であり、憲法違反である。尚且つ、個人情報保護法違反であり、特定秘密保護法違反であり、組織犯罪処罰法違反であり、テロ等準備罪であり、共謀罪であり、組織的人権テロに当たり、パレルモ条約違反である。
 おそらく、日本のマスコミは、特定のカルト宗教団体に、ほぼ、乗っ取られているのではないかと思われる。
 フランス、イギリス、ドイツ、スペイン、ベルギー、スイス、チリ、スウェーデン、オーストリア、アメリカ下院など外国10ヵ国以上の国から、かつて、テロを行ったオウム真理教と同様に、「カルト」に指定されていて、かつ、国内でも相当な被害者がいることが明確であるのに、その加害組織であるカルト宗教団体SのCMを、TVで放映することは、テロを支持・肯定していると受け取られかねない倫理上非常に問題がある間違った判断である。TV局の正しい倫理に乗っ取った判断により、放映は、禁止すべきである。かつて、地下鉄サリン事件や松本サリン事件や坂本弁護士一家殺人事件などのテロを起こした組織的な犯罪集団であるオウム真理教のCMをTVで、放映しているのと同じことである。決して、正しいことではないし、倫理上、非常に問題がある。
このことを放置しておいて、何が、放送倫理委員会だ?











・海外から悪質なカルト宗教団体とみられている新興宗教団体S

 お前ら「カルト宗教団体S」がやっていることは、人権テロであり、組織的なストーカー犯罪であるので、新ストーカー規制法違反であり、組織犯罪処罰法違反であり、共謀罪であり、テロ等準備罪であり、迷惑防止条例違反である。国際組織犯罪条約(パレルモ条約)にも違反している。

 この宗教団体Sを、かつてのオウム真理教と同じカルトに指定しているフランスやイギリスなど多数の外国と協力して、この国際組織犯罪テロ組織に「破防法」を適用して壊滅すべきである。

 これから、オリンピックを開催する国、日本の国内に、このような国際的な人権テロ組織(カルト宗教団体S)があるのは、オリンピック開催国として、相応しくない。国際法にも違反している。このようなカルト系国際テロ犯罪組織は、開催年2020年までには、壊滅しておかなければならない。

 このテロ等準備罪をK党は、現ストーカー規制法と同じく、また、骨抜きにして、自分たちの支持母体であるカルト宗教団体Sの国際組織犯罪が、取締りの対象にならないようにしようと工作している。

 このカルト宗教団体Sは、司法・立法・行政、全てに多数侵入し、横断的に、かつ、組織的に反社会的な活動をし、日本の三権分立を、危うくしている。日本国民は、それにも、気づいてほしい!国際組織犯罪を放置することは、国際的にも問題である。

 東京都は、このような国際的に問題になっているカルト宗教団体Sを「宗教法人」に指定すべきではない。即刻、「宗教法人」格を、取り消すべきである。また、「学校法人」としても、不適切であり、登録を抹消すべきである。










・情報収集した購入商品などのCMをテレビで故意にタイムリーに流す工作をしている疑い

 もう、以前から、やられていると思われるのだが、俺が、ある商品を購入すると、それまで、一回も見たことがないのに、急に、その同じ商品のCMを、テレビで流している疑いがある。もちろん、目的は、購入した商品などの個人情報まで、把握しているんだぞという脅迫観念を植え付け、精神的なダメージを与えるためであると思われる。まあ、自分が買った商品が、すぐに、突然、CMに出てくれば、やはり、疑心暗鬼になり、ストレスとなることは、十分、予想できる。中には、そういうカルト宗教団体からの組織的な工作により、自殺に追い込まれた人も多数いるくらいなので、それを狙ってやっているのは、明らかである。また、いかに、CM製作会社やTV局内のプロデューサーやADや編成担当とか、カメラマンとか、とにかく、TV局関係にも、信者が多数いることが読み取れる。
例えば、俺が、ある商品を買ったとする、また、買おうと思い検索した。すると、直後から、急に、その商品のCMがテレビで流れるようになるのだ。こんな不気味なことはない。もちろん、こんなことを他人に話せば、自分が、精神的に問題があるかのように、疑われてしまうという歯止めがかかった工作となっているのである。
例えば、あるメーカーのコーヒーを買うと、急にそのメーカーのコーヒーのCMが流れるようになり、冷やし中華を買うと、急に、冷やし中華のCMが流れたり、あるカップラーメンを買った後、そのカップラーメンのCMを急に見たり、俺が、目薬を買ったら、それまで、見たことのないその目薬のCMが急に流れたり、あるネットスーパーや購入サイトから買うと、急に、そのネットスーパーや購入サイトのCMが流れるとか、不動産を検索すると、その検索した不動産サイトのCMが急に流れるようになるとか、ある滋養強壮剤を買うと、急にそのCMが流れるようになるとか、ファブリーズを買うとファブリーズのCMが、リセッシュを買うと、リセッシュのCMが流れるという不思議な状態になっていた。また、最近だと、俺が、キューピーのドレッシングを買おうとすると、過去に一度も見たことがないのに、急にキューピーのドレッシングのCMが、その日から、目にするようになった。また、これまでは見たこともない企業のドレッシングのCMまで流れる始末。ニッスイの焼きおにぎりを買うと、そのCMも急に始まった。小型のサロンパスを貼ると、そのCMも急に流れるようになった。インスタント味噌汁を買うと、急に、インスタント味噌汁のCMが流れるようになる。イカリングのフライを買うと、イカリングフライのCMが流れる。スイカを食べると、スイカのCMが流れる。ネットで、カルピスソーダを探していると、カルピスのCMが流れるようになる。タコを買って食べると、タコのCMが流れた。これらは、おそらく、各企業に侵入しているカルト信者工作員の社員が、広報CM担当などにいて、支持依頼しているのではないだろうか?また、CMなどにも、カルト信者系芸能人を多数使用してるのも、不気味である。
 おそらく、彼らカルト宗教団体の信者工作員は、各CM企業、各TV局内にも多数侵入していて、連携して、巨大な影響力を使って、そういう暗示するような工作をしているのではないだろうか?そういう疑いが、非常にあるのである。
 また、別な可能性もある。というのは、TVのアンテナは、壁にある端子に接続しているが、この先が、本当にアンテナだけに接続されているかは、ケーブルを管理室まで、たどってみなければ、本当のところは、わからない。彼らは、そのケーブルの途中に視聴をモニターして、その情報を無線で、飛ばす装置などを接続している可能性は、十分にあるのだ。なにせ。この団体、衛星まで持って、独自の放送までしている団体なのだ。また、同じように、一旦、アンテナから受信した電波を途中で、加工して、例えば、CMの部分だけ、入れ替えて、さも、通常のアンテナ信号のように、偽装している可能性さえあるのだ。何をするにも、手段を選ばない彼らなら、そんなことさえ、やり兼ねないし、巨大な組織ゆえ、できてしまうのだ。
もし、そうだとすると、あたかも、自分が買ったもののCMがすぐ、流れるように、見えているのは、自分だけで、他の人は、そんなころころ変わるCMは、見ていないことになる。すると、そこで、例えば、被害者がCMがおかしいと他人に話せば、この人、頭がおかしいと、こちらが、精神的な問題を疑われてしまうという歯止めがかかった工作になっている可能性があるし、彼らの工作は、だいたい、そういう誘導工作にもなっているのだ。例えば、事実だったとしても、他人に、救急車が、付き纏って来るというと、普通は、やはり、言った人が、精神的に疑われてしまう。彼らの工作は、全てそういう二重の工作になっているのだ。また、引っ越しの日、ヘリがマンション上空で、ホバーリングしていて、その後、移動した車をしばらく、尾行してきたが、その場合も、同じ、状態になる。他人に話せば、そんなことは、有り得ないという人々の一般常識が歯止めになって、信用されることはない。他人に話しても、どうせ信用されないという歯止め付きで、強く言えば、こちらが、精神を疑われるという二重工作になっているのである。よって、例え、事実でも、絶対にばれない工作になっているのだ。彼らの工作は、全て、そういう二重の工作になっているのだ。









・情報収集目的で、俺のゴミのみを持ち去るために、カルト宗教団体の影響力を使い、役所のゴミ回収時間を変更した疑い

ここのマンションは、専用のゴミ室があり、24時間、ゴミ出しOKである。
従って、ゴミは、回収場所に出すのではなく、ゴミ室内へ、いつでも出せるようになっている。
今までは、ゴミの回収時間は、朝であり、朝、出せば、朝、回収するので、朝、一旦、ゴミ室からは、ゴミがなくなる。その後、徐々に溜まっていくので、午後出せば、ゴミが多く、そのゴミにまぎれるので、誰が出したゴミかは、わからなくなる。
ところが、ある時期から、午後、ゴミ出しに行くと、全く、ゴミ室内には、ゴミがなく、私が、出したゴミだけになってしまい。私が出したゴミがはっきりとわかってしまうことになりました。ところが、二回目に、ゴミを持っていくと、なぜか、私の出したゴミが、消えているのです。どうやら、カルト信者工作員が、持っていったようです。今までは、午後にゴミを出しても、たくさんゴミがあって、個人を特定することは、不可能でした。しかし、午後、ゴミ室を、故意に、空にされたのでは、その後、私がゴミを出すと、どうやら、カルト信者工作員が、外に、車で、待機しているようで、購入しているものなどの情報収集するために、私のゴミだけを、持って行っているようなのだ。ところが、深夜、行ってみると、深夜もゴミがない状態だった。しかし、あれだけ、朝、山積みになっていたゴミをどうしているのか不思議である。例え、ゴミ収集時間を午後一に変更したとしても、午後一には、一旦、ゴミ室内のゴミがからになっても、その後、ゴミは増えるはずであり、深夜には、以前の朝と同じく、山積みになっていないと不自然である。やはり、私のゴミを持ち去るために、深夜も、ゴミ室内のゴミを空にしているのか。すると、カルト工作員が、合鍵を持ち、深夜も活動し、ゴミを運び出して、ゴミ室内のゴミをなくして、いつ私がゴミを出そうが、出したゴミを持ち去って、情報を収集するための情報源にしているのか。今までは、ゴミの管理は、午前中勤務の年配の女性管理人が一人でやっていたが、今は、カルト宗教団体の工作員たちが複数で、組織的に、24時間、ゴミを、移動しているのか。
 いずれにしても、これは違法な行為であり、不気味である。つまり、買った商品などを特定し、ネットスーパーやショッピングサイトから、それらの商品を無くすか、価格を高くするなどの悪意に満ちた工作をしているようなのである。実際に、よく買っていた商品が突然買えなくなっているとか、価格が不自然に高くなっている、など、弊害が発生している。明らかに、これは、カルト宗教団体による組織的な生活妨害工作である。ネットスーパーやショッピングサイトにも、カルト信者工作員が多数いるので、組織的に連携してやっている可能性が高い。
それで、調べてみると、どうやら、役所のゴミ収集時間が、午後に変更になってしまったようなのである。
俺のゴミを持ち去るためだけに、カルト信者工作員がいる役所内で、ゴミ収集時間を、組織的な工作で、故意に、午後の時間に、変更した可能性があるようだ。
俺のゴミを持ち去るために、役所のゴミ収集時間を、その影響力により、変更してしまうとは、恐ろしいカルト宗教団体である。
さすがは、全ての企業・機関に信者がいる世界最大のカルト宗教団体である。
しかし、もし、そういうことをしたとすれば、必ず、どこかに、違法行為が行われている可能性があるので、犯罪に当たる可能性も高い。このゴミを持ち去るなども、テロ等準備罪や共謀罪や組織犯罪処罰法違反に当たる可能性もあり、犯罪である。
だから、いくら大きい影響力を持つ世界最大のカルト宗教団体だろうと、警察内部にも信者を多数侵入させていようと、犯罪は、犯罪である。いつか、必ず、検挙されるだろう!










・彼らカルトが行う組織的な生活妨害犯罪について

 最近、俺が、ネットスーパーやネット販売で、購入したものが、次には、なくなっていて、買えなくなるという生活妨害工作をされているようだ。また、安く買えたサイトでだけ、なくなっていて、高くなるサイトにしかないという嫌がらせにも似た生活妨害工作をされているかもしれない。あるいは、俺が買ったものだけが、値上げされているとかも、結構、多い。これは、経済困窮を早める工作にもなっているらしい。
 例えば、以前、実スーパーに買い物に行っていた時にも、やられた。例えば、そのお店で、カルピスソーダの500mlを買って帰ったとする。その時、周囲には、他人の買い物を覗き込む薄気味悪いカルト工作員らしき人間が、うろついているのがわかった。そして、次回、買い物に行くと、見事に、カルピスソーダの500mlだけが、棚から消えているのだった。今は、ネットでも、同じ状態である。
今では、よく買うコカ・コーラ・ゼロも完全に、ネット通販サイトとネットスーパーから消されてしまっている。
ウソだと思うなら、何のサイトでもいいから、試しに、コカ・コーラ・ゼロ 500ml 1本買おうとしてみてほしい。まず、どこのサイトでも、コカ・コーラ・ゼロの500mlの1本を買うことができなくなっていることがわかってもらえると思う。
それだけ、彼らカルト宗教団体の信者は、どこの会社にでも、どこの通販サイトにも、どこのネットスーパーにもいるということの証明である。
 これらの生活妨害については、他の被害者様も、結構、書かれているので、ほぼ、間違いないと思われる。まあ、実店舗なら、尾行したり、付きまとって、観察して、情報収集すれば、可能な気がするが、まさか、本来、他人には、わかるはずのないネットでの購入でも、同じことをやられるのだから、彼ら、カルト宗教団体の影響力は、ネットスーパーやネット販売サイトなどにも、及んでいるということかと思う。まあ、全ての企業・機関には、自然分布でも、最低5%以上は、カルト宗教団体の信者がいるので、何をやっても、彼らカルト宗教団体の影響力を、回避することは、不可能であると思われる。しかし、例え、社員でも、業務外で、特定の個人の購入情報などを勝手に見ることは、許されていないので、もし、目的外で、見ていたとすれば、不正アクセスに当たる犯罪である。または、巨大なカルト宗教団体なので、たぶん、組織として違法な中継サーバーを設置していて、全ての人の全ての注文メールなど、メール全てを、モニターしている可能性もある。
 従って、彼らのやっている組織的な生活妨害行為や嫌がらせ犯罪を、組織犯罪として、立証できれば、検挙できるはずである。実は、それは、簡単なことである。なぜなら、彼らは、組織的に何らかの連絡を必ず、し合っているので、全ての種類の通信さえ傍受記録できれば、100%証拠をとれるはずである。










・言葉をピックアップのコーナー

・策士、策に溺れる

・鹿を追う者は、山を見ず

・李下に冠を正さず

・因果応報

・馬に乗るとも、口車に乗るな

・襟を正す

・青天の霹靂

・濡れ衣を着せる

・辻褄を合わせる

・河童の川流れ

・一匹の馬が狂えば、千匹の馬も狂う

・手前味噌を、並べる

・天は、二物を与えず

・天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず

・嘘八百

・聞いて極楽、見て地獄

・嘘は、いつかばれる

・絵に描いた餅

・机上の空論

・絵空事

・木を見て、森を見ず

・馬の耳に、念仏

・人の褌で、相撲を取る

・この世に、悪の栄えた試しは無い

・悪は、必ず滅びる

・悪銭、身に付かず

・無用の長物

・百害あって、一利なし

・嘘つきは、泥棒の始まり

・人は、見かけ通りとは限らない

・犬も歩けば、棒に当たる

・危ない橋を渡る

・公務員は、全体の奉仕者でなければならず、一部の人々の奉仕者であってはならない

・化けの皮が、剥がれる

・弘法も、筆の誤り

・猿も、木から落ちる

・開いた口が、塞がらない

・あった事をなかった事にはできない

・一方的

・最後は、必ず正義が勝つ

・悪にSay bye

・逆恨み

・人は、見かけによらぬもの

・人のふり見て、我がふり直せ

・壁に耳あり、障子に目あり

・虎の威を借る狐

・猫に、小判

・犬に、論語

・豚に、真珠

・灯台、下暗し

・蛙の子は、蛙

・昨日は人の身、今日は我が身

・井の中の蛙、大海を知らず

・お前たち、邪悪なカルト宗教団体の信者たちの魂は、善良な人たちの血で染まっている!

・「事実は、小説よりも奇なり!」

・「カルトに入れば多くの人を傷つけることを知ってほしい!」 ----- カルト被害遺族

・組織的な「集団ストーカー」犯罪を、取り締まらないなら、日本、死ね!









※ コラム

全国霊感商法対策弁護士連絡会が、桜田淳子の芸能活動に反対した。
だったら、同時に、同様に、反社会的な活動をしているカルト宗教団体である新興宗教団体S会の広告塔をしている女性お笑いタレントHのTVでの芸能活動にも反対すべきである。また、様々な番組やCMにも信者タレントが多数出演しているのも、異常である。
また、カルト宗教団体S会が、TV番組のスポンサーをしていて、CMまで、流していることにも、反対すべきである。









・本来、信頼されている職種の人の犯罪

・静岡県警の警官が、取り締まり時に、女性の体を触ったとして、逮捕された。

・東京都江東区内の自治会長が中一少女の買春容疑で逮捕された

・TBS-TVの部長が、危険ドラッグの液体を女性にかけ、怪我を負わせたとして、書類送検

・山梨市長、職員採用で、特定の人間を、採用するように、不正行為をしたとして、逮捕された。

・埼玉県の消防士が大麻所持で逮捕された。

・福岡県警の警部補が大麻所持で逮捕された

・鹿児島県霧島市議たちが、複数で、報奨金を不正受給

・横須賀基地の海上自衛隊員が、店で、窃盗、処分

・大分県警宇佐警察署の警官が同僚の交通違反をもみ消したとして、書類送検

・小学校教師の男を、わいせつで、逮捕

・徳島市議、スカート内盗撮か

・千葉県市川市の市議会議員が、女子中学生にわいせつな行為をしたとして、逮捕

・小学校の臨時教員、子供にカビを食べさせていた疑い

・熊本県荒尾市の職員が、市の個人情報システムに不正アクセスし、不正に女性の個人情報を入手して、悪用し、ストーカーをしていたとして、解雇処分になった

・警察官が同僚の速度違反をもみ消し、大分県警

・神奈川県警の刑事、盗撮容疑で、逮捕

・弁護士の男、裁判所のトイレに火をつけ、逮捕

・消防士の父親、長男を虐待

・福岡、妻子3人殺害事件で、福岡県警の警察官である夫を逮捕

・約8億円相当の金塊窃盗事件で、仲間に愛知県警の複数の警官がいて、情報を流していた疑い。

・寝屋川市の小学校教諭が、生徒に、性的暴行で、逮捕

・神奈川県警は、歯科医師二人を、自宅に大麻を所持していたとして、逮捕

・兵庫県立高校の女性校長が、校内で、教員を宗教に勧誘していて、宗教施設に行くことを隠して、臨時教員を同行させ、無理に入会させていたことが発覚。(臨時教員の契約を延長する権限を校長が持っていた為、逆らえなかったらしい。ある意味パワハラである、また、校内で勧誘するのは、業務命令違反に当たる)

・福岡県警の男性職員が、拾得物の20万円を横領で、書類送検、解雇

・熊本市の29歳のレスキュー隊員の消防士が児童買春で、逮捕

・広島中央署内で、鍵をかけてあったはずの8500万円が署内で、窃盗にあう

・渋谷署の生活安全課の巡査部長が、女性の体をさわり、逮捕

・空自三沢基地の自衛隊員が、家宅侵入し、青森県内の女性に暴行、強盗で、逮捕!

・我孫子市で防犯パトロールのタスキをつけて見守りをしていた松戸市の保護者会の会長が、女児誘拐・殺人事件で逮捕!

・小田原市に住む箱根町立小の女教師が、窃盗と暴行で逮捕された!

・神奈川県警警部補が、盗撮で、逮捕された!

・茨城県警の警部補が、飲酒運転で、書類送検された

・家宅侵入と強姦で、逮捕されたNHK記者、再逮捕!

・神奈川県警の新人警官が、ストーカー規制法違反で、新潟県警に逮捕される

・神奈川県警水上警察署の職員がDVDを窃盗で逮捕!

・愛知県豊山町で、ある事故の為に、出動した救急車とパトカーが衝突したので、別の救急車を再出動させたが、約10分遅れて、現場に到着すると、被害女性は、すでに死亡していた。

・警視庁の警部補、電車内で、痴漢

・緊急走行の必要性がないのに、緊急走行をして、事故を起こした白バイ警官が、不起訴になった。

・日本経済新聞社の社員が、他人のメールサーバーに不正アクセスし、メールを覗いていた件で判決

・フジTVの記者が暴力団に便宜をはかったとして、書類送検された!

・警視庁本部の警部補が、スカートの中を盗撮して逮捕された!

・笠岡市の消防士が、万引きで逮捕! 3月9日(岡山県)















・このサイトを終了・閉鎖する条件

・自分たちは、信教の自由を盾にして組織犯罪と憲法違反をしているのに、宗教の勧誘を拒否する・断るという他人の憲法で保証されている信教の自由は絶対に認めないという矛盾した考えを改めたら

・被害者にする一切の組織的な犯罪行為をやめたら

・一切、生活妨害・人生妨害や嫌がらせをやめたら

・一切、生活や人生への干渉と嫌がらせをやめたら

・部屋内部の盗撮や盗聴や透視技術を使った監視をやめたら

・24時間、365日の監視をやめたら

・尾行がいなくなったら

・駅を出ても、必ず来る救急車などの緊急車両が来なくなったら

・住宅街を歩いても、不自然に家から出てきて、立って、見張るような行為をする地域末端信者がいなくなったら

・外に、出ると、必ず、サイレンを鳴らした緊急車両が来ることがなくなったら

・室内での行動をトリガーにしたサイレンを使った緊急車両のストーカー行為がなくなったら

・駅で、改札を出ようとすると、必ず、カルト系のおまわりや警備員や駅員や見張り役などが、待ち伏せしていることがなくなったら

・スーパーやコンビニなどのお店で、買い物をすると、不自然に尾行したり、買い物を調べようと、覗き込むカルト系工作員がいなくなったら

・外に出ると、不自然に、遭遇・監視をしようとするカルト系工作員と遭遇しなくなったら

・部屋を出ると、夜中の0時だろうと、何時だろうと、24時間、いつ行っても、同じマンションの住民を装って、玄関や裏口から入ってきたり、エレベータで、降りてきたりして、複数の信者が、必ず、監視と遭遇工作をする行為をやめたら

・他人の車に乗っているときに、まわりに、異常なほどのカルトナンバー車の集中が見られなくなったら

・不動産や携帯ショップなどのお店に入ると、必ず、客を装って、情報収集と監視のために、隣に座り、こちらが帰るまでいて、こちらが、帰ると帰るというあからさまな付き纏いと監視行為をするカルト系工作員が、いなくなったら

・情報収集のために、TVなどの視聴を違法にモニターしているのを、やめたら

・周辺の部屋などにいるカルト系工作員が、いなくなったら

・自分が集団ストーカーの被害を受ける前の年までは、体には、傷一つなく、また、傷になっても、一週間もすれば治っていたし、五体満足だったが、加害が、開始された年から体の表面に問題が出始め、その後、広範囲になり、以前は、すぐ治っていた表面のトラブルが、全く治らず、悪化する一方になり、最近では、筋肉や骨にまで、障害が出て、生活に支障をきたしているが、そのようにある特殊な方法(放射線やマイクロ波など?)を使っての遠隔からの病気への誘導・攻撃をやめたら

・違法に、組織的にゴミ室内のゴミをどこかへ搬出し、常に、ほとんどのゴミをなくして、被害者が出したゴミがすぐわかるようにし、常に、ゴミ室の外で、待機し、情報収集のために、出したゴミを持ち去るという不気味な行為をやめたら

・身内の人間の車や家での、盗聴・盗撮・尾行を止めて、GPSや盗聴装置などの装置を撤去したら

・昔、家族で、旅行した時、信者工作員も複数で、侵入してきて、食堂で、わざと、動画を撮ろうとしてきたり、温泉に入ると、時計型のカメラをして来て、裸を録画されそうになったり、翌日、駐車場から、車を出そうとすると、出口で、待ち伏せしているし、帰りには、尾行されていて、まいても、GPS装置をつけられていたようで、また、ついてきた。さらに、帰りには、道路の外から、2車線越えの飛び出しを2回もやられ、事故誘導され、最後の一回は、自動車道で、ここで降りようと言うと、盗聴している車が、右隣にいたようで、急ハンドルを、こっちにきっていて、前に入られ、完全に事故で、一家全員が、死ぬところだった。普通の人なら、完全に事故って、全員死亡していた可能性があった。たまたま、俺は、富士スピードウェイや筑波サーキットによく行くなど、B級ライセンスを取ろうとしていたくらいセミプロ並みの腕だったので、運よく、回避できたくらいなのだ。また、地方にもよくドライブをして、山道で、地元のやつと競争して、慣れた地元のやつが、ギブアップするくらいだった。首都高や17号や15号や246や1号や20号もよく走っていて、俺の庭みたいなものだった。それくらいだったから、たまたま回避できたのであって、たぶん、限界の走りをしたことのない普通の人なら、回避できず、急ハンドルを切って死んでいたかも知れない。この件は、もう、俺と家族に対する殺人未遂なので、絶対に許せないので、謝罪してもらう必要がある

・病院内での、カルト系医師や協力者による、違法なミスに故意に誘導することがなくなったら

・宅配便などで、故意にトラブルを発生させることがなくなったら

・外に出た時に、不自然に、待ち伏せするカルト系交番・派出所警官を見なくなったとき

・ネットスーパーやヨドバシやAMAZONなどの購入サイトでの、お気に入り商品やよく買う商品に対する、故意による品切れ、値上げ、販売終了などへの誘導工作をしなくなったら

・コンビニや100円ショップなどのお店に、入ると、「今入った人は、万引き常習犯だから」とお店にデマの通報をして、お店の従業員に不必要な警戒心を持たせ、万引き犯を見るような態度で、陰から様子を伺うなどの行動をとるように誘導しようとすることがなくなったら

・病院へ行こうとすると、病院の玄関先に、警備員でもなのに、あからさまに、立って見張りをしている信者を配置し、病院や薬局や駅への出入りにタイミングを合わせて、救急車などの緊急車両を動員することが、なくなったら

・JR東日本の新幹線駅の改札を入ろうとすると、カルト系駅員が見ていて、通ったその改札だけを故意にエラーにして、通行を妨害するようなことが、無くなったら

・長距離バスに乗ると、必ず、カルトナンバー車が複数台で、ずっと、バスの周りに付き纏ってくる行為をやめたら

・マンションで、上の階から、ドンドンと故意に騒音攻撃をすることが、なくなったら

・カルト系鉄道員などと組織的に連携し、被害者が乗った電車だけを、ピンポイントで、「時間調整で、しばらく停車」「非常停止が押されたため・・・・」「安全確認のため、しばらく、停車します」などのトラブルを演出し、電車を遅らせたり、発車しないなどの工作をしなくなったら

・歯科医院や病院に対して、組織力を使って、連絡を入れ、歯科医師や医師などの正常な業務を歪めようとしたりしなくなったら

・実家や身内の車を、盗聴して、車内や家の中で行くと言った寿司屋の駐車場の入口での待ち伏せや店内での隣の席に先回りして、本来、他人が知らないはずの事を仄めかす行為や、家電店などのお店の特定の商品の売り場に、先回りして、何も買わず、ただ、立っていて、不審がらせる行為などをしなくなったら

プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR