12/28の被害

12/28の被害


今回は、部屋を出てから、部屋に戻るまでの全ての、ストーキング行為は、省略します。

ただ、その中でも、特に何件か選んで書きます。



朝、出勤時、一回乗り換えて、二回目の乗り換えの時の出来事だ。

乗り換えの為に、次に降りるのに、近い位置に乗ろうとホームを移動していた。


すると、電車のドアがすでに開いているにもかかわらず、一向に、電車に乗ろうとしない人たちがいた。

俺は、ひょっとすると、こいつらは、カルト臭いなあーと思ったので、


そこのドアを避けて、さらに、先に行ってから乗った。


この老婆と若者のカルトたちは、俺が前を通るときに、俺の、顔を、確認するように、見ていたのだ。

もう、電車が来ているのにである。

そんなやつは、普通いない。

普通なら、乗る電車に注意がいくはずであるから、そうでないこいつらは、すぐに、カルトであることがわかった。

そして、俺は、こいつらから、離れたドアから乗り込んだ。

すると、こいつらは、俺の方を見ながら、近いドアから乗った。


それで、乗ってからが、気持ち悪かった。

同じ車両内の端と端にいるのだが、この老婆たちは、俺の方を何度も何度も確認するように、凝視しているのだった。

普通の人は、そんな車両の中の離れた位置を見たりしない。

ところが、この2人は、遠く離れた俺の方をじっと見ているのだった。


最初は、普通に、一般の人がベンチの前で、電車を待っているだけだと、思ったら、とんでもない、

カルトたちがつきまとい・監視・待ち伏せなどのストーキング行為をしていたのだ。

電車がすでに来ているのに、全く、乗る様子がなく、俺がいる横を見ていたので、こいつらは、カルトだというのが、わりと、早く、わかったのがよかった。


早く、気づいたので、近くに乗らなくて済んだ。

そのカルトの老婆の方は、気持ち悪くしつこく遠くの俺の方を見ていたのにも気づいたので、とても、不気味だった。

こういう風に、ホームにいて、来た電車に、すぐに、乗らない人間たちも、カルトの確率が非常に高いことがわかる。


もちろん、電車が来ても、乗らない人もカルトの可能性大である。

一見、何人もいて、普通そうに見えるが、実は、それらは、みんなカルトであり、一見、バラバラにいて、有り得そうな光景を作り出しているが、それらは、すべて、カルトたちがやっているのだ。

つまり、電車が来て、乗らないやつは、まず、カルトの信者だと、考えて間違いない。

それは、一人や二人じゃない。

各駅にいたりするので、かなりの人数なのだ。

ストーカーが少人数だというのは、全く、迷信で、

俺の場合のように、実は、ストーカーは、集団で、組織的にやっているのだ。

やはり、組織的なカルトに対処する法律が必用だ。

暴力団に対処する法律と同様に。

カルトは、ある意味、暴力団より、悪質で、凶悪だと思う。






これは、帰り、電車の中での強迫に近いストーキング行為だ。


俺は、来た電車に乗った。

すると、向かい側に、老婆が2人座っていた。

最初は、それほど、話をしていなかったが、電車が発車してしばらくすると、急に大きな声で、

恐ろしいことを話しているのだった。


それは、


「刺されるかもしれない」

「ただ、もし、刺されても、我々には、非はないもの」


だって、


とても、普通の老婆の会話では、なく、

周りの他の人たちが降りて、この付近には、俺とこの老婆たちしか、いなくなってから、その話をしだしたのだ。

当然、こいつらは、カルトたちであることは、その会話からすぐにわかるだろう!


だけど、許せないのが、散々、集団で、ストーキング行為といやがらせをしておいて、


「我々には、非がない」とは、どの面さげて、言っているのだ。

お前らは、自分たちが何をしているのか、わかっていないのか?

ほんと、お前らは、人間か?

ただのケダモノではないのか?

脳みそはあるのか?

脳が腐っていないか?

「非がない」とは、とても、ストーキングをしているケダモノの言う言葉ではない。

ほんと、怒りがわいてくる。




そういえば、そう言っていた方の老婆の顔をよくみたら、

なんというか、異常そうな顔をしていた。

精神異常のような顔と表情だったのだ。

当然と言えば、当然で、洗脳されているわけだから、どんな、狂った教義でも、信じ込まされているのだろうから、正常そうな顔や表情をしているわけがないのも、納得できる。


ただ、こんな狂ったカルトたちが、ストーキング犯罪をしていて、全く、取り締まられないというのは、とても、問題である。








プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR