1/23 カルトのキャンペーン




T駅を出たところに、チラシ配りのような男がいて、俺がその前を、通り過ぎると、その男は、「おはようございます」と、言った。

しかし、おかしなことに、その後、耳を澄ましていたが、他の人に、言うことはなかった。

これが、カルトのいやがらせだったことが後でわかる結果になる。



その男に、不信感を持って、さらに、会社の方向へ、歩いていった。


すると、幹線道路沿いの西側に位置するT小学校の門のところにきた。

その門には、いつものカルト警備員がいた。

なにか、やるだろうと思ったら、案の定、やった。

そのカルト警備員の前を通り過ぎるた直後、そのカルト警備員は、手を上げて、「おはようございます」と言った。

あっ、また、合図のようないやがらせをしてきた。

もう、何度もやられていて、さすがに、しつこい。

その後、後ろを聞いていたが、後から来る他の人たちに言うことは、一切なかった。

それでも、俺を、ピンポイントで狙ったことがわかる。

まあ、このじいさん警備員は、もう、カルト工作員であることは、すでに、わかっているので、いまさら、不審に思うことはない。



これで、駅前にいた男と、同じ行為をしたことがわかり、駅前にいたチラシ配りのような男も、カルト工作員であることがはっきりした。


以前から、チラシ配りは、カルトが、駅前で、見張りをする時に、カモフラージュに使うことが多々あったことでも、わかる。


また、実は、帰りにも、同じことを、全く、別な人間たちがやっていた。

カルトたちは、今日は、俺を発見すると、手を上げるキャンペーンでも、やっていたのかもしれない。





また、立体交差点を左折して、少し行くと、隣の会社の出入り口になるのだが、俺が、その前を通る時だけ、異常に、トラックの出入りが集中しているのがわかった。


その証拠に、通り過ぎた後は、出入りするトラックは、ほとんどいなかった。



そもそも、以前から、俺が近づくと、敷地の中にいるトラックが、急に動き出すという現象を何度も目撃しているので、カルト工作員のトラックが多数あっても、全然、不思議ではない。











帰り


いつもいる喫煙所の入口前にいるカルトの見張り女三姉妹は、いなかった。

ひょっとすると、最近、捜査関係者っぽい人たちが、いるような気がしたので、警戒したか?

しかし、玄関に行くと、あいさつをして、タイミングを図っていると思われる中年男女と社員がいて、俺が、セキュリティーゲートに向かうと、こっちをみてから、タイミングを合わせたように、あいさつを終了し、同じ行動をとった。


この2人が、カルト工作員で、玄関で、見張りについていた可能性もある。





また、外に出て、勝手口の門に向かうと、奥の自転車置き場の方から、ライトをつけた自転車おばさんが、俺が門を出るのに、合わせて、突っ込んでくるので、この自転車は、カルトおばさんではないかと思ったので、先にいかせた。

このカルト自転車おばさんは、暗闇の中、自転車置き場で待ち伏せをしていたのかもしれない。

あまりにも、タイミングが良過ぎる。

俺がそのまま門を出ると、後から、轢かれることになるようなタイミングだった。


たぶん、この自転車おばさんは、カルト工作員で、待伏せしていて、いやがらせをした可能性がある。







また、俺が歩道に出て交差点まで、あるいていると、丁度、隣の会社の前を通ると、これまたタイミングを合わせたように、俺の前に出て来るおばさんがいた。

このおばさんも、実は、タイミングを合わせて出て来たカルト工作員で、先導役だった可能性がある。

このおばさん、最初は、かなり、早足だったのに、俺が、遅くすると、ゆっくりになったり、間隔を保っているような行動をしていたからだ。

このおばさんの後を仕方なく歩いていると、途中、横から、チンピラ風の2人が出てきたり、手を上げる自転車の男が出てきたりして、先導役カルト工作員だった可能性が高い。







そして、スーパーOの駐車場の入口を通過する時に、警備員が2人いた。


そして、後ろから、自転車が、わざとらしく、俺の周囲を回るように、抜いて行った。

その様子を見ていると、丁度、警備員の前を、その自転車の男が通過すると、その男も、なぜか、手を上げて、警備員の片方に合図をするのだった。

それを受けて、警備員の片方も手を上げて、それに答えていた。



その様子から、自転車の男は、カルト工作員で、俺を尾行していたと思われる。



そして、今日のカルトのキャンペーンである手を上げるという行為をできる仲間のカルト警備員のところに、丁度、俺が来たタイミングを見計らって、そのアンカリング行為をやって、俺に、故意に見せたと思われる。


以前から、夜いるこの駐車場の警備員の片方は、カルトだと、以前のブログにも書いているので、昔のブログを読んでもらえば、わかると思う。

つまり、後から来た自転車男もこの警備員もカルト信者で、芝居をして、アンカリングとして、ターゲットに対して、いやがらせをしたと思われる。


さらに、今日のカルトの手を上げるキャンペーンにもなっていた。

















J駅では、壁際に立って、携帯をしている人間が異常に多かった。


もしかすると、カルトの監視員の大量動員だったのかもしれない。



そう言えば、M駅でも、変な男や、携帯アンカリングが多かった。







また、M線I駅で降りた後ねコンビニで買い物をして、また、駅方向に戻ろうとすると、駅前の公園の中から、自転車が飛び出してきて、ひかれそうになった。

よく、考えてみると、公園の中にいた時には、この自転車は、止まっていたような気がする。


つまり、公園の中で俺を待ち伏せしていて、俺が来たタイミングで、漕ぎ出して、ひこうしたと思われる。

よって、この俺をひこうとした自転車は、カルト工作員だった可能性が高い。



また、俺が、戻ろうと駅前を通過した後、俺がいつも歩く側の店先に、どう見てもわざと自転車を置いて、通行妨害している子連れおばさんがいた。

当然、店の入口の直前に自転車を止めるバカはいないので、故意にカルト工作員が妨害工作としてやった可能性が高い。






今日は、カルトの工作が多かった。


プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR