カルト集団たちの会話(仮想)

以下、仮想の話です。

あるとき、被害者にいやがらせをする為に、同じマンションに潜入させられているカルト工作員の男と女がいた。

カルト工作員の男と女は、さも、他人ですというように、よそおって、別々にエレベータに乗った。

そのカルト工作員の男と女のエレベータ内での会話

突然、カルト女が閃いたように言った。

カルト工作員女「ターゲットは、ひょっとすると、ペットが、苦手なんじゃない?」

カルト工作員男「そうかもな!その作戦で行ってみるか?」


当然、被害者は、次の日から、ペットをつれた人物に、異常なほど、出くわす結果となったのは、言うまでもない。

こんなことが、現実の日本では、行われているのです。

あなたは、信じられますか?

私は、信じられない、こんな狂った集団が暗躍して、工作していて問題にならないなんて、いったい、日本は、本当に法治国家なのだろうか?


事実は、小説よりも奇なり!


信じるか信じないかは、あなた次第です。
プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
事実上、宗教の勧誘を断ったことから始まったと思われる。その後、おびただしい人たちによる入れ代わり立ち代わりの尾行・待ち伏せ・見張り・24時間の監視・つきまとい・仄めかし・騒音攻撃・事故誘導、救急車やパトカーを使ったつきまといや待ち伏せ、緊急車両のサイレンを使ったストーカー行為、病気・障害誘導、生活妨害、通勤妨害、就職妨害、人生妨害などの様々な妨害行為や嫌がらせ行為を組織的に、集中して行われるようになった。宗教の勧誘を断るというこちらの信教の自由を認めない悪質なカルト宗教団体から一方的に逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。特定の宗教に限ったことではない。よって、特定の宗教から攻撃される筋合いはない。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、全て罪悪以外の何物でもないと考える者である。
みなさんにとっても、他人事では済まない。
皆さんも、いつ、どこで勧誘されるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR