7/31

朝、会社駅T駅の改札前には、いつものように、待ち合わせを装った見張り工作員が、数名いた。




公園の横道は、俺が近づくと、必ず、妨害の車が現れる。

しかし、その前後だと、車はいない。

俺が通るタイミングの時のみ、車が現れる。





帰り


そもそも、社内の二階の階段前の横に、階段の方を見ながら、携帯をする女がいた。

どう見てもカルト見張り要員だと思う。

でも、一階にもいたと思う。




社内の見張りは、結構、組織を挙げて、やっているので、頻繁に、変えてくるので、なかなか、特定するのは、難しい。

昨日は、男、今日は、女、という風に変えて来る。

社内でもカルト信者が多いといいね!
毎日でも変えられるから。

ただ、普通に携帯をしている風に見せている。

ここの社内にオウム真理教に似たカルト宗教の信者が多数入り込んでいることを知らないと、見分けることは、難しいと思う。





会社を出て、立体交差点を曲がって、歩行者信号を待っていたら、やっぱり、来ました。

例のカルト断定ミニパトがやってきた。
たぶんT警察の「413」をカルト信者の婦警が運転していると思われる。

こういうカルト宗教の信者を警官にしてはならない。

例えば、オウム真理教に似たカルト宗教の信者を警官にしたら、どういうことになるか、普通の頭なら、想像がつくだろう!

今日は、時間を少し遅く出た。

それでも、カルト系のミニパトは、合わせてきた。

このミニパトを運転する婦警は、そのしつこさから言って、間違いなく、オウム真理教のようなカルト宗教の信者だと思われる。

カルトが一方的に、自分たちの宗教の敵だと判断した相手の一般人に対して、信者として、指示通りに、パトカーを付き纏いの道具として、いやがらせをしているのだ。

この付き纏いは、他人に話すと信用されないので、被害者の話の信ぴょう性をなくさせ、話した本人自身が精神を疑われてしまうというシステムになっているのだ。
それを狙っているので、敢えて、パトカーを使うのだ。

事情を知らない人は、パトカーがそんなことをするわけないじゃないの?という風に信用されにくいので、わざとパトカーを使うのだ。




会社駅に行く途中で、カルトの工作があった。

この場所は、セブンイレブンの向かい側だ。


この場所もよく、工作員が何度も様々な工作をして来る場所だ。



身長が2mくらいありそうな鬼のような顔の男の後ろを通ったら、なんの理由か、睨み付けてきた。

この鬼は、横断歩道を渡る為に、横断歩道の方を向いていたのに、わざわざ、後を俺が通ったタイミングで、後を見て、睨み付けてきたのだ。

当然、こんな普通の人はいないので、こいつは、カルト宗教の信者だろう!

こいつも、そうするように、指示されたのだろう!


俺には、結構、笑えた。

だって、普通そんなやつはいないから!

普通に考えれば、こいつは、頭がおかしいか、精神障害者のどちらかかだ。




そして、歩行者用信号が青になったので、そいつのにらみつけを無視して、横道の道路を横断した。

その先にいたのは、子連れの女だ。この女は、歩行者信号待ちをしていたので、俺はその後を通ったはずだが、その女は、なぜか、後を通った俺を見てきたのだ。


その女が、俺の表情を読もうとしていた。

たぶん、この女は、カルト宗教の信者工作員だ。

反応を見る役目だったのかもしれない。

どの程度の効果があるか見ていたのだと思う。


俺を見て、笑っていた。いやニヤついていたと言った方が合っているかも。

カルト信者工作員の特徴は、被害者を見るとついニヤついてしまう。

でも、俺も笑っていた。苦笑いのような感じだったと思う。

だって、そんなやつは、普通、いないって!







帰りも、会社駅T駅の改札前には、いつものように、待ち合わせを装った見張り工作員が、数名いた。
また、動員したと思われる男子生徒が10名から20名程度待ち伏せをしていた。

俺が改札を入ろうとすると、先に入っていった。



そして、ホームに上がったら、大分、離れた位置にいた。


ところが、いつの間にか、その離れた位置から、裏を通って、俺を、Uターンするように、近い位置に来た。
誰が見たって不自然な行動だった。
完全に、俺を意識した行動だ。
俺は、こんなクソ餓鬼どもと面識はない。

普通の生徒は、そんなことは、しない。

よって、この餓鬼どもは、カルト宗教の信者と断定することができる。

おそらく、指示されてやったのだろう!

明らかに、いやがらせとして、やった行為だ。

こいつらが、高校生なのか中学生なのかよくわからない。

顔は、幼く、中学生っぽいが、身長はみな高く高校生っぽい。

これでも、高校一年生とかかもしれない。

しかし、夏休みに入っているのに、カルトは、わさわざ、俺にいやがらせをする為だけで、動員したのかもしれない。

なんか、ホームにもカルトっぽい人々が多数いた。




カルト宗教は、高校生でも中学生でも使ってくる。


平日、18:15~18:30くらいの時間に、I線T駅の改札の前に来てみるといい。

不審者だらけだから。

また、不自然に、団体がたむろしながら、待ち伏せをしているのが、わかると思う。

それは、男子生徒の場合もあれば、女性の団体の場合もあるし、年配者の団体の場合もあるし、様々な種類の団体が待ち伏せしているのがわかると思う。

また、俺が、改札を入ってホームに上がると、今度は、ホームに、不審者が集中する。













プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR