(12/8) 組織的なカルト信者たちの見張りと、救急車を使った遭遇工作によるストーカー犯罪


まず、外に出ると、おそらく、カルト信者のデマ通報を利用して、カルト団体の信者警官のパトカーか信者消防士の救急車が、サイレンを鳴らして、遭遇工作をして、
ストーカー行為をしてくる可能性が高いことは、事前に、わかっている。

たぶん、サイレンを鳴らした緊急車両を使って、ストーカー行為をしてくるだろう!


今回、外に出た機会を分析すると、その工作が、現実に、カルト団体によって、実施されていることが、はっきりする。

続きを読む

(6/18) Cult-ish number cars "9888", cult-based band man, park cult man, cult ambulance, Cult-ish schoolgirl population, before wicket cult man, cult granny group, cult car number "999", ambush cult ambulance

日本語版は、下にあります。


Today, if there is errands to Ikebukuro, I went.




Omitted the middle




When I arrived to the building where there is Ikebukuro seminar, before the entrance of the man, the tracks of the Cult-ish number "9888" has had been stopped in the city see this.

This is assuming that the cult car, I have, come is, it seems to have been found.

Well, because always there are tailing and monitoring,Well it can be seen!

In addition, in the net, also the I have seen, it seems to grasp.

Or Tempest? Integrally How Yu way, my PC does not know what has been shaken Tosa.

Well, cult followers, because being in all of the company, it's because I have there are believers in line skilled in the art that are using, something to the access point, also in the monitoring device, is attached, wirelessly, skip monitors It may be.


Alternatively, it intercepts radio, though able to decrypt the wireless channel, and whether is monitoring?



Alternatively, you can beat the encryption of the wireless line, there is a possibility that you are looking at.

This cult organization, so also has the University, in the laboratory of the University, and falsely the object, there is a possibility that such as study of decryption.

Use up to police officers and firefighters, if this cult organization that organized the stalker, so do not choose the means, it would seem that there is even the possibility of such a thing.



Also, at 3:00 of midnight, if you happened to the WiFi to ON, even though it was up to the quiet, still, sounding sirens, ambulance, because I came running, mad degree of this cult organizations, I think you get to know .

In other words, for the WiFi, surely, in the next room, the thing that has been monitored for 24 hours monitor.

If, if you are such a thing, it is completely crime.



At the seminar, and is attached to the seat, a man of skinheads came from later, and sit next to me, put out a smartphone, it took a blackboard in the photo.

However, I have from over there, at the moment removed the line of sight, also, shutter sound was.

Guy, you might cult operatives.

First time takes the blackboard, the second time, at the timing at which I have not seen, by switching the camera, in the take yourself, and pretend that taking a blackboard, there is a possibility that took me.

Usually, there is a handout, to Mai is' s students, all the way, until the blackboard, the guy to take photos, no.

Therefore, this guy is, there it is not likely an ordinary attendees.

Thus, the old man of the skin head that looks to this 60 years old or 70 years old might cultists operatives.

Apparently, the cult organization, to take the photographic evidence that I'll have, like has been said, is not limited to this time, deliberately, cultists operatives to try to take me in the photograph, the past also had a large number It is the fact.





Seminar is the end, when coming out of the building,

Sure enough, in front of the exit, young cult man ethics is low likely to see is because, in a crouch mobile, had a story.
(Of course, then, the ambulance came running is, needless to say.)

This guy is a watch-contact personnel of the cult.


Its horizontal, had stopped a white 1BOX.




In the adjacent park, stood a man of dark suits, I was looking around.

This guy also, I would watch the cult

Here in towards the back, just standing there, it's unnatural.




Then, suddenly to the sound of sirens, cult-based ambulance, I have run the back of the main street.

Sure enough, cult organization, in cooperation, have been mobilized ambulance of cult system for encounter work.

After all, it came! Nagging ambulance encounter work the!




I get pass the cult ambulance, and walk beside the road of Sunshine, in turn, is supposed red 1BOX type postal cars not rarely,

Suddenly, it has crowded ran next to the road.

This is also completely, is a postal vehicle cult system, the targeted, had been the encounter work, it is clear.




Omitted the middle






In S station, get off, go to the ticket gate of the subway of S Station, Cult-ish schoolgirl who is, as I was in accordance with the timing to enter the ticket gate, I came into the mass.

Why, also still, even though neither the time school ends, I wonder if there are high school girls in so large quantities?


Of course, this is also because there is a possibility of the cult of work, I stopped to enter the ticket gate.


From the back, if you try to go to the back of the ticket gate, also from the middle of the stairs, the population of high school students, came out,

If you go in the back, it came out from the back.

What? , These guys, though, it was split up, and dispersed, and have a such as those engineered action.


Also, go to the back of the ticket gate, here is, in here, the granny of the cult system has been ambushed four or five, from a distance, while looking at the person who I will come, if you are ambushed, and with me is about to enter , deliberately, to match the timing, in front of me, one after another, take the escalator, I has been interference so as not to ride. Also, in the back, so I had, because it was likely to be in the pincer attack, and ride the escalator was stopped.

I is that the Ri ride on an escalator, had been disturbing 100%.

Such sabotage is a strategy cult we do well.


Maybe, these guys, cult Granny us.










So, I'm at the end in the vicinity of the vehicle up of home is carried out down the stairs, and waiting, the previous high school girl who is, also, it came in large quantities.

What a do it, these guys!


These guys are, and those who got off to bother, even though came to the opposite side of the end, this cult smell schoolgirl populations, purposely, to the end that I have are from the home of the end, or was walked, probably funny Whoo me!

Completely, but it has been dogged!


Of course, I was leaving there, move to distant down side home.


I and even the replacement, I think that part of the work of cult that will give apprentice.

Previously, such work has been often.




In ik station, get off the course, and finished the errands, and come back to the station of the west entrance, cult man of the suit, in front of the ticket gate, had been ambushed.

Guy, it's lookout of cult.



In ih station, when you leave the West Exit ticket gate, after all, before wicket, the sentinels cult man that pretend to have seen a map of the wall stood.
2015-6-18 12-52-25 改札前で見張るカルト信者h




Upon exiting the northwest exit, on the right side of the shadow of the exit, three or four of the cult grandmother of the population, had been ambushed.

I'll either come up the stairs, I was peeping through the exit.







And, I'll take the exit, the home direction, looking, also, sure enough, on the road of the opposite opposite side of the apartment, cult-based ambulance had been ambushed.

Originally, I have, at the timing of the exit, but probably was the strategy to be encountered, I have, since the stopover, it would had been waiting!

Cult ambulance hall, cheers for hard work! Even It's hard to be encountered! Ambush or to!

In addition, the stop position is, at a position where the impossible, take the northwest exit, from Seven side, even back, via the back of MINISTOP, even back from the back, the apartment next to the road that can be encountered 100% It was exit front.

Cult who also equivalent, can be calculated, Na has been encountered work!



Nearby ih intersection, if you are monitoring, but I think understood, unnatural, or to pass the ambulance frequently, within 100m from the intersection, frequently, it is to or has stopped.

Ambulance is also than there is that ambulance cult system of encounter purpose.

Police car also, to pass through the more frequent unnatural, sometimes, it is to or has been stopped.

Of course, a police car also is the is present because a police car of cult system.




Enters the P, when up the stairs, sure enough, on the back, the track of whitish private garbage trucks of cult number "999", had been stopped conspicuously.
2015-6-18 12-52-25 マンション裏に止まっていたカルトナンバー車「999」hk


I nagging! Cult us! Cult number vehicles!



In addition, by the time get to the back door, the back of the cult smell granny is, also, good timing, by bicycle, it came.
2015-6-18 12-52-25 しつこく付き纏う裏のカルトばあさんh
Maybe, cult granny! You'll have dogged!








I have, the sentence you write a blog without connecting to the net, and begin to draft,


Guy on the north side of the next room is, a sound like vibration drill, such as open at hole in the wall, it was.


However, the noise in the IC recorder, if you try to record, the sound, ceased.


Previously also wrote that possibility, still, apparently, I have, in the room, what is or was, it seems to grasp.

Perhaps, in a concrete Mike, that you are monitoring, and probably have also shaken and. Because it is a huge cult organization.


After a while, also, it began.

This time, it was recording.
"The sound that hit the wall"



And you say, but that the cult followers to all companies.

Of course, it's also a doctor also to station staff to security guards to police to firefighters.

That's firefighters and police officers, the 10% or more, is a believer of cult organizations.

Overseas, of course, the followers of this kind of cult organizations to get to public office, it is're prohibited by law.

However, Japan is unchecked, the foreign, is that it is impossible.


They are, though it is public office, such as firefighters, is of a criminal act, such as a stalker as a cult organization is organizational.

This is a completely illegal act, is a criminal act worthy of arrest.

This cult organizations, overseas such as France, if you have specified in the anti-social and dangerous sect "cult", to be monitored.

It would otherwise, even in Japan, like the "Aum Shinrikyo", I ought to be monitored.

It is, and say or why can not, such as also the national institutions and government agencies, it is because the large amount of followers have invaded.

This problem is the same as such as IS, is an international terrorism problem.

Huge cult organizations, proudly, run the human rights terrorism, because he has begun to hijack the state institutions.

National feature of Japan, because there is enough potential to fall into the hands of cult organizations.

They, because the believers of the cult organizations such as firefighters and police, not the stalking is a lie,

By cult organization, Shimizu's female talent that was death relegated in his lifetime, voice recording that was speaking monk, also on the net, have clearly real, and heard the voice, of followers of cult organizations firefighter and police officers we, had been the stalking, it is clear.

They, cult organizations, and sue the fact that you have that kind of stalking, it is are you also work to induce to mental illness.

On the net by this fact also "AGSAS" Mr., it is the has been demonstrated.


Therefore, it is a global problem.


Please report this fact to the United Nations Human Rights Council.




(6/18) カルト臭いナンバー車「9888」、カルト系帯男、公園カルト男、カルト救急車、カルト臭い女子高生集団、改札前カルト男、カルトばあさん集団、カルトナンバー車「999」、待伏せカルト救急車


今日も、池袋に用事があって、行って来た。




途中省略




池袋のセミナーがあるビルに着くと、入口のまん前に、カルト臭いナンバー「9888」のトラックがこれ見よがしに止めてあった。

これが、カルト車だとすると、俺が、来るのが、わかっていたようだ。

まあ、常に尾行や監視がいるから、そりゃわかるよ!

また、ネットで、俺が見ているのも、把握しているようだし。

テンペストか? 一体どうゆう方法で、俺のPCがとう撮されているかわからない。

まあ、カルト信者は、全ての企業にいるから、俺が使っている回線業者にも信者がいるので、アクセスポイントなんかに、モニター装置でも、つけて、無線で、飛ばして、監視しているのかもしれない。

あるいは、無線回線の暗号化を破って、見ている可能性もある。

このカルト団体は、大学も持っているので、大学の研究室で、目的を偽って、暗号解読の研究などをしている可能性もある。

警官や消防士まで使って、組織的にストーカーをするこのカルト団体なら、手段を選ばないので、そんなことさえ可能性があると思えてしまう。


また、深夜の3時に、たまたまWiFiをONにしたら、それまでは静かだったのに、やっぱり、サイレンが鳴って、救急車が、走ってきたから、このカルト団体のキチガイ度合いが、わかってもらえると思う。

そもそも、普段のネットアクセスでは、WiFiは、使わない。暗号が解読され易く危険だからだ。

たまたま、WiFiを使ったら、カルト組織の工作が開始されたのだ。

だいたい、WiFiのSSIDは、スティルスモードなので、普通の人には、見えないはずである。

しかし、反応したということは、隣のやつは、見えるような特殊なソフトを使って、見ているということだ。

つまり、隣の人間は、普通の住人ではないということだ。

つまり、特殊な人間だということだ。

というと、当然、監視目的で、このマンションに入ってきたカルト団体の信者工作員であると言える。


つまり、WiFiについては、確実に、隣の部屋で、24時間モニターして監視しているということだ。

当然、暗号化については、一番強固なレベルのものを使っている。

ただ、それでも、一部の人間には、すでに、解読されてしまっているというウワサさえあるのも確かだ。

しかし、例え、暗号が解読されていなくても、

接続電波自体が存在するのは、特殊なソフトを使えば、見えてしまうのである。

一旦、SSIDがわかれば、次からは、電波をONにしただけで、通信しようとしていることは、わかってしまうのだ。

カルト組織側は、それさえ、わかれば、近所のカルト信者に成り代り、デマの救急車出動要請をすればよいだけだ。

後から、その近所の信者にも連絡しておけば、よいだけだ。

だから、実際にそういうことは、可能なのである。




しかし、いずれにしても、もし、そんなことをしていれば、完全に犯罪である。







セミナーで、席についていると、後から来たスキンヘッドの男が、俺の隣に座ると、スマホを出して、黒板を写真にとった。

ところが、俺がそっちから、視線をはずした一瞬で、また、シャッター音がした。

こいつ、カルト工作員かもしれない。

一回目は、黒板を撮って、2回目は、俺が見ていないタイミングで、カメラを切り替えて、自分撮りにして、黒板を撮っているフリをして、俺を撮った可能性がある。

普通、配布資料があるので、学生じゃあるまいし、わざわざ、黒板まで、写真に撮るやつは、いない。

よって、こいつは、普通の出席者ではない可能性がある。

よって、この60歳代か70歳代に見えるスキンヘッドのおっさんは、カルト信者工作員かもしれない。

どうやら、カルト団体は、俺がいる証拠写真を撮るように、言われているようで、今回に限らず、わざと、俺を写真に撮ろうとするカルト信者工作員が、過去にも、多数いたのは、事実である。






セミナーが終わり、ビルから出てくると、

案の定、出口の前で、見るからに倫理観が低そうな若いカルト男が、しゃがんで携帯で、話をしていた。
(もちろん、その後、救急車が走ってきたのは、言うまでもない。)

こいつは、カルトの見張り・連絡要員である。


その横には、白い1BOXが止まっていた。




隣接する公園の中にも、黒っぽいスーツ姿の男が立っていて、あたりを見回していた。

こいつも、カルトの見張りだろう

こっちに背中を向けて、そこに立っているだけで、不自然だ。




すると、いきなりサイレンの音がして、カルト系の救急車が、裏の大通りを走ってきた。

案の定、カルト組織が、連携して、カルト系の救急車を遭遇工作のために動員してきた。

やっぱり、やってきたね!しつこい救急車の遭遇工作を!



カルト救急車をやりすごして、サンシャインの横の道路を歩くと、今度は、滅多にいないはずの赤い1BOX型の郵便車が、

急に、横の道路に走りこんできた。

これも完全に、カルト系の郵便車であり、狙って、遭遇工作をしてきたのは、明らかである。







途中省略





S駅で、降り、地下鉄のS駅の改札に行くと、カルト臭い女子高生たちが、俺が改札を入るタイミングに合わせたように、大量に入ってきた。

どうして、またまだ、学校が終わる時間でもないのに、こんなに大量に女子高生がいるのだろうか?


当然、これもカルトの工作の可能性があるので、その改札を入るのをやめた。


裏から、奥の改札へ行こうとすると、途中の階段からも、女子高生の集団が、出てきたし、

奥に行くと、奥からも出てきた。

なんだ?、こいつら、あたかも、手分けして、分散して、工作しているような行動をしている。


また、奥の改札に行くと、こっちは、こっちで、カルト系のばあさんが4,5人待ち伏せしていて、遠くから、俺が来る方を見ながら、待伏せしていて、俺が入ろうとすると、わざと、タイミングを合わせて、俺の前に、次々と、エスカレータに乗り、俺が、乗れないように妨害してきた。また、後ろにも、いたので、挟み撃ちにされそうだったので、エスカレータに乗るのは、やめた。

俺がエスカレータに乗るりのを、100%妨害されてしまった。

こういう妨害工作は、カルトたちがよくやる作戦である。


たぶん、こいつら、カルトばあさんたちだ。










それで、俺は階段を降りて行って上りのホームの最後の車両付近で、待っていると、さきほどの女子高生たちが、また、大量にやってきた。

なんなんだ、こいつら!


こいつらが、降りた方とは、わざわざ、反対側の端に来たのに、このカルト臭い女子高生の集団は、わざわざ、ホームの端から俺がいる端まで、歩いてきたのか、おかしいだろうって!

完全に、付き纏っているよな!


当然、俺は、そこを離脱し、離れた下り側ホームに移動。


俺をチカンにでも、デッチあげようとするカルトの工作の一環と思われる。

以前から、そういう工作は、たびたびされてきている。




ik駅で、途中下車し、用事を済ませ、駅の西口に戻ってくると、スーツのカルト男が、改札前で、待伏せしていた。

こいつ、カルトの見張りだ。



ih駅で、西口改札を出ようとすると、やっぱり、改札前には、壁の地図を見ているフリをしている見張り役カルト男が立っていた。
2015-6-18 12-52-25 改札前で見張るカルト信者h





西北出口を出ると、出口の陰の右側には、3,4人のカルトおばあさんの集団が、待伏せしていた。

俺が階段を上がってくるか、出口の中を覗いていた。







そして、俺が出口を出て、自宅方向を、見ると、また、案の定、マンションの向い側の反対の道路に、カルト系の救急車が待伏せしていた。

本来は、俺が、出口を出たタイミングで、遭遇させる作戦だったのだろうが、俺が、途中下車したので、待っていたのだろう!

そもそも、マンションの向い側の路肩に俺が出口を出てくるまで、長時間停めていたということは、緊急ではない出動だったことの証明になっている。

本当に緊急な出動要請なら、到着したら、すぐに、病院へ搬送しているばずなので、そんな場所に長時間停止していることはないはずである。

つまり、俺に遭遇させるのに、最適な場所の住居のカルト住人が、不必要な出動要請をかけ出動させ、出動してきたカルト系の救急車と連携して、待伏せ等により、タイミングをはかり、俺に執拗に遭遇させる工作をしてきたのは明らかである。

カルト救急車殿、ごくろうさん!遭遇させるのもたいへんだね!待伏せしたりして!

また、その停車位置が、有り得ない位置で、西北出口を出て、セブン側から、帰っても、裏のミニストップ経由で、裏から帰っても、100%遭遇させることができるマンション横の道の出口正面であった。

カルトたちも、相当、計算して、遭遇工作しているな!



このih交差点付近は、監視していれば、わかると思うが、不自然に、救急車が頻繁に通過したり、交差点から100m以内に、頻繁に、停車していたりするのである。

救急車も遭遇目的のカルト系の救急車というのがいるのである。

パトカーも、頻繁に不自然なほど通過するし、時には、停止していたりするのである。

当然、パトカーもカルト系のパトカーというのがいるのである。




Pを入り、階段を上がると、案の定、裏には、カルトナンバー「999」の白っぽい民間ゴミ収集車のトラックを、これみよがしに止めていた。
2015-6-18 12-52-25 マンション裏に止まっていたカルトナンバー車「999」hk

しつこいね!カルトたちは!カルトナンバー車も!



さらに、裏口に着くまでに、裏のカルト臭いばあさんが、また、タイミングよく、自転車で、やってきた。
2015-6-18 12-52-25 しつこく付き纏う裏のカルトばあさんh

たぶん、カルトばあさん!付き纏っているよね!








俺が、ブログに書く文章をネットに接続せずに、下書きし始めると、


北隣のやつが、壁に穴でもあけるような振動ドリルのような音を、させた。


ところが、その騒音をICレコーダで、録音しようとすると、その音は、止んだ。


以前にもその可能性を書いたが、やはり、どうやら、俺が、部屋で、何をしているか、把握しているようだ。

おそらく、コンクリートマイクで、監視しているか、とう撮でもしているのだろう。巨大なカルト組織だから。


しばらくすると、また、始まった。

今度は、録音した。
「壁を叩く音」


こいつ、壁に穴でも開けているのか?

そもそも、賃貸マンションで、部屋で、ハンマーを使ったりすることは、有り得ない。

クギ打ちや、加工は、禁止されているからだ。



普通の人間なら、壁にハンマー音が聞こえることは、絶対に有り得ない。




よって、おそらく、この北隣の部屋のやつは、普通の人間ではなく、カルト信者なのは、明らかだ。



カルト工作員が、騒音工作として、わざと、やっているのだ。

このカルト工作員、次の日も連続3回を2回、壁をハンマーで叩く音の騒音工作をしてきた。




言っておくが、全ての企業にカルト信者はいる。

もちろん、消防士にも警察官にも警備員にも駅員にも医者にもいる。

消防士や警官だと、その1割以上は、カルト団体の信者である。

海外では、当然、こういうカルト団体の信者が公職につくのを、法律で禁止しているのである。

ただし、日本は、野放しであり、外国では、有り得ないことである。


彼らは、消防士などの公職でありながら、カルト組織としてのストーカーなどの犯罪行為を組織的にしているのである。

これは、完全に違法行為であり、逮捕に値する犯罪行為である。

このカルト団体は、フランスなどの海外では、反社会的で危険なセクト「カルト」に指定していて、監視対象である。

本来なら、日本でも、オウムと同じように、監視対象にすべきなのだ。

それが、なぜできないかというと、国家機関・官公庁などにも、大量に信者が侵入しているためである。

この問題は、ISなどと同じ、国際テロ問題である。

巨大なカルト団体が、堂々と、人権テロを実行し、国家機関を乗っ取り始めているのだから。

日本の国家機能が、カルト団体の手に落ちる可能性が十分にあるからだ。

彼ら、消防士や警官などのカルト団体の信者たちが、ストーカー行為をしていないというのは、ウソであり、

カルト団体によって、死に追いやられた女性タレントの清水さんも生前に、そう話していた音声録音が、ネット上にも、はっきりと実在していて、その音声を聞くと、カルト団体の信者の消防士や警官たちが、ストーカー行為をしていたのは、明らかである。

彼ら、カルト団体は、そういうストーカー行為をしている事実を訴えると、精神疾患へ誘導する工作もしているのである。

この事実も「AGSAS」さんによりネット上で、実証されているのである。


従って、全地球的な問題である。


この事実を国連人権理事会に通報して下さい。







(6/6) In addition, the ambulance

日本語版は下にあります。

I have, go to the front door, if you and if you win the key, sounding sirens, ambulance came running.



Really, or by chance?

The day before yesterday also, twice, at the timing when the went to the entrance direction, siren sounds, and that emergency vehicles such as police cars came running, it found.



So why, when the say of whether to that kind of work, the victim is, in the case where to go out, be sure, it is because must be encountered some sort of emergency vehicle.

In cult organization of rules, it seems to have decided so.


In other words, at the time of going out of the victim, it seems to have become to be a stalker crime haunted you use the emergency vehicle. In cult doctrine.

So, because cult organizations, but frightening.

In normal, if you have faith the unthinkable doctrine, it is because the run.

Of course, it such should be subject to legal regulations, but in Japan, it's a Hodai you want to do.

Japan and is a parrot, even though supposed learned, and he is stiff not a country.




And you say, but more than 10% of police officers is a believer of cult organizations.

More than 10% of firefighters is a believer of cult organizations.

This is a fact.




Thus, if the timing is unnatural, it is, he is likely to be a cult of work.


By the way, this malicious cult organizations, overseas such as France, as being extremely dangerous cult organizations are anti-social, it is has become to be monitored.

However, for some reason, in Japan, and the uncontrolled, to school and political parties, it has.

Internationally, it's that it is not impossible.

This parrot equivalent of cult organizations, be put to public office.

Overseas, the to get to believers office of this kind of cult organizations, of course, since it is legally prohibited,

Overseas, it is, it is not possible to his police officers and firefighters of this kind of cult organizations.

A true, Japan should also do so.


This kind of Japan's problem, please tell to the world.

FBI, CIA, the United Nations dono

Japan, cult organizations, have distorted the society, it is has become a major human rights problem. Investigation please.












(6/6) また、救急車が


俺が、玄関に行って、カギをかちゃとしたら、サイレンが鳴って、救急車が走ってきた。



はたして、偶然か?

おとといも、2回、玄関方向へ行ったタイミングで、サイレンがなり、パトカーなどの緊急車両が走ってきたのが、わかった。



では、なぜ、そういう工作をするのかというと、被害者が、外出した場合には、必ず、何らかの緊急車両を遭遇させなければならないからだ。

カルト団体のルールで、そう決まっているようだ。


つまり、被害者の外出時には、緊急車両を使った付き纏いストーカー犯罪をすることになっているようだ。カルトの教義で。

だから、カルト団体というのは、恐ろしいのだ。

通常では、考えられない教義を信仰していて、実行をするからだ。

当然、法的な規制の対象になるべきなのだが、日本では、やりたい放題なのだ。

日本とは、オウムで、学んだはずなのに、懲りない国なのだ。




言っておくが、警察官の1割以上は、カルト団体の信者である。

消防士の1割以上は、カルト団体の信者である。

これは、事実である。


よって、タイミングが不自然な場合、それは、カルトの工作である可能性が高いのだ。


ちなみに、この悪質なカルト団体は、フランスなど海外では、反社会的で極めて危険なカルト団体であるとして、監視対象になっているのである。

しかし、なぜか、日本では、野放しで、学校や政党まで、持っているのだ。

国際的には、有り得ないことだ。

こんなオウムと同等のカルト団体が、公職につけることが。

海外では、こういうカルト団体の信者が公職につくのを、当然、法的に禁止しているので、

海外では、こういうカルト団体の警察官や消防士に就くことは、できない。

本当なら、日本もそうすべきである。



こういう日本の問題を、世界へ伝えて下さい。

FBI、CIA、国連殿

日本は、カルト団体が、社会を歪めていて、大きな人権問題になっているのである。捜査願います。













プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR