6/14 婦警、工作員大量

今日は、大量動員だった。

とにかく、洗脳されたカルト女たちの大量動員だった。

カルトというのは、この日本に実在する宗教団体のことだ。

フランスなど海外では、カルト団体といて指定されている。

つまり、極めて危険な反社会的な活動をする狂信的な宗教団体ということだ。









まず、朝

エレベータは、

俺の階にすでにあった。

そして、乗ると、8階に止まって、男を乗せた。





途中省略






i線T駅を出てから、陸橋のところで、

駅方法から、歩いてきたカルト女三人組が、丁度、俺の前で、手を上げ、大声で、じゃあーまたねぇーみたいな感じの言葉を言ってから、その中の1人が、スーパーO裏の駐車場のある奥の方へ入っていった。

ひょっとすると、この女は、企業Nに勤務か?

この女カルトたちは、あらかじめ、待ち伏せしていて、周辺にいる俺の尾行や地域カルトなどと、連絡しながら、連携して、タイミングを合わせて工作した可能性が高い。

この女たちは、カルト特有の「俺の前で」「手を上げる」「大声を出す」「複数人数」などの条件を全て満たしているので、極めて、カルト信者である可能性が高い。

















会社では、

たまたま、委託会社の午後3時の休憩時間に、中央階段を降りて地下に行く途中、一階の休憩場所の方を一瞬向いたら、

それは、それは、びっくりした。

業務委託業者のカルトの女たちが、休憩所のイスに座り、全員、階段の方を向いていたことだ。

そして、全員で、高笑いだ。

まあ、みんなで、並んでいるのを見た瞬間、やるだろうとは、思った。カルトだから。


誰が、どう見ても、異常な状態だった。


もちろん、カルト団体が組織を動員して、俺に対してやっているのは、確かだ。


カルトに洗脳された人は、このように統一した行動をとるのが特徴だ。


うそだと思うなら、社内に出入りできる人なら、午後3時から3時10分の間、一階の休憩場所に行ってみるといい

もし、いなければ、その時だけ、止めているだけだと思う。

これは、カルト団体がやっているので、周辺などにも、あちこちに、仲間の見張りがいる為に、警戒すれば、やらない可能性もある。

カルト女たちが、階段の方を向いて一列に並んで座っているから、その異常さを目の当たりにできると思う。

もちろん、俺が前を通れば、高笑いをやるに決まっている。

しかし、こういう狂ったやつらが、社内で、数にもの言わせ、他の人間には、わからないと思って、異常な行動をしているということは、もう、これは、警察に通報すべき、犯罪だと思う。

普通は、あちこちに、座ったり、向かい合ったりとランダムに座るはずである。

カルト女たちの統一的な行動は、相当、気持ち悪い。

大体、10人以上はいたと思う。











帰り



さらに、帰る時も、やられた。

帰ろうと、売店の前あたりを通ろうとした時のことだ。

なぜか、売店の前で、委託会社の出入り口に、向かって立っている数名の女がいたが、

なんか、不自然な感じがした。


そして、横を通ったら、やられた。

そう、中には、カルト女たちが、みんなで、こっちを見ていて、一斉に高笑いをした。

おいおい、ここでも、工作してきたってわけか?

完全に、俺が、ここを通るのを知っていて、待ち伏せしていて、実施したものと思われる。






また、門を俺が出ようとしたタイミングで、完全に、門の横で待ち伏せしていたベビーカーのカルト女が、俺を、まるで、ひくように横から出てきた。

これは、明らかに、カルトの工作だろうと思う。

なぜなら、丁度、俺の前に出た女が社内カルト女だったからだ。

完全に、やられた。






また、少し歩くと、立体交差点には、婦警が待ち伏せしていた。


もちろん、これもカルト系に間違いない。


それは、一連のカルト洗脳女の大量動員と連動しているからだ。

よく、動画をチェックすると、この婦警は、まず、交差点の角の壁にくっついていたことがわかった。

つまり、完全に、待ち伏せしていたことがわかる。

そして、俺がその前を通過しようとした時を狙って、自転車を急に、俺の前に出したことがわかった。
2013-6-14 立体交差点で待伏せして通行妨害をした婦警hh



もう、完全に、タイミングを合わせた通行妨害をしてきたということだ。

つまり、待ち伏せして、俺の通過に合わせ、通行妨害をわざとするということは、カルト信者以外では、理屈が通らない。
この女がカルト信者である方が、した行動と論理的に合う。

従って、この女は、カルト信者だと思われる。


相当若い、20歳台のカルト系婦警だ。

やはり、洗脳されているのだろうか?
平気で、一般人に、いやがらせをするのだから。
それが婦警だから、呆れる他はない。

これは、公権力の乱用だ、いや、もはや、犯罪だ。

やはり、カルト信者が公職につくのを禁止すべきだ。



一体、どうなっているんだこの国(日本)は?









途中、なぜか、俺の前には、駅まで、ずっと、社内カルトと思われる女が、歩いていた。

当然、この女は、カルトの先導尾行役である可能性は非常に高かった。

今まで、東側の歩道を歩いているのを、一度も見たことがないのに、今日に限って、東側の歩道を歩いていて、それが、丁度、俺の前だ。

あまりにも、不自然だった。


なにか、いやな予感がしたが、案の定、カルト女の餓鬼が、工作をしてきた。




それは、陸橋と区民センターの間を歩いている時、南から、歩道を歩いてきた女子高生に対して、別の女子が俺の後から走ってきて、俺の前で、下手な小芝居を打ったことだ。
2013-6-14 手を挙げて大声を出すカルト女二人の工作h

俺が、来るのを見計らっていて、手を上げて、大声で、挨拶をして、わかれた。

2人とも、女子高生くらいの年齢だ。

連絡を取り合って、タイミングを合わせて、やったのは、間違いない。

俺の後ろから走ってきて抜いて、俺を確認してから、小芝居をした左側のカルト女
2013-6-14 途中、後ろから走ってきて、俺の前で、小芝居をしたカルト女h


今日は、こういう工作が多い。

カルト特有の「ぴったりのタイミングで」「俺の前で」「手を上げる」「大声を出す」「複数のカルト女」だ。








区民センターの公園の入口に来ると、携帯で、話しをしている男がいた。


まあ、俺の、通過を報告していたんだろう!



そして、公園の中を通ってエレベータの横道に行くと、今まで見たことがないほど、男子高校生がいっぱいいた。

おそらく、カルト団体が動員したのだろう!

エレベータの横にも、ただ立っているという不自然な男子高校生二人が、たむろしていた。

もちろん、こっちを見ていたので、カルトだろう!











M線i駅に着いて、女が異様に、俺の前にいたので、少し、ベンチで、休んでから、出た。



すると、お弁当屋さんの前を通過したら、ぴったりと、俺の前に出てきたカルト女がいた。

どうしても、俺をハメたいらしい。

そして、見ると、セブンイレブンの入口左端には、かなりの大男が2人いた。

この男2人は、カルトの見張りだったのか?

俺は、嫌な予感がして、買い物は、パスして、一旦、マンションに戻った。

案の定、セブンイレブンの中を見たら、異常な混み具合になっていたからだ。

内部は、工作で、大量動員されているようだった。




それで、一旦、部屋にもどった。



そして、しばらく、してから、買い物に行ってみた。

すると、案の定、工作だらけだった。


レジでは、わざと、時間がかかることをやっていた。


例えば、在庫のないたばこをわざと頼んだり、

時間がかかる何かの手続きをしていたり、

何かを申し込んでいたり、


やってくれるよ!

レジには、普通にものを買う人がいないという異常な光景だ。

男子高校生風の男を見てると、カルト系の客とグルで、半ば、半笑い状態で、応対していた。

わかって、やっていた感じだ。


それに、なぜか外人が10人近くいた。


これも、カルトの動員の可能性もあると思う。

カルトは、結構、外人を動員することがあるからだ。

以前、電車でもやられた。

俺がいる座席の近くに、やたら、外人がたくさん乗ってきたことがある。

その、ガイドをしている風の日本人がいて、この男がカルトで、そういう工作をしていた可能性があった。


例えば、こうだ、この車両に乗ると、降りる時に、便利なので、ここから、乗って下さい。
と言えば、当然、事情を知らない外人は、言われるまま、俺のまわりに乗ってくるというわけだ。


なんでも、できるカルト団体のことだ。

こんなことは、おそらく、朝飯前だろうと思う。

よって、このカルト団体なら、外人でも、十分動員する可能性があるのだ。







そして、長時間レジ待ちをして、やっと、清算して、マンションに戻った。

そして、エレベータに乗って、降りて、部屋に、行こうとすると、なんと、カルト女が、俺の部屋の前で、待ち伏せしていたのだ。


ついに、部屋の前まで、待ち伏せするようになったのか?


公安調査庁殿


公安部殿



ついに、有り得ない状態まで、カルト組織から、工作されるようになってしまった。

被害がないのではなく、すでに何万人が、自殺に追い込まれているか、わからないのだ。


どうか、これ以上被害を出さない為にも、どうか、捜査をお願いしたい。



プロフィール

Justicewins

Author:Justicewins
このブログは、リンクフリーです。
職場で、私の女友人に親し気に間接的に近づいてきた女が、実は宗教の勧誘者だとわかったので、一切の接触を断つことにしたが、そうわかる前に、しつこく聞かれたので不用意に電話番号やメールアドレスを教えてしまったので、一切の連絡方法を遮断するしかなかった。それで逆恨みされ集団ストーカーのターゲットにされてしまったようだ。私は、もともと宗教全てが、大嫌いなのだ。
慣習としての宗教は、認めるが、勧誘するような宗教は、罪悪以外の何物でもないと思っている。
みなさんにとっても、他人事ではすまない。
皆さんにも、いつ、友人を通して間接的に勧誘者が近づいてくるかわからないからだ。
私は、特定の宗教・政治団体には、所属していません。普通の一般市民です。過去にも、所属していたことはありません。犯罪歴もありません。集団ストーカーの被害歴は、現在、6年。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR